INTERVIEW

cero、ふたたび迎えつつある脱皮の季節―黒田卓也やコーリー・キングらジャズメン迎えたNY録音の新シングル“街の報せ”を語る

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.12.07
cero、ふたたび迎えつつある脱皮の季節―黒田卓也やコーリー・キングらジャズメン迎えたNY録音の新シングル“街の報せ”を語る

“街の報せ”が届くまで、歩みを止めずに駆け抜けたceroの動向を振り返るよ!

 クロスオーヴァーするジャズとヒップホップ、それに付随するネオ・ソウル回帰といち早くシンクロした音楽性で、その後の日本のポップスの流れを決定付けたceroの2015年の傑作『Obscure Ride』。2016年に入り、〈ブラック・ミュージックを消化したポップス〉から〈ブラック・ミュージックのポップス化〉へとシーンが変遷するなかにあって、あのアルバムの重要性はますます高まるばかりだ。

 「『Obscure Ride』は結構背伸びをして作ったアルバムだったので、ライヴでそれに追い付くのがとても大変でした。ただ、結果的にはとてもいい訓練になったというか、インディー然とした有象無象のバンドからひとつ抜けて、ちゃんと聴かせるグループになるために必要なアルバムだったなって」(髙城晶平、ヴォーカル/ギター/プログラミング)。

 「作ったときは、インディー・シーンのなかでは浮いた作品になると思ったんですけど、思った以上にこの路線が流行って結構戸惑いました。〈こんなにみんなやりたかったんだ〉って(笑)。とはいえ、数あるうちのひとつではなく、いま聴いても自信を持って良いと思えるアルバムだし、ひとつの起爆剤にはなれたのかなって」(荒内佑、プログラミング/キーボード)。

 「いま振り返るとちょっと渋いというか、いい意味で地味なアルバムだなって思うんですけど、こういう作品を評価してもらえたのは自信になりました。ブラック・ミュージックが盛り上がったのはそれはそれでいいことだと思うんですけど、流行りは常に変わっていくものなので、そういうときこそ自分が本当に好きなものに一回戻ってみるのもいいのかなって思ったりもします」(橋本翼、ギター/プログラミング)。

2015年作『Obscure Ride』収録曲“Orphans”
 

 『Obscure Ride』リリース以降のバンドの歩みをステージを中心に振り返ると、まずは全17本に及ぶリリース・ツアーを行い、ファイナルは過去最大規模のワンマンとなるZepp Tokyo公演を大成功で終えた。夏には〈フジロック〉の〈WHITE STAGE〉をはじめとしたフェス出演を経て、秋にはNY在住のトランぺッター・黒田卓也とBillboardで共演。さらには韓国での初の海外公演や、中野サンプラザでのホール・ワンマン、ベニー・シングスとのコラボなど、積極的な活動を続けてきた。

 「黒田さんと僕らって、言ってみれば大リーガーと高校球児みたいなものなので、最初は相当尻込みしたんですけど、でもルールは同じだから、お互いの良さで通じ合える部分はあったのかなって思います。あと僕は、黒田さんの何が好きかって、クール・ジャパンを売りにしてなくて、実力だけで対等に〈野球〉ではなく〈ベースボール〉をやってるってとこなんですよね。海外勢と共演したりすると、〈日本ならでは〉みたいなことを意識しちゃうけど、なるべくフラットにやりたいなって思います」(荒内)。

 2016年は人気TV番組〈SMAP×SMAP〉へのまさかの出演で多くの人を驚かせると、5月には総勢13人編成で、旧知の仲であるVIDEOTAPEMUSICによる演出も加わった日比谷野外大音楽堂公演〈Outdoors〉を開催し、これまでの活動の集大成をひとつの形にした。

 「〈Outdoors〉っていうのはファースト・アルバム(2011年作『WORLD RECORD』)の収録曲のタイトルなので、この日は新旧織り交ぜてやりました。早い時間から始まったので、明るいなかで『Obscure Ride』の曲をやってもあまりハマらないから、前半はファーストやセカンドの曲をやって、暗くなるにつれてディープになっていくっていう流れだったので、結果的にceroが辿ってきた軌跡が見えるようなライヴになったかなって」(髙城)。

 「ceroってワンマンで新しいことを見せたがるバンドなんですけど、珍しくいままでのものをちゃんと受け止めて提示するっていうやり方だったし、関わってくれた人も昔から一緒にやってる人ばっかりだったので、ホント集大成だったなって」(荒内)。

