SERIES

小倉智昭氏ら登場の〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉プレ・イヴェント〈パット・メセニー祭り〉の模様をレポ! ジェフ・ベック参加決定のサプライズ発表も

ついに日本に上陸する〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉参加アーティストをMikikしよう:第2回

小倉智昭氏ら登場の〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉プレ・イヴェント〈パット・メセニー祭り〉の模様をレポ! ジェフ・ベック参加決定のサプライズ発表も

〈朝の顔〉として知られる人気キャスターが、こよなく愛する天才ギタリストを大いに語る! 神奈川・横浜赤レンガ野外特設ステージにて9月27日(日)に開催される〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉のプレ・イヴェント第1弾として、スペシャル・ゲストに小倉智昭さんを迎え、同フェスに出演するパット・メセニーを掘り下げるトーク&DJショウ、その名も〈パット・メセニー祭り〉が神田淡路町のCafe104.5で昨日7月22日の夜に開催された。

 

 

 

小倉さんといえば、4万枚ものCD/DVDを所有されている音楽ファンとしても有名なだけに、この日もMCの板井麻衣子さんによる呼び込みで登壇するなり舌好調。出会いは高校時代、当時ロックに熱心だった小倉さんにジャズの魅力を教えてくれた同級生が、「ウェス・モンゴメリージム・ホールよりすごい若手ギタリストがいる」とパットを紹介してくれたのがきっかけ。初のライヴ体験は79年に中野サンプラザで開催された〈ECMスーパー・ギター・フェスティバル〉で、アルバムの複雑なサウンドに多重録音を駆使しているのだろうと思っていた小倉さんは、目前で繰り広げられた鮮やかなギター・プレイに心底驚いたのだとか。その頃からの長い付き合いだと考えれば、パットへの情熱も筋金入りなのがわかるだろう。

 

 

 

小倉さんはパットの才能を「ギターのテクニックはもちろん、コンポーザー、音作りの天才だと思う」と表現。若くしてバークリー音楽大学で講師を務めた早熟ぶりから、圧倒的なグラミー受賞回数、彼が近年取り組む自動演奏装置〈オーケストリオン〉まで、その稀有なキャリアをわかりやすく紹介したあとは、私物のCDを手に独自の切り口でパットの魅力に迫る。DJを務めたパット・メセニーの情報サイト〈Patweek〉を運営する久保智之さんが最初にかけたビートルズのカヴァー“And I Love Her”(2011年作『What’s It All About』収録)を「アコースティックでこういう曲を弾いたら普通は開放弦を使うものだけど、パットは必ず弦を押さえている。親指を使ったベース音の使い方も見事で、人間業とは思えない速弾きもできる一方、こういうキチっとした演奏もできるのが魅力」、代表曲の“Last Train Home”は「音源ではエレクトリック・シタールを弾いてるけど、ライヴではアコースティック・ギターで曲の雰囲気を表現するんですよ」といったふうに、プレイ・スタイルからピックの持ち方に至るまで、音楽評論家も顔負けの分析と〈とくダネ!〉を披露しながら聴きどころを語ってくれた。

 

 

そんな具合でトークも盛り上がるなか、「〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉にジェフ・ベックが出演決定、パット・メセニーとの初共演も実現するかも!?」という大ニュースがステージに届く。「お互い音にこだわるギタリストなので、どう噛み合うのか想像するだけでも楽しみ」と小倉さんも興奮ぎみで、嬉しい知らせに会場は大いに沸いた。「変拍子をそう思わせないほど自然に聴かせるのがパットの凄さ」と語る小倉さんは、「本領発揮のソロ・プレイと、終わったあとの拍手も聴きどころ」と紹介も交えながら、最後に93年のライヴ盤『The Road To You (Recorded Live In Europe)』より“Letter From Home”と“Third Wind”を続けてプレイ。完璧なユニゾンを聴かせる熱演に会場中が聴き入り、曲が鳴りやむとリアルな拍手も巻き起こった。日本中のお茶の間を賑わすだけあり、ビギナーにも親切丁寧な小倉さんの解説ぶりは実にお見事。まるでパットが弾くギターのように流麗な語り口で、濃密な40分弱はあっという間に感じられた。

 

さらに、イヴェント終了後に楽屋で小倉さんとインタヴューする機会に恵まれたので、ジャズへの思いや〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉について話を伺った。

 

 

――先ほどのトーク最高でした! 出演されてみて、いかがでしたか?

「お客さんが集中して聴いてくださって、最後のライヴ・ヴァージョンが終わったときに拍手してくれたのは嬉しかったよね」

――トークの構成も本当にわかりやすかったです。改めてシンプルに、パット・メセニーの魅力を語っていただけませんか。

「純粋に彼の音楽そのものが好きな人、彼のテクニックが好きな人などあると思いますが、自分でギターを弾く人にとっては神様としか思えない。ライヴに行っても、正直ガッカリするときってあるじゃないですか。でも、パット・メセニーに関しては絶対にハズレはないと思いますよ」

――先ほどのサプライズ発表にも驚きましたよね。ジェフ・ベックがジャズのフェスに出演するというのもインパクトありますが。

「実は僕、ジェフ・ベックから手紙をもらったことがあるんですよ」

――え、マジですか!?

「彼のライヴが終わったあとに楽屋へ遊びに行ったんですけど。そのとき、僕は(当時)出始めたばかりのミラーレスのカメラを持っていたんです。それを見たジェフ・ベックが〈それは新しいカメラか?〉と尋ねてきて。詳しく訊いてみたら、彼の使っていたカメラが壊れたばかりだったんですって。〈じゃあ、明日持ってきてあげるよ!〉と彼に伝えて、次の日にお店で買ってカメラをプレゼントしたんですよ。すっごい喜んでくれて」

――小倉さん、メチャクチャいい人ですね!

「そのカメラも使って、お礼の手紙を送ってくれたんですよね。それから2年後に会ったときも覚えてくれてたので、よっぽど嬉しかったんでしょう。今回またジェフ・ベックが来るとなると、新しいレンズか何か買っていかないとまずいかな(笑)」

――小倉さんのなかで、印象に残っているジャズのライヴを教えてください。

「BLUE NOTE TOKYOで聴く松居慶子さんのピアノが物凄く好きですね。日本人でジャズを頑張っている人を観ると、いいなって思います。実は僕、いま新人の女の子をプロデュースしていて。来年の年明けにデビューすることになっているので、その際はよろしくお願いします(笑)」

――〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉はいろんな世代が楽しめそうなラインナップが揃いつつあります。若いリスナーにもジャズの魅力が伝わり、年配の方が音楽フェスを愉しむ機会になったら素敵だと思います。小倉さんも行かれるそうで、とにかく楽しみですよね。

「ビールでも呑みながら音楽を聴くのが、野外フェスの醍醐味ですよね。海風に当たりながら、昼間から夜までいろんな音楽が聴けるわけです。〈ジャズとはなんぞや?〉って方も、恋人や友達を連れて、とにかく行ってみるといいと思いますね。〈横浜のほうで、野外でジャズが聴けるらしいよ。凄い人が来るらしいよ〉って誘えばいいじゃないですか。絶対にジャズの良さがわかると思う。僕も楽しみだし、みんなに来てほしいですね」

★〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉は、ジェフ・ベックに加えUKの人気ジャズ・ファンク・ユニット、インコグニートの出演も決定! Mikikiでも詳しいアーティスト紹介記事を後日公開する予定なので、お楽しみに!

 


〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉開催概要
開催日:9月27日(日)
時間:開場 12:00 開演 13:00 終演予定 20:30
出演:PAT METHENY with BLUE NOTE TOKYO ALL-STAR JAZZ ORCHESTRA featuring SCOTT COLLEY & DANNY GOTTLIEB, JAZZ ORCHESTRA: Directed by ERIC MIYASHIRO、JEFF BECK、ROBERT GLASPER TRIO、INCOGNITO、SNARKY PUPPY、HIATUS KAIYOTE, and more.
会場:神奈川・横浜赤レンガ野外特設ステージ
チケット代:
・S指定席 23,000円(税込)/特典:各種優先サービス(専用トイレ、優先ドリンクレーン、記念グッズ)
・A指定席 15,800円(税込)
・スタンディング 9,800円(税込)
※ご入場の際、別途1ドリンク代500円をいただきます。
チケット購入:
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:267-985)/WEB購入はこちら
・BLUE NOTE TOKYO店頭 問い合わせ:03-5485-0088(平日16:30~22:30/土日祝15:00~22:30 ※休演日以外)
・JCBチケット WEB購入はこちら
・イープラス WEB購入はこちら
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:74831)/WEB購入はこちら
・CNプレイガイド 0570-08-9999/WEB購入はこちら
・楽天チケット WEB購入はこちら
・JTBエンタメチケット WEB購入はこちら
・Yahoo!チケット WEB購入はこちら
・Confetti WEB購入はこちら

問い合わせ:クリエイティブマン(03-3499-6669)