DISC GUIDE

【特集:ZOKKON OF THE YEAR 16→17】Pt.2 ハロプロ関連作やBILLIE IDLE®、夢アドら2016年が生んだ必聴盤の一部を紹介!

Predia 白夜のヴィオラにいだかれて CROWN GOLD(2016)

ネオン系の派手なアレンジとリミッターを外した激唱のマッチングに惚れ惚れします。年頭のシングル“刹那の夜の中で”も含むこのミニ・アルバムはD&D風の“幾重の愛に”など気合いのナンバーがズラリと並ぶ痛快な一枚。若さや拙さ偏重なシーンをブッ飛ばすような活躍に今後も期待したいです。 *出嶌

 

夢みるアドレセンス 舞いジェネ! ソニー(2016)

志磨遼平MINMIら豪華な面々の書き下ろしシングルを好打した2016年の夢アド。その皮切りになった本作は、オカモトショウの詞曲をOKAMOTO'Sがアレンジと演奏でギラつかせた表題曲が、とにかくリア充感の凄まじいスクール・ロッキン・ディスコで強力なんです。不敵なMVも最高でしたが。 *出嶌

 

pax puella 冬のヒミツ avex trax(2016)

改名からの再デビューを果たした仙台出身の5人組グループ。坂本サトルの手掛けたシングル3枚はいずれも細部まで丁寧に仕立てられた印象の好曲揃いでしたが、特にこちらのシングルはグルーヴ感のある演奏とエヴァーグリーンな温もりに溢れた出来映え。冬の夜空が浮かぶ情緒豊かな逸曲です。 *出嶌

 

La PomPon 想い出の九十九里浜/恋のB・G・M~イマハ、カタオモイ~ Being(2016)

大先輩の小松未歩ZARDのナンバーを取り上げてきた6人は、この最新シングルでは何とMi-Keの“想い出の九十九里浜”をカヴァー。若さ弾ける“恋のB・G・M~イマハ、カタオモイ~”の振る舞いにはいつになくガーリーな可憐さも感じられます。そろそろ次の展開も待たれるところだけど……。 *出嶌

 

Maison book girl river 徳間ジャパン(2016)

マイペースに動きつつ3月にはEP『summer continue』も出していたブクガですが、このシングルでのメジャー・デビューには驚かされました! とはいえ、サクライケンタの織り成す現音ポップスや儚げな喪失感を綴った詩世界は変わらず。この後のDVDやその後に控えるアルバムも非常に楽しみです! *出嶌

 

妄想キャリブレーション アンバランスアンブレラ ソニー(2016)

元日のアルバム発表に始まり、6月に“ちちんぷいぷい♪”でメジャー・デビューした妄キャリ。そこでのEDM路線を継続したメジャー2枚目のシングルがこちらです。RADIO FISHで知られるJUVENILE作のシングル“Bang Bang No.1”を投下した年末まで、まさに一年通じて八面六臂の大活躍でした! *出嶌

 

Flower Notes 恋花 Label The Garden(2016)

2016年に始動したLabel The Gardenに属するseeDreamの選抜メンバーたち。表題曲では憂いを帯びて走る歌唱と弦の美しさにハッとさせられ、大人びた歌い口の“ライラック”も含め、音への誠実なこだわりが感じられるデビュー・シングルです。第2弾ユニットのClef Leafもデビューが楽しみ! *出嶌

 

ハコイリ♡ムスメ ハコいっぱいのプレゼント PENGUIN DISC(2016)

夏に始動したPENGUIN DISCからPeach sugar snowに続いて届けられたのが、この女優の卵たちによる初めての全国流通シングル。ライヴで往年のアイドル名曲を消化吸収してきた彼女たちだけあって、このオリジナルも気品と奥ゆかしさを湛えた清純なポップ・ナンバーに仕上がっていました。 *出嶌

 

フィロソフィーのダンス FUNKY BUT CHIC PHILOSOPHY OF THE WORLD(2016)

思想的には哲学を、音楽的には〈Funky But Chic〉を合言葉に、結成から1年余りの修練を経て届けたファースト・アルバム。黒っぽいサウンドと、それぞれの色を持った4人のヴォーカルも非常に魅力的なんですが、加えて、ユニゾン・パートがほとんどないっていうところが勇敢すぎます! *久保田

 

Chelip it's SHOWTIME/KeepOn doles U(2016)

鳥取産の名コンビがやや停滞しながらも体制を立て直してシングルを出してくれたのは、2016年最後の収穫でした。いかにも筑田浩志らしい土曜ディスコの“it's SHOWTIME”、SAWAによるポジティヴな“KeepOn”という良曲を得たうえで、自分たちの持ち味をしっかり輝かせているのも頼もしい限り! *出嶌

 

pagetop