 その後もモッキーとの共演や〈VIDEOTAPEMUSIC×cero〉としてのフェス出演などが続き、さらにはクレイジーケンバンドOMSB & Hi'Specオリジナル・ラブ田島貴男ら多彩なメンツを集めた自主企画〈Traffic〉を東阪で開催。10月には台湾における『Obscure Ride』のリリースと、それに伴う初の台湾ワンマン公演も行うなど、歩みを止めることなく2016年を駆け抜けてきた。

 「〈SMAP×SMAP〉に出たりすると上昇志向があるというか、規模を広げる方向に向かってるように見えるかもしれないけど、海外に行って少ないお客さんの前で演奏したり、〈Traffic〉みたいに集客目当てではない、単純に俺らが好きな人を呼んでイヴェントをやったり、今年はそういう横の広がりを見せられたんじゃないかと思います」(荒内)。

 「個人的には、この1年でふたつレギュラー仕事をやってて、大阪のラジオと雑誌の対談連載があったんですけど、その間に音源のリリースはなかったから、いわゆるセールスとかプロモーションには直接的に繋がってないんです(笑)。ただ、ceroが好んでやれる数少ない仕事のひとつが、〈人を紹介する、媒介する〉ってことで、ceroはそういうメディアとしてのおもしろさがあると思う。今年はそこを楽しむことができた1年間でしたね」(髙城)。

 

そして脱皮の時期へ

 そして、〈いままででいちばん肩の力を抜いて作った〉というニュー・シングル“街の報せ”は、そうしたさまざまな活動を続けてきた2016年のceroをそのままパッケージしたような一枚。『Obscure Ride』期の締め括りであると同時に、次の展開を垣間見せる作品だと言っていいだろう。表題曲の“街の報せ”は荒内による作曲で、もともと『Obscure Ride』のタワレコ特典音源に収録されていたナンバーだったが、トランペットに黒田卓也、トロンボーンにコーリー・キングを迎え、NY録音で新たな命が吹き込まれた。

cero 街の報せ KAKUBARHYTHM(2016)

 「今回のコンセプトをあえて言うなら、〈やったことがないことをやろう〉だったんです。いままではミックスも全部自分たち、もしくは得能(直也)さんと共同でやってましたけど、今回は奥田泰次さんにお願いしたり、“街の報せ”も初めてホーンのフレーズをすべては自分で作らずに、黒田さんに投げてみたんです。そうしたら、RHファクターの“Crazy Race”のオマージュっぽいフレーズが入ってたり、ホントに素晴らしかったんですよね」(荒内)。

 髙城作曲の“ロープウェー”では、ファンクやソウルをベースとしたビート・ミュージックをさまざまな名義で発表するsauce81と共にトラックを制作。橋本作曲の“よきせぬ”は唯一のバンド録音で、今後の方向性を予感させる一曲に仕上がっている。

 「僕、今年の前半はちょっと体調を崩しちゃってて、リハビリ的に、何かをモチーフにして曲を作ってみようと思ったときに、今回のジャケットになってる滝本淳助さんの写真を思い出して、それを元に作ってみたんです。なので〈新しいceroをご覧あれ〉みたいな感じではまったくなくて。トラックも原型は自分で作ったけど、結果的にsauce81さんにお願いすることになったし、曲自体めっちゃ手癖で作ってるんですけど、それはそれでいいなって」(髙城)。

 「“よきせぬ”に関しては、今回の3曲のなかではいちばん後出しだったので、先の2曲と比べてテンポを遅すぎず速すぎずにして、全体が良い起伏で流れていくように意識して作りました。また、新しいメンバーでツアーをすることも決まっていたので、その編成内でできる曲を作ろうと思って、定番の管楽器は断腸の思いで抜きました(笑)」(橋本)。

 現在は光永渉厚海義朗というリズム隊に加え、トランペットに古川麦、パーカッションに角銅真実、キーボードに小田朋美を迎えた新編成で〈MODERN STEPS TOUR〉を開催中。充実した1年半を経て、次のステージへと向かうバンドの姿をきっと感じることができるはずだ。

「ceroってアルバムごとに編成が変わってて、解散と再結成を繰り返してるようなバンドなんですよね(笑)。別に〈次のアルバムに向けて変えよう〉って話し合って決めてるわけではなく、バンドのバイオリズムがあって、それを何となく察知したんだと思うんです。なので、また脱皮の時期を迎えつつあるんじゃないかと思いますね」(髙城)。

 

ceroのライヴBD/DVD「Outdoors」(KAKUBARHYTHM)

 

次ページ“街の報せ”と併せて受け取りたい、ceroメンバーが関わった最近の8枚
タグ
関連アーティスト
Hostess Club Weekender 2017