DISC GUIDE

【特集:OPUS OF THE YEAR 2016】Pt.1 bounce編集部の選ぶ2016年の100枚・前編

OPUS OF THE YEAR 2016
[特集]2016年の100枚+
ゆく年くる年。ゆく音くる音。ゆきゆきて音楽――2016年もいい作品は山ほどあった!というあなたも、最近好きなアルバムあるかい?というあなたも、ここで紹介する作品をチェックしまくって、スムースに素敵な新年を迎えましょう。まずはこの100枚から!!

★Pt.2 bounce編集部の選ぶ2016年の100枚・後編
★Pt.3 100枚では語り尽くせない、2016年の様相

 


JUST A TOUCH OF 100
bounceの選ぶ2016年の100枚 1⇒50

AUGUST ALSINA This Thing Called Life Def Jam(2016)

ジェレマイなんかも含めて2015年末に良品ラッシュとなったヤング色男アーバン系では、特にこのストリート・ヒーローのラッパー的な感覚を刻んだ2作目が格別だった。いま表題を見るとプリンスを思い出してしまうが……。 *出嶌

 

CHRIS BROWN Royalty RCA/ソニー(2015)

多数の課外仕事を追わずとも、これを聴けばいかに彼が同胞から信頼を得ているかわかる。モダンな音を追求しながら圧倒的な歌表現でR&Bの本質を見せてくれた楽曲には、いろいろな冠の付いた〈R&B〉とは一線を画す凄みが! *山西

 

Little Glee Monster Colorful Monster ソニー(2016)

本作のヒットからCM出演に武道館公演の告知まで、力強いハーモニーを響かせて颯爽とスターへの階段を登った6人。でもこのシンデレラ・ストーリーはまだ序章だってことを、早くも到着する2作目が証明してくれるはず。 *山西

 

TY DOLLA $IGN Free TC Pushaz Ink./Atlantic(2015)

プロデューサー/ソングライターとしても名を馳せるだけあって、ラップと歌唱を行き来する面々のなかでもレイドバックした歌心が光る逸材。カレンシーフィフス・ハーモニー、映画「スーサイド・スクワッド」など、客演も続々と。*土田

 

ANDERSON .PAAK Malibu Steel Wool/Empire/BIG NOTHING(2016)

ドレーとの絡みを機に客演数が増え、DJカリルグラスパーらが関与した本作も、ノレッジとのノーウォーリーズによる初作も称賛の嵐。年間通じてラップも歌もイケるこのシャガレ声をよく聴いたな。さあ次はアフターマスから! *山西

 

DAVID BOWIE ISO/Columbia/ソニー(2016)

多くの巨星が墜ちた2016年、この〈星から落ちてきた男〉も年明け早々に逝ってしまった。その2日前に届いた最新作はNYの気鋭ジャズマンたちとの妖しい緊張感を刻んだロック盤で、最後までヒップなポップスターぶりを貫いた。 *土田

 

HINDS Leave Me Alone Lucky Number/Mom+ Pop/RED Project(2016)

USのブリーチドタコキャット、カナダのホワイト・ラングらガレージ女子が躍動しましたが、一番ルーズで行儀が悪く、世界から愛されたのはスペインのこの4人。〈ほっといって〉って言われても、ほっとけなかったよ。 *山西

 

METAFIVE META ワーナー(2016)

高橋幸宏小山田圭吾砂原良徳TOWA TEIゴンドウトモヒコLEO今井によるスーパー・バンドの初作。冒頭のクールなニューウェイヴ・ファンク“Don't Move”から度肝を抜きっぱなしのダンス盤で、格の違いを見せつけた。 *土田

 

TORTOISE The Catastrophist Thrill Jockey/Pヴァイン(2016)

ポスト・ロック再評価の波が高まるなか、〈シカゴ音響派〉時代からの重鎮が発表した最新作。ミニマル&プログレッシヴな持ち味を更新しつつ、ヨ・ラ・テンゴジョージアを迎えたバラードなど、複数の歌モノというサプライズも。 *土田

 

安藤裕子 頂き物 cutting edge(2016)

フェミニンな作風で愛される自作自演家の最新作は、他者からの提供曲を基盤に構成。横溝正史風のMVも異色な峯田和伸とのデュエット曲やDJみそしるとMCごはんとの脱力ラップ・ソングなど、歌い手としての新味があちこちに。 *土田

 

ANIMAL COLLECTIVE Painting With Domino/HOSTESS(2016)

長年インディー界隈の動きを操縦してきたNY。2016年も周辺の良作は多々あったが、なかには実験的なサイケ感で世界へ名を広めた重要アクトの本作も。終始ハイな空気に包まれた本作は、キャリア上もっともキャッチーな一枚に。 *土田

 

CHARLIE PUTH Nine Track Mind Atlantic(2016)

当初はポスト・ブルーノ・マーズ的な存在を期待されたと思しきシンガー・ソングライター。前年のブレイクを受けて出したこの初作からはセレーナ・ゴメスとのコラボがヒットした。リトル・ミックスとの共演も記憶に残る。 *出嶌

次ページ13⇒24
募集