2014.04.25

名門オーケーの看板を復活させて出てきた頃は、ブルースヒップホップ=〈ラグ・モップ〉なる言葉で音楽性を説明していたGラヴと仲間たち。オーセンティックな編成でモダンな泥臭さを聴かせるメソッドは、まさにブラッシュファイア系などの動きに先駆けたものだった。別ページで紹介している新作(10作目)はこの頃の作りに原点回帰したものだそう。

【関連動画】Gラヴ本人による『G. Love And Special Sauce』収録曲“Blues Music”弾き語り
関連アーティスト