COLUMN

ブライアン・イーノが『Reflection』で行う自己省察―自身の個人史遡るミュージック・フォー・シンキング・シリーズ最新作

(C)BRIAN ENO

 

自己省察のための音楽

「省察」というタイトルのミュージック・フォー・シンキング・シリーズ最新作

 前作『The Ship』は、これまでのブライアン・イーノのどの作品とも異なる、新しいコンセプトにもとづいた作品だった。自作に対して、非常に饒舌にその成立ちについて説明するイーノ自身の発言にも、以降のイーノの作品が少なからず変化していくのではないかと思わせるような何かがあった。これまでイーノが展開してきたシリーズである、アンビエント・ミュージックともシンキング・ミュージック(かの名作に倣って、ミュージック・フォー・シンキング、と呼びたいところだが)でもない、きわめて同時代的な社会的問題意識を内包した作品として、イーノの作家史においても重要な作品となることだろう。その最終曲(日本盤では、そのあとにボーナストラックが入っているが)である、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの《I'm Set Free》のカヴァーにおいて、イーノが私たちに「新しい物語」に向けての、未知への航海をうながしたように、それは、私たちが世界の変化というものに、どのように対していくかを考えさせるものでもあった。私たちはこれからの世界(新しい物語)をどのように生きていくべきなのか。

 その意味で、『The Ship』からそれほど時間をおかずに発表された、イーノの新作が『Reflection』と名付けられているということは興味深いことだ。イーノは、この作品がイーノ自身に「過去を振り返させ、物事を熟考するように働きかける」と言う。またそれは、「自分自身との内在的な会話を促す心理的空間を誘発する」ように感じるものだという。そして、この「省察」というタイトルを持った作品は、2012年に発表された『LUX』に続く、シンキング・ミュージックのシリーズに数えられるもので、さかのぼれば1975年の『ディスクリート・ミュージック』を起源に持っている。よく知られているように、アンビエントへと継承される、環境としての音楽のあり方が提示された“ディスクリート・ミュージック”には、のちのイーノの作品において展開されていくことになる複数のコンセプトが胚胎していた。先に挙げたように、ひとつはアンビエントで、『ミュージック・フォー・エアポート』(1978年)を生み出す。もうひとつはシンキング・ミュージックで、『サーズデイ・アフタヌーン』(1985年)『ネロリ』(1993年)、そして『LUX』がそれにあたり、継続的に発表されてきた。

 そうした原点ともいえる“ディスクリート・ミュージック”が生み出されたのも、イーノの思索の賜物でもあったと言ってもよい。イーノ自身によるライナーノートに書かれているよく知られたエピソードであるが、1975年にイーノは交通事故に遭い入院し、ベッドで動けない状態にあった。お見舞いに来たジュディ・ナイロンパティ・パラディンスナッチというパンクバンドを結成する)が18世紀のハープ音楽のレコードを持って来て、彼女が帰った後、そのレコードをなんとかステレオにかけることができたが、ヴォリュームが小さすぎ、しかもステレオの片方のチャンネルから音が出ていない。しかし、ベッドに戻って横になってしまったので、それを直すことをせず、ほとんど聴こえない状態のままレコードをかけていた。その経験がイーノに新しい音楽の聴き方を示唆し、光の色や雨の音と同じように、音楽もまた環境の一部として機能するということに気づかせた。それによって、「聴くこともできるし、無視することもできる」という、まるで音楽が雨だれの音と等価となるような、環境の一部としての音楽のあり方が発見された。それは、ベッドに寝たきりになりながら、よく聴こえないレコードを聴いていたことによって得られた、聴こえないくらいに小さな音量で流されていた音楽が、思考を促す触媒となったことを如実に物語っている。

 

まさにobscureな、どこか薄暗くぼんやりとしたポートレートが意味するところ

 そして、イーノの作品は、コンセプトともうひとつ、システムの側面からとらえられなければならない。イーノ自身も指摘するように、それは自動生成的(generative)ということである。“ディスクリート・ミュージック”は、最初は1973年のキング・クリムゾンロバート・フリップとのデュオ、フリップ&イーノのためのシステムとして登場した、2台のオープン・リール・テープレコーダーを使用したテープ・ディレイ・システムによって制作されている。もともとはテリー・ライリーが用いていた反覆システムであるが、これをフリップの演奏するギターの音を遅延、重畳、反覆させるための装置として用いられ、イーノは装置のマニュピレーターとして作品に関わる。その意味で、イーノの関わり方はきわめて「discreet(ひかえめ)」なのであり、この装置が「ひかえめな」システムであることをイーノ自身も強調していた。だから、のちにフリップがこのシステムを自身のパフォーマンス・システムとして使用した際に「フリッパートロニクス」と命名したようなことを、フレッド・フリスは批判したのであった。

