2018.01.23

スモール・フェイセズやハンブル・パイで活躍したスティーヴ・マリオットの愛娘によるデビュー作は、シンプルでストレートなロック・サウンドとソウルフルな歌いっぷりが印象的。しかし、暑苦しさはなくスマートな感覚があって、スモール・フェイセズがバックを務めた頃のPP・アーノルドを思わせる瞬間も訪れたり。スティーヴのことを尊敬して止まないポール・ウェラーが、ギターやキーボードでゲスト参加。

 

関連アーティスト