SERIES

トマド、トーフ、オカダダ、ワイパ出演のトーク・イヴェント決定! Maltineの10年間辿る〈Lost Decade Education〉開催―tomad短期集中連載(第1回)

【連載:Random Access ONLINE ~ネット音楽ってなに?~】特別編

2014年12月12日(金)は
表参道に集まれ!

細々と……いや大々的にやっております、Mikikiネット音楽部による連載〈Random Access ONLINE ~ネット音楽ってなに?~〉ですが、ついにオフラインでの活動をスタートすることになりました! 12月12日に開催が決定したこの課外活動・第1弾は、本連載にもご登場いただいたtomad氏率いるMaltine Recordsをフィーチャーしてのトーク・イヴェント〈Lost Decade Education -マルチネ10年間の検証、そして未来へ-〉!

来年、創設10周年を迎えるMaltineの〈プレ10周年記念企画〉として、オーナーのtomad氏を筆頭に、tofubeats氏、okadada氏、DJ WILDPARTY氏という縁のアーティスト……4人合わせて〈Lost Decade〉をお迎えし、このレーベルの10年の軌跡をリリース作品と共に振り返ろうという企画でございます。国内外のおもしろいアーティストをコツコツと発掘するなか、tofubeatsらいまや日本の音楽シーンの第一線で活躍する面々の作品を早くから発表。さらにネット・レーベルの枠を超え、フィジカルでのコンピ作品や東京女子流とのコラボなどをリリースしてきたMaltineが、どのように発展を遂げてきたかをこの4人に和気あいあいと語ってもらおうと思っています。さらに来場者限定で、okadada氏による渾身のMaltine楽曲ミックス音源もゲットできる特典付き! なお、12月12日は深夜に今回ご出演いただく4人によるDJイヴェント〈Lost Decade 6〉が代官山UNITで開催されるので、Maltineトーク会終了後はそちらへ流れる……というフライデー・ナイトをオススメします。みんな来て来て!

ということで、今回から本イヴェントの予習という意味も込めたtomad氏による短期集中連載をスタートします。当日トピックスに挙がるであろう、Maltineのこれまでの重要作を紹介してくれますので、あらかじめ聴いたうえで会場に足を運んでもらえると、よりこのイヴェントを楽しめると思いますよ~! *Mikikiネット音楽部

 

 

Maltine Records×Mikiki Presents
〈Lost Decade Education -マルチネ10年間の検証、そして未来へ-〉

日時:12月12日(金)18:30開場、19:00開演
会場:表参道・LAPIN ET HALOT  B1F LIVE SPACE HALOT
出演:tomad/tofubeats/okadada/DJ WILDPARTY
チケット:2,000円(lostdecade-education.peatix.com
来場者特典:okadadaによるMaltine楽曲のミックス音源をダウンロードできる秘密のコードをプレゼント!
お問い合わせ:Mikiki編集部  mikiki@tower.co.jp

 


 

〈Lost Decade Education -マルチネ10年間の検証、そして未来へ-〉開催のご挨拶
――Maltine Records主宰 tomad

 もう10年、マジかッ!

 初期衝動を詰め込んで走り出した高校時代を経て、ネットでの出会いとリアルでの別れの狭間で、今日もTwitterで戯れ言を呟いたりしながら、まだ未完成のファイルをSkypeで受け渡し、Facebookで〈いいね!〉を付けたり付けなかったりしてたら、もうこんなにも月日が流れて、2014年冬。

 ふと振り返ると、総リリース数は130タイトル以上、どうしてこんなに出しちゃったのか! J-PopからJ-Rapに始まり、テクノ、ハウス、ダブステップ、正統派アイドルからスカムノイズ、東南アジアのシティー・ポップ・バンドまで、無数のMP3たちがハード・ディスクを食い尽くした歴史。

 君は知ってるかい、tofubeatsがdj newtownだということを!? この10年を〈失われた10年〉にしないためにも、もう二度と同じ過ちを繰り返さないためにも、この道に新しく入る君には〈教育〉が必要だ!ということで、今回の本題である〈Lost Decade Education〉がMikikiさんの全力サポートのもと、開催に至るわけです。

 といってもそんな堅いものではなくて、tomad、tofubeats、okadada、DJ WILDPARTYという〈Lost Decade〉なメンツが過去の音源とさまざまな思い出を振り返りながら、わいわい好き放題トークをする和やかなイヴェントになる予定ですよ。

 古参から新参まで、マルチネについてもっと知りたいというみんなの来場を待ってま~す!

 

【tomadが振り返る、Maltine重要作品 Part.1】

■VARIOUS ARTISTS『No shit No life』(2006)
http://maltinerecords.cs8.biz/6.html

 

 

マルチネ性を初めて体現したと言っても過言ではないコンピレーション。Gassyohさんの珍しいブレイクコアや、Miiiの変名であるdust.c、tomadの変名である……などのハードな音にまぎれて、imoutoidの変名・FamicomUchujin楽曲もこっそり入っている。

 

■imoutoid『ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY』(2007)
http://maltinerecords.cs8.biz/14.html

 

 

いまでも聴くと半端ない。初めて聴いた時は耳であまり理解できてなかった。全曲ダ・カーポ関連楽曲のサンプリングだが、それを感じさせないオリジナリティーと強度の高さ。確実にその後のマルチネの方向性を決定付けた一枚。アートワークは自分が着ていたパジャマを加工したものらしい。

 

■dj newtown『Flying between stars(*she is a girl)』(2008)
http://maltinerecords.cs8.biz/24.html

 

 

tofubeatsの変名であるdj newtownの処女作。HIPHOPを通過した、いい意味でザックリとしたカットアップ4つ打ちサウンドはいまでも斬新。3曲目の“flying between stars(seikan-hiko)”は「クロスF」ネタで懐かしい気持ちになる。これ以降、カットアップ・エディットみたいなのがちょっとした流行に。

【参考音源】dj newtown“Flying Between Stars(2010mix)

 

募集