EVENT & LIVE REPORT

トリはNegicco&最後に全員で“ロマンスの神様”を歌唱! アームレスリング大会も大盛り上がりの〈Tパレ感謝祭 2014〉レポ

2014年12月13日〈TOWER RECORDS presents T-Palette Records感謝祭2014〉 @品川プリンス ステラボール

トリはNegicco&最後に全員で“ロマンスの神様”を歌唱! アームレスリング大会も大盛り上がりの〈Tパレ感謝祭 2014〉レポ

タワーレコードのアイドル専門レーベル、T-Palette Recordsの所属アーティストが一堂に会する〈T-Palette感謝祭〉。3回目を迎える今年は、大阪と東京の2都市での開催となった。ここでは、10月の大阪公演に続き、12月13日に品川ステラボールにて行われた東京公演の模様をレポートする。

 

まずステージに現れたのは、プロインタビュアーの吉田豪氏&タワーレコード代表取締役社長・嶺脇育夫という、〈Tパレ祭〉ではお馴染みの進行役2人。今回、初の試みとして行われる〈Tパレ王座決定戦~アームレスリング対決~〉の話題では、「アプガしかいないんじゃないですかね(吉田)」、「バニビのレナちゃん。意外と鍛えてますから(嶺脇)」とそれぞれの優勝予想を披露していた。

 

 
 

 

今回の〈Tパレ感謝祭〉のトップを飾ったのは、今年から全員が高校生となった3人組のキャラメル☆リボン。冒頭から大きな身ぶり手ぶりを使った元気いっぱいのダンスとキラキラした歌声を披露し、“恋のmusic”“虹色”といった楽曲ではグッと大人っぽくなった一面ものぞかせる。最新シングル“ファーストシークレット”やラストの“七色の虹の向こうに”でも堂々としたパフォーマンスを披露。MCでは巧みなトークで会場のファンを巻き込み、次のシングルのリリースをおねだりしつつステージを去っていった。

 

 
 

 

続いて登場したのは、〈コップのフチ子〉とのコラボなど今年も話題が絶えなかったバニラビーンズ。来週12月18日(木)に恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴを控える2人は、可愛らしさと独特のエレガントな佇まいで会場を魅了する。“プリーズミー・ダーリン”の曲中では、レナによる「Tパレは好きですかー!?」という問いかけに、会場中のファンが大歓声で応える場面も。Winkの未発表曲である最新シングル“有頂天ガール”で締めくくられたパフォーマンスの後には、レナがアームレスリング大会の商品をしきりに気にし、リサの口からは来年のアルバム・リリース計画が語られ喝采を呼んでいた。

 

 
 
 

 

「よろしくお願いします!」という立花風香の挨拶でライヴをスタートさせたしず風&絆〜KIZUNA〜は、キレのある溌剌としたステージングで1曲目“ワンダーパレード”から一気に会場を湧かす。「大阪でのライヴから1か月半、またこうしてTパレの仲間と集まれて嬉しいです!」と語ったMCに続き、 “交-majiwari-”など激しいロック・チューンを立て続けに披露。ラストの“PINKのロケット☆彡”ではステージ袖にいた嶺脇社長をステージに引っ張り出し、組体操の要領で持ち上げてしまう場面も!

 

 
 
 

 

続いて行われたのは、日本アームレスリング連盟から審判を招き、アップアップガールズ(仮)古川小夏がゴング・ガールを務めた〈Tパレ王座決定戦~アームレスリング対決~〉の予選。優勝賞品が叙々苑の商品券であることが告げられると、ステージ上の出場メンバーは大興奮! 各グループから2名ずつ参加するルールとなっており、事前の抽選によるトーナメント表の順番で試合開始。第1試合のキャラリボ・上野天音vs. ワンリルキス藤村鼓乃美は、膠着と仕切り直しを経た末に藤村の勝利に終わる。さらに、アプガ・森咲樹lyrical schoolayakaに勝利、嶺脇社長から優勝候補に挙げられたバニビ・レナが絆〜KIZUNA〜立花美空に敗退するなど、真剣勝負ならではの予想を覆す展開の連続に見入るメンバーとファンたち。そして最大の波乱は、優勝候補筆頭に挙げられていたアプガ・佐保明梨NegiccoNao☆に敗れた一戦! ざわめきが残るなか試合後のコメントを求められた佐保は、涙ぐみながら「絶対に来年の感謝祭で雪辱します」と宣言していた。

 

 

 
 

 

