INTERVIEW

10年越しのエレクトリックリボン初作、Neciccoが人懐っこいキャラ打ち出した堂島孝平製の新シングルなど注目盤を紹介!

【ZOKKON -candy floss pop suite-】 第61回

Negicco
堂島孝平と手合わせした楽しいニュー・シングル!!!

 毎度楽しく、賞味期限〈ながモチ〉なポップソングを届けてくれるNegicco。2016年もシングル“矛盾、はじめました。”(作詞:土岐麻子、作曲:さかいゆう)でぐっと大人っぽさを匂わせ、その雰囲気を持ち込んだアルバム『ティー・フォー・スリー』と、また新たな一面を見せてくれました。

Nao☆「何年前かだったら〈まだ早いよ〉って言われるような楽曲も歌わせてもらうようになったんだって、そういう実感を噛みしめながら作ってました」

Megu「歌詞とか曲のニュアンスにもすごく共感できる部分が多かったですし、ライヴで歌うとすごく感情が込み上げて……歌をより丁寧に歌うようになりましたね。Negiccoにとってステップアップになった一年でした」

Kaede「このアルバムを出したことで女性のお客さんが増えてきたのが手応えとしてあって、そういうところにも響く作品になったのかなって嬉しく思います」

Negicco 愛、かましたいの T-Palette(2016)

 という収穫〈大アリ〉だった一年の締め括りは、シングル“愛、かましたいの”。こちらもアルバムの延長線上にあるアダルト路線かと思いきや、彼女たちの人懐っこいキャラを押し出した、ノヴェルティー・ソング的ニュアンスを盛り込んだナンバー。作詞/作曲を手掛けた堂島孝平と、彼の作品でも好タッグを組んでいる編曲の石崎光(新潟出身!)が、〈みんなが聴きたいNegicco〉を見事に演出!

Nao☆「堂島さんは〈NEGIFES〉にも出ていただいてますし、私たちのパフォーマンスを観たうえで、Negiccoがすごく楽しく歌ってる感じの曲を作りたかったって言ってました。レコーディングには、忙しいなか博多から新潟まで、おみやげに明太子を持ってきて来てくださったんです。歌入れで、たとえばAメロの〈本当に私といたいの だまっているけど〉っていうところを堂島さんが歌っているデモのように普通に歌ってたら、〈ほんとぉにぅわたしといたいぬぉ♪〉って感じで歌ってって言われて、大丈夫かな?と思いつつやってみたら、めっちゃイイよ!って誉めてくださったり(笑)。Negiccoは怒られるとヤル気なくすタイプなので、うまく調子に乗せていただきました(笑)。いろんな歌い方を試したりしたので、レコーディングの時間はかかりましたけど、とにかく楽しかったし、すごくイイ気分でした(笑)」

Megu「歌い方に関してはいろんな提案もしてくださって、〈それはダメ〉っていうんじゃなくて、〈こういうふうに歌ったらイイかも〉って優しい口調で言ってくださるんです。あとは〈Meguならできる、Meguならできる!〉って松岡修造さんみたいに熱く言ってくださったので(笑)、がんばろうっていう気持ちが高まりましたし、歌録りというよりは楽しく会話していた感じですね。あとは、かえぽがずっとモジモジしてて。堂島さんのことすごく好きなの伝わってきたので、会話も私を介してする、みたいな(笑)」

Kaede「思い出すだけでドキドキします(笑)。すごく緊張したし、出来上がった音源を聴いても、緊張してるなあって。堂島さんのライヴを初めて観たのは、何年か前の〈YATSUI FESTIVAL〉だったんですけど、曲の良さももちろん、お客さんをどう楽しませるかっていうことをものすごく考えられてる方だなあって、一気にファンになったんです。それから堂島さんのアルバムをたくさん聴いていたので、今回のメロディーの感じとか、〈堂島さんだあ♥〉って(笑)。これをNegiccoで歌えるんだってワクワクしました」

 

次ページ今月のZOKKONディスク1・2・3・4・5・6・7!
40周年プレイリスト
pagetop