 『ディスクリート・ミュージック』のライナーには、あるプログラムをセットし、一度それをスタートさせたら後はほとんど干渉せずに音楽を作り出せるようなシステムに関心を持ち続けてきた、と書かれている。それは音楽家として音楽を作曲したり、演奏したりすることから、企画者やプログラマーへと自身の役割を変更させることであり、最終的には、観察者となって音楽のなりゆきを見届けるように、音楽を楽しむことなのだという。イーノは新作においても同様に、「作曲家としての私の役割は、一つの場所に、複数のサウンドやフレーズを集め、それらに何が起こるのかというルールを設けること。それから全体のシステムを作動させ、何が生じるかを確認し、満足がいくまで、サウンドやフレーズ、ルールを調整する」ことである、とある意味では40年以上変わることなく言う。そして、そのようにして生み出される音楽は、「システムを作動させる度に異なる結果をもたらす。あなたが手にすることになる作品は、それらの結果の一つなのだ」と言う。ジェネラティヴ・ミュージックは、イーノがやはり、長きに渡って取り組んできたシリーズのひとつである。それは、イーノが制作したiPhone用アプリケーション『Bloom』『Trope』『Air』といった、自身を包み込む環境として、生成変化し続ける、携帯し、身に纏う音楽という新たなコンセプトにまで発展展開された。

BRIAN ENO Reflection BEAT/Warp(2017)

 さて、この新作『Reflection』で、イーノはタイトルのとおり、ずいぶんと自己省察を行なっている。これまでのイーノがこれほどまでに自己の過去作品をレファレンスとして語ることはなかったのではないか。もちろん、自己の反覆のような姿勢はかけらもないのだが。ジャケットにもイーノのポートレートが使用されているが、それはどこか薄暗くぼんやりとした(まさしくobscure)ものだ。そして、当初は自分のために制作していたという、一連のシンキング・ミュージックを、そうした省察のための音楽として共有したい気持ちが芽生えたのだという。イーノの最初のソロアルバム『Here Come The Warm Jets』には《Driving Me Backwards》という曲が収録されているが、現在のイーノはどこか自身の個人史を遡ることに駆り立てられているのだろうか。

 イーノは、アーティストを農耕民族と狩猟民族のふたつのカテゴリーに分類し、アンビエントあるいはシンキング・ミュージックといったコンセプトが40年以上にわたって続けられ、いまなお展開されている、という事実を受け止めつつ、狩猟民族的であったと思われていた自身の性質を、農耕民族的であるとし、その認識を変更する。新しいジャンルを開拓し、忘れられていた手法を再発見し、現在の先鋭的音楽コンセプトの多くを生み出してきたイーノは、自己省察によってなにを発見するのだろうか。

 

Brian Eno(ブライアン・イーノ)[1948-]
1948年生まれ。ウッドブリッジ出身。作曲家/音楽プロデューサー。70年にロキシー・ミュージックにシンセサイザー奏者として参加し73年脱退。その後、実験的要素を含んだ独自の環境音楽を展開。プロデューサーとしてデヴィッド・ボウイトーキング・ヘッズU2など多く手掛け、アンダーワールドカール・ハイドとの共作も発表。2014年にアンダーワールドのカール・ハイドとの共演作『サムデイ・ワールド』を、2016年にオリジナル・フル・アルバム『ザ・シップ』を発表。

 


寄稿者プロフィール
畠中実(Minoru Hatanaka)

1968年生まれ。NTT インターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員。多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。1996年の開館準備よりICC に携わる。主な企画には「みえないちから」(2010 年)、「[インターネット アート これから]―ポスト・インターネットのリアリティ」(2012 年)など。ダムタイプ明和電機ローリー・アンダーソン八谷和彦ライゾマティクス磯崎新大友良英ジョン・ウッド&ポール・ハリソンといった作家の個展企画も行なっている。

関連アーティスト