ここで腕相撲大会はいったん中断となり、LinQ姫崎愛未のソロ・プロジェクトであるamihimeのステージに移る。前回の〈Tパレ感謝祭 2013〉でTパレ初のソロ・アイドルとして活動することを発表した彼女は、今年が〈Tパレ祭〉初参加。“メランコリック”“シンジルツヨサ” など人気ボカロPたちが手掛けた楽曲、そしてチャーミングなダンスと透明感のある歌声で会場を独特の世界観に染め上げ、MCでは来年のamihimeとしてのCDリリースに強い意欲を見せていた。

 

 
 
 

 

続いて登場したのは、こちらも今年が〈Tパレ祭〉初登場となるプラニメ。元BiSカミヤサキと〈いずこねこ茉里〉ことミズタマリにより結成され、今年9月にデビューを飾ったばかりのプラニメは、デビュー曲の“Plastic 2 Mercy”から気迫溢れるパフォーマンスを見せつける。次々と繰り出される力強い歌声とピッタリ息の合ったダンスに、オーディエンスは拳を突き上げて大盛り上がり! 最後には、来年1月10日(土)に開催する代官山UNITでのワンマン・ライヴにちなんで名づけられたという、同月6日リリースのニュー・シングル“UNIT”を初披露した。

 

 
 

 

声優としても活躍する4人から成るワンリルキスは、コミカルで可愛らしい動きと表情豊かな歌声でファンを魅了。明るい曲が並ぶセットリストと溌剌としたキャラクターによって、会場をハッピーな空気で満たしていく。ラストは最新シングル“ワンリルキス”と、そのカップリング“まる・さんかく・しかく”を立て続けに披露。MCでは、12月24日(水)に行われるリーディング・ライヴも告知。メンバーの独特なテンションに若干タジタジとなっていた嶺脇社長も「本当にいい曲ばかりですよね」と絶賛していた。

 

ここでTパレからのお知らせコーナーに。「来年も皆さんに楽しんでもらえるように、今日から新しくT-Paletteに参加してもらうグループをここで紹介したいと思います!」という嶺脇社長の発表に盛り上がる会場。「本人たちもこのことをまだ知りません。ご紹介します。今日からTパレに参加してもらうグループは……アイドルネッサンスのみなさんです!」。2階席に突然スポットライトが当てられると、見学に来ていたアイドルルネッサンスのメンバーの驚きを隠せない姿が。ステージに呼び寄せられても未だ状況がつかめていないメンバーたち。ここで、嶺脇より〈これからは全国のCDショップでCDが販売できること〉、〈これからはインストアイベントも沢山開催できる事〉が告げられると、現在手売りでのCD販売しかしていないメンバーはようやく状況を理解し泣きはじめるメンバーや、腰から砕け落ちるメンバーも。さらに嶺脇より「せっかくだから1曲披露していただきましょう」と告げられ、飛び跳ねて喜びを表現する7人。密かに用意されていたステージ衣装に着替えるため、メンバーはいったん別室へと向かった。

 

 
 
 

 

そして、いよいよ〈Tパレ王座決定戦~アームレスリング対決~〉の決勝がスタート。1回戦でアプガの佐保を破った伏兵・Nao☆は、プラニメのミズタマリ、シードで登場したamihime、立花美空を次々と下す。試合毎に会場から大歓声があがるなか、アプガ・森も順調に勝ち進み、決勝では親交の深いこの2人が相まみえることに。それぞれのグループで円陣を組んでから送り出され、会場中が固唾を飲んで見守るなか行われた頂上決戦は、熱戦の末に森が勝利! 敗れたNao☆が「大好きな森ティーが勝ってよかったと思います。森ティー大好き!」と叫ぶと、クイーンの“We Are The Champion”が流れるなかマイクを握った森は、「今日このためにここまで生きてきたと思いました! 大好きなNao☆ちゃんと戦ったから、ここまで力が出せたと思います」と感極まる。ステージ、客席とも異様な熱気に包まれる結果となった。

 

 
 
 

 

その余韻が残るなかステージに登場したのは、白い衣装に着替えたアイドルネッサンス。彼女たちは、創立40周年を迎えたソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)が初めて手掛けるグループで、今年5月に結成されたばかり。橋本佳奈宮本茉凜百岡古宵石野理子南端まいな比嘉奈菜子新井乃亜という平均年齢14才の7人で構成されており、〈名曲ルネッサンス〉をテーマに精力的な活動を展開中だ。新井は「こんなに素敵な先輩方がいるT-Paletteに参加することができて、本当に嬉しいです」と喜びを表現していた。そして、嶺脇社長がライヴで観て衝撃を受けたというBase Ball Bearのカヴァーであるデビュー・シングル“17才”を披露、新人らしいフレッシュ感に溢れながらも驚くほど完成度の高いパフォーマンスで会場の目と耳を釘付けにしていた。

