A Young Person’s Guide to the (Un)known Sound

タワレコのアヴァンギャルドコーナーの成り立ち ―New ageとは?―

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.10.27

はじめまして! 本日よりMikikiにてブログを書かせて頂く事となりました池田と申します。

僕はタワーレコード新宿店でNew ageというコーナーのバイヤーを長年務めておりますが、「そもそもどんなコーナー?」って方も多くいらっしゃると思いますので、自己紹介がてら、コーナーの成り立ちなどお話しようと思います。

 

タワレコのNew ageコーナーの始まりは1995年3月に、今の場所に新オープンした渋谷店にアヴァンギャルド・コーナーが大々的に登場した事です(「STUDIO VOICE」の1995年4月号に渋谷店にアヴァンギャルド・コーナーが出来る事を著名人が対談形式で紹介した記事が載っていました)。

当時はマニュアル・オブ・エラーズロス・アプソンクララクラブ・スカルといったアヴァンギャルド~モンド・ミュージック専門店が非常に注目を集めており、様々なジャンルより逸脱した音楽をジャンル関係無く聴く行為を始めるリスナーが増えてきた時代でした。

新宿店がオープンしたのは1998年ですが、新宿店でもNew ageというコーナーの中にアヴァン・ポップ/アヴァンギャルド/モンド/現代音楽などを紹介するコーナーがスタートしました。

実際どういった音楽を置いている(いた)かと言うと、

■90年代後半~ジム・オルークトータスらのシカゴ音響派

【参考動画】トータス“Swung From The Gutters”のパフォーマンス

 

 

パスカル・コムラードクリンペライに代表されるフランスのトイポップ

【参考動画】パスカル・コムラード“Russian Roulette”のパフォーマンス

 

 

池田亮司megoraster-notonなどのポスト・テクノテクノイズ

【参考動画】池田亮司〈The Transfinite 〉

 

 

■ドイツのKaraoke Kalkmorrなどのエレクトロニカ

【参考音源】カラオケ・カークからリリースされたヴンダーの98年作『Wunder』
収録曲“Look Out For Yourself”

 

 

デレク・ベイリージョン・ゾーンなどのフリー・インプロヴィゼーションアヴァンジャズ
etc.

【参考動画】デレク・ベイリー、2001年のパフォーマンス

 

 

上記はごく一部ですが、ロック、ジャズ、クラブなどの従来の範疇からはみ出した活動を行うこういったアーティスト達の作品を集めてコーナー展開していました。

当時こういった音楽がインターネットの個人持ちが当たり前になる少し前、評論家やディストリビューターによって日本に徐々に紹介される様になりました。そして、タワレコのNew ageコーナーもそういった情報の受け皿/発信地となっていった訳です。

また、新宿店では上記のルーツともいえる、現代音楽、電子音楽、ノイズ、モンド・ミュージック、アンビエントジャーマン・エクスペリメンタル etc.も併置する事で、立体的に俯瞰して、現在のジャンルからはみ出した音楽の成り立ちをそのルーツと共に音で聴いて楽しむ。という配置にしています。

 

 

さて、New ageというジャンルはそもそもはヨーロッパ、アメリカ発祥のヒッピー文化~自然回帰思想から生まれた瞑想、ヒーリング的な音楽を指しているのですが(もちろんこういった作品も取り扱っております)、タワレコ独自の文化で、New ageという文字通り新しい音楽をジャンルレスで幅広く紹介する場所の名前としても使用しています。

ちなみに、チルウェイヴグローファイOneohtrix Point NeverUltrademonSea punk等の登場以降、能動的に逃避を選択する時代の気分や、ネットによる情報の均一化等も影響したアトモスフェリックな音像に対する形容詞として、「ニューエイジ」という言葉がメディアによって使用され始め、現在はその意味でも定着しています。

 

コーナーはこういった成り立ちで出来ており、現在も洋/邦やジャンル関わりなく、様々な音楽をセレクトしてコーナー展開しています。

では今回はいくつか、上記で言うところのルーツが分かりやすくコンパイルされている盤と書籍をご紹介致します。

■VARIOUS ARTISTS 『I Am the Center: Private Issue New Age Music in America 1950-1990』

VARIOUS ARTISTS I Am the Center: Private Issue New Age Music in America 1950-1990 Light In The Attic(2013)

タイトルやジャケから所謂ニューエイジ思想がぷんぷん漂います。スピリチュアル~メディテイティヴ~チャクラ~自然崇拝~ヒッピー思想~トリップといった思想、実践と結びついた瞑想的音楽。ブライアン・イーノのアンビエントの前夜、アメリカではこんな音が鳴り響いていた!!

先ほど触れたタワレコ用語のNew ageでは無く、リアルなNew ageミュージックのウルトラコアな部分をコンパイルした2枚組!

 

■VARIOUS ARTISTS 『青少年のためのアヴァンギャルド入門』

VARIOUS ARTISTS 青少年のためのアヴァンギャルド入門 LTM/ディスクユニオン(2013)

ブリテンが管弦楽を、寺山修司が自殺学をこのフォーマットで作品に昇華した「青少年のための○○入門」ですが、このコンピではタイトル通りアヴァンギャルド入門として、有名な作品をギュッとコンパイルしてあります(実はこのブログのタイトルもこのフォーマットの英訳を使用しております)。

・ギネスで世界一長い曲とされるエリック・サティの「ヴェクサシオン」
(楽譜に840回繰り返す様に指示がされている)
ノイズの始祖と言われるルイジ・ルッソロの騒音楽器イントナルモーリ、トリビアにも取り上げられたケージの無音の楽曲〈4分33秒〉
(ちなみにこの無音の楽曲にはヤン富田フランク・ザッパサーストン・ムーアなどのカヴァーが存在する!)

といった、現在の最先鋭の音楽のルーツとなる実験や試みがたっぷり詰まった2枚組! こちらのCDは解説を僕が書いておりますのでよろしければ合わせて読んでみて下さい。

 

■「アヴァン・ミュージック・ガイド」 

VARIOUS ARTISTS アヴァン・ミュージック・ガイド 作品社(1999)

 他のジャンルと違ってまとまった紹介本や定期刊行物が中々存在しないアヴァンな世界に踏み入れる為のガイド本として最上の1冊! マジでこれ読んで聴くを実践すると今まで体験してきた音楽の世界がガラっと変わりますよ!

 

ここまで読んで頂いて、「なんのこっちゃ??」の方もいらっしゃれば、「うーん、気になる!」って方もいらっしゃると思いますので、まずは、ぜひぜひご来店下さいませ(笑)。

 

 

新宿店10Fの奥にございます、河野愛さん(当フロアとしてはSerphのジャケットイラストでお馴染みのイラストレーターさん)が新宿店に書き下ろして下さった新宿と音楽がモチーフのこちらの素敵なリーフが目印です。

 

 
【プロフィール】
池田 敏弘

池田 敏弘

タワレコ新宿店勤務のバイヤー。New ageコーナーにてElectronica/Avant-garde/現代音楽等のバイイング。コンピレーションCD選曲・監修(Electronica/Post-Classicalなど)やライナーノーツ書き等も時々行なってます。ここではバイヤー日誌的な事や日々出会う面白い作品について、ライヴレポートなど書いていきたいなと考えています。