COLUMN

〈かわさきジャズ2017〉 思い思いのジャズに心地良く身を委ねる。秋に相応しい彩り豊かなジャズの楽しみ方

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.10.16
〈かわさきジャズ2017〉 思い思いのジャズに心地良く身を委ねる。秋に相応しい彩り豊かなジャズの楽しみ方

色付き始めた街路樹が、行き交う人々の目を楽しませてくれる秋、ひとつの都市がジャズに包まれる。コンサートホール、ライヴハウス、そしてストリートなど、人々は様々な場所で思い思いのジャズに心地良く身を委ねる。そんな秋に相応しい彩り豊かなジャズの楽しみ方を提供してくれるのが、11月10日(金)~19日(日)に開催される「かわさきジャズ2017」だ。

 2011年に世界三大ジャズ・フェスティバルのひとつであるモントルー・ジャズ・フェスティバルと連携する形で〈モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき〉として誕生。その後2015年からは、MUSIC(音楽公演)、PEOPLE(地域交流・地域資源活用)、FUTURE(人材育成)という3つのミッションを掲げた〈かわさきジャズ〉としてステージ・アップ。多角的な音楽文化を発信する都市型ジャズ・フェスティバルとしてジャズ・ファンからの熱いい支持を受け、初年度の2015年には〈第5回NISSAN PRESENTS JAZZ JAPAN AWARD 2015〉の〈ベスト・ライヴ・パフォーマンス賞〉を受賞する好スタートを切っている。〈かわさきジャズ〉が掲げるコンセプトは〈ジャズは橋を架ける〉。国内外の数多くのトップ・アーティストを迎えた多彩なコンサートと、かわさきを拠点に活躍するプロ・アマ・ミュージシャンらによる地域交流型のフリーライヴ、そしてジャズを未来に繋げるための音楽講座や児童参加型のイヴェントなどが盛り込まれたヴァラエティ豊かなプログラム。西洋音楽とアフリカ音楽の出会いに源を発し、現在も様々な文化圏の音楽と融合しながら発展を続けるジャズ。そのスピリットを現代的な形で継承するポリシーによってオーガナイズされた〈かわさきジャズ〉は、ジャズの持つ多様な魅力に浸ることのできる楽しいジャズ・フェスティバルだ。そのメニューを紹介しながら、聴きどころをチェックしてゆこう。

 〈かわさきジャズ〉の大きな特徴のひとつが、連携イヴェントが充実している点。今年も9月下旬からスタートしているプレ・イヴェントの数々が11月の本開催に先駆けて街を彩る。川崎駅周辺の商業施設や、新百合ケ丘駅、武蔵小杉駅周辺などの8会場で行なわれるスペシャルライヴでは、川崎地区で活動する社会人を中心としたジャズ・プレイヤーたちが熱演を披露。川崎に根差す音楽ムーヴメントを体感することができる。さらに、ジャズのスペシャリストたちがレクチャーを行う〈ジャズアカデミー〉でジャズへの造詣を深めるのも、このフェスティバルの楽しみのひとつだ。

 11月10日(金)~19日(日)の本開催日程のオープニングを飾るのは、新百合トウェンティワンホールで開催される、日本ジャズ界の巨匠・前田憲男(p)が小林桂(vo)とコラボレートする〈Jazz Bar前田憲男トリオ スペシャルゲスト小林桂〉(11/10)と、渡辺香津美(g)が弦楽五重奏をバックに珠玉のスタンダードを奏でる〈Jazz Bar 渡辺香津美 A Night With Strings〉(11/11)の2セット。どちらも〈かわさきジャズ〉らしいスペシャル感の漂うプログラムだ。ふたりの男性アーティストが好スタートを切った後は、女性陣がラゾーナ川崎プラザソルで艶やかに盛り上げる。スタイリッシュなヴォーカリストakikoが、彼女のキャリアを飾る名曲の数々を披露する集大成的プログラム〈akiko Elemental Harmony〉(11/15)、気鋭のアーティスト桑原あいが最新型のピアノ・トリオ・ジャズを展開させる〈ai kuwabara the project (桑原あい ザ・プロジェクト)〉(11/16)、ジャズ・ヴォーカルのトップスター伊藤君子が美空ひばりの名曲を歌い上げる〈伊藤君子 ~ひばりを歌う~〉(11/17)など、思わず目移りしてしまいそうなプログラム。

さらには、10月にオープンしたばかりのカルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)に華やかなラテン・サウンドが響き渡る〈オルケスタ・デ・ラ・ルス 日本ラテン化計画2017〉(11/12)、日米のソウル・ディーヴァがミューザ川崎シンフォニーホールを沸かす〈シェネル フロント・アクト 高澤綾withジェイソン・マルサリス〉(11/17)と〈Nao Yoshioka with Special Guest Eric Roberson フロント・アクト m.s.t.〉(11/18)、イタリアの歌姫ジリオラ・チンクェッティがクラブチッタで24年ぶりにその魅惑の歌声を聴かせてくれる〈ジリオラ・チンクェッティ 夢みる想い ~プレミアム リサイタル〉(11/18 & 11/19)など、多様性とコラボレーションに満ち溢れたプログラム。その他にも魅力的なコンサートやイヴェントが盛り沢山。きっとあなたにピッタリのジャズが見つかるはず。詳細は〈かわさきジャズ2017〉のウェブサイトにて。芸術の秋にジャズ散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 


LIVE INFORMATION

かわさきジャズ2017
11/10(金)~11/19(日)
 

前田憲男トリオ スペシャルゲスト小林 桂
○11/10(金)19:00 開演
会場:新百合トウェンティワンホール

渡辺香津美 A Night With Strings
○11/11(土)17:00 開演
会場:新百合トウェンティワンホール

オルケスタ・デ・ラ・ルス 日本ラテン化計画2017
○11/12(日)16:00 開演
会場:カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)

かわさきジャズ2017 洗足学園音楽大学創立50周年記念公演 5th decade memorial jazz trip concert
○11/14(火)18:30 開演
会場:川崎市高津市民館ノクティホール

akiko Elemental Harmony
○11/15(水)19:00 開演
会場:ラゾーナ川崎プラザソル

ai kuwabara the project(桑原あい ザ・プロジェクト)
11/16(木)19:00 開演
会場:ラゾーナ川崎プラザソル

伊藤君子 ~ひばりを歌う~
○11/17(金)14:00 開演
会場:ラゾーナ川崎プラザソル

シェネル フロント・アクト 高澤綾withジェイソン・マルサリス
○11/17(金)18:30 開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール

Nao Yoshioka with Special Guest Eric Roberson フロント・アクト m.s.t.
○11/18(土)16:00 開演 会場:ミューザ川崎シンフォニーホール

ジリオラ・チンクェッティ 夢みる想い ~プレミアム リサイタル
○11/18(土)、19(日)17:00 開演
会場:クラブチッタ

MASATO HONDA SPECIAL AFTERNOON LIVE
○11/19(日)15:00 開演
会場:昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