 

 
 
 
 

 

「ラップをするのは楽しいです!」。人気曲“FRESH!!!”の冒頭のayakaのセリフでパフォーマンスをスタートさせたlyrical schoolは、“プチャヘンザ!”“そりゃ夏だ!”とtofubeats製のパーティー・チューンを立て続けに投下。コール&レスポンスで会場中のファンが腕を突き上げる様子は壮観! 各地の夏フェス出演など今年の思い出を振り返るMCに続いて披露された最新シングル“PRIDE”でも、キュートな声で力強いラップを聴かせるリリスク。恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴが来年にDVD化されることを発表した彼女たちは、会場を熱気と興奮で包んだままステージを後にした。

 

 
 

 

お馴染みのオーバーチュアと共に7色のサイリウムで染まった会場内に登場したアップアップガールズ(仮)は、最新シングルであるトリプルA面盤からの“Beautiful Dreamer”で全力パフォーマンスをスタート! 今年はオリコンの週間シングル・ランキングで7位をマークし、自身初となるオリコン10位内という当面の目標を達成した彼女たち。しかし、ホームとも言える〈Tパレ祭〉でもMCで貪欲な自己アピールを行うなど、そのギラギラ感はまったく失われておらず、次なる目標として〈2015年中の日本武道館での単独ライヴ開催〉をブチ挙げていた。

 

 

 
 
 
 

 

そして、今年の〈Tパレ感謝祭〉のトリを飾ったのは、最新シングル“光のシュプール”がオリコンの週間シングル・ランキングで5位を獲得したばかりのNegicco! グループ結成12年目にして初めてオリコンのトップ10位入りを果たした3人のパフォーマンスに、白と緑の〈ネギライト〉と大歓声で応えるファン。すっかり恒例となっている“圧倒的なスタイル”のラインダンスのゲストとしてアプガの7人全員が登場すると、会場の盛り上がりも最高潮に! Negiccoはラストに満を持して“光のシュプール”を披露し、堂々とステージを締めくくった。3人が作詞にもチャレンジしたという、来年1月20日リリースのニュー・アルバム『Rice&Snow』への期待は増すばかり!

 

 

そして、サイン入りグッズのプレゼント抽選会に続き、出演グループの全メンバーが横一列に並んで披露したのは……広瀬香美による冬の名曲“ロマンスの神様”! 個性溢れる歌声のマイク・リレーで客席は沸きに沸き、会場を笑顔で満たし続けた〈T-Palette感謝祭2014〉は幕を閉じた。

 

 

〈TOWER RECORDS presents T-Palette Records感謝祭2014〉 @品川・ステラボール 2014.12.13 セットリスト

 

【キャラメル☆リボン】
1. なにわくしんぼう横丁
2. スタートリボン
3. 恋のmusic
4. 虹色
5. ファーストシークレット
6. 七色の虹の向こうに

【バニラビーンズ】
1. キッスは目にして ぽお!
2. ワタシ…不幸グセ
3. 東京は夜の七時
4. プリーズミーダーリン
5. 有頂天ガール

【しず風&絆〜KIZUNA〜】
1. WONDER PARADE
2. トキメイクライフ
3. 交-majiwari-
4. チェッカーフラッグをとめろ
5. PINKのロケット☆彡

【amihime】
1. アイイロNEWWORLD
2. EMBRACE
3. メランコリック
4. 虹色ボーダーライン
5. シンジルツヨサ

【プラニメ】
1. Plastic 2 Mercy
2. 盗られそう
3. who am i?
4. letter
5. UNIT

【ワンリルキス】
1. ダンシングセブンティーン
2. realize!!
3. DROP!
4. 忘れられないよ
5. ワンリルキス
6. まる・さんかく・しかく

【アイドルネッサンス】
1. 17才

【lyrical school】
1. FRESH!!!
2. プチャヘンザ!
3. そりゃ夏だ!
4. brand new day
5. photograph
6. PRIDE

【アップアップガールズ(仮)】
1. Beautiful Dreamer
2. 全力!Pump Up!!-ULTRA Mix-
3. リスペクトーキョー
4. チョッパー☆チョッパー

【Negicco】
1. ときめきのヘッドライナー
2. トリプル!WONDERLAND
3. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
4. 1000%の片想い
5. 圧倒的なスタイル
6. さよならMusic
7. 光のシュプール

pagetop