2016.03.04

6年ぶりのアルバムは、作詞で参加した桜井和寿をはじめ、TRICERATOPS根本要ら豪華メンツの援護もありつつ、ポップ職人(変人?)ぶりを気負いなく出した快作に。スティーリーなAORや、某ポールとS&Gを混ぜたようなフォーク・ロック、香水の薫るエレポップなど、駄洒落めかした表題の通り、ひねくれた視点と思い付きを具現化する技量は流石です。こぶしファクトリーの取り上げた“桜ナイトフィーバー”も収録。

※試聴はこちら

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop