2016.03.18

昨年デビューした95年生まれのシンガー・ソングライターによる初のフル・アルバム。英語詞中心の自作曲をOvallの3人やCurly Giraffeらがアレンジした11曲は、ブルースやカントリーを吸収したオーガニックなアンサンブルに貫かれている。その滋味深いサウンドも最高だが、聴き手は主役の憂いを帯びたマジカル・ヴォイスにまず持っていかれるはず。チャーミングな“「かわいい」”に窺える等身大の眼差しも美しい。


[English Translation]
Sakura Fujiwara  "good morning"

Following her debut/mini-album last year, ’95-born singer-songwriter Sakura Fujiwara unveils her 1st full-length album. Arranged by edgy producers including jazz/soul/hip hop trio Ovall and Curly Giraffe (ex-GREAT 3 member, Kiyoshi Takakuwa’s solo project) these self-composed, mostly- English 11 tracks excellently portray a blues/country-absorbed organic ensemble. Besides the fantastically delicate sound, all listeners would first be captured by her smoky magical voice. As revealed in the charming “Kawaii”, her purely realistic stance enhances her beauty too. 

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop