COLUMN

ヤマハホールの要注目公演をピックアップ! ホーカン・ハーデンベルガーと伊藤亮太郎による弦楽アンサンブル

〈アコースティック楽器に最適なコンサートホール〉として生まれ変わったヤマハホールの2018年のラインナップから、今回は要注目の2公演について、寺本郁夫さんに聴きどころをご紹介いただきます。

ホーカン・ハーデンベルガートランペット・リサイタル
-広がるトランペットの地平- 4/13(金)

 ホーカン・ハーデンベルガーの今回のリサイタルは、この奏者の演奏の驚異的な多彩さを聴かせながら、現代のトランペット演奏とは何かを明らかに示す、という2つの意味で、興味の尽きないプログラムになっています。

 例えば、ハーデンベルガー自身によって初演された武満徹の《径》は、ヴィトルド・ルトスワフスキの死を悼む音楽として作曲されていますが、葬祭へのファンファーレとしてフォルテで吹き鳴らされるメロディの前に、死者への囁きのような静謐な楽想が弱音機をつけて奏でられます。この二つの部分が交互に立ち現れる立体的な展開を持つこの曲は、タイトルが示すように、この作曲家の音楽の空間的な属性を宿しています。武満はしばしば自らの音楽を、日本の回遊式庭園を辿る経験に喩えます。庭園を巡る小道沿いに、空間が大きく開けたかと思うと、ひっそりと親密な空間が現れたりする。その経緯を音楽的に体験するような構造の音楽です。録音を聴く限り、ハーデンベルガーの演奏は、この曲のそんな性格を反映したものになっています。弱音部での〈思い〉と言うより〈思索〉、〈抒情〉と言うより〈瞑想〉といった音と、強音部でのファンファーレの削ぎ取られたように峻厳な音との共存。

 この演奏のそんな特質は、このコンサートのプログラム中のもう一つのファンファーレ、オネゲルのイントラ―ダと聴き比べてみれば、はっきりと感じられるでしょう。録音でのハーデンベルガーは、この曲の祝祭性を大きく打ち出しています。大空に向けて吹き鳴らされるような明るく晴れやかな音。弱音の部分さえも、澄んだ伸びやかな音がどこまでも広がっていきます。武満とは全く違った音の世界ですが、これもトランペットという楽器のもう一つの魅力的な側面であることは確かです。

 トランペットは、狩猟や戦闘といった野外で吹き鳴らされる楽器に起源を持ちながら、教会や祝祭の場で奏される街場のそれになっていき、現代ではコンサートで急速なパッセージを聴かせるヴィルトゥオジティを必要とされるものになっていきます。その現代トランペット演奏を切り開いたのは、フランスのモーリス・アンドレですが、スウェーデン出身のハーデンベルガーはさらにこの楽器の演奏の地平を広げていく仕事を続けています。

 

伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ
-ブラームスを囲む音楽- 6/8(金)

 このコンサートのプログラムには二つのテーマがあるように思えます。一つには楽器編成です。弦楽三重奏、五重奏、六重奏という編成の曲を並べることには、弦楽四重奏の周囲の領域を見つめる視点を感じます。ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンという三人の作曲家による弦楽四重奏曲が、それぞれにヨーロッパ音楽の頂点と言っていい創造の高峰として並び立つ一方で、この大山脈の裾野には、種々の弦楽器の編成による室内楽の沃野が広がっている事実を、見て取ることのできるプログラムです。

 もう一つのテーマは、ブラームスという音楽家です。ドヴォルザークとドホナーニという二人の東欧の作曲家がブラームスを敬愛し、そこから影響を被り、また彼らがブラームスによって評価され世に出ていったという経緯が、この三人の作曲家を関係づけています。この三人の音楽の内的な結びつきを見据える視点が、このプログラムにはあります。

 ドホナーニの《弦楽三重奏曲ハ長調〈セレナード〉》は、マジャール的な香りの豊かな夜の音楽ですが、特筆すべきは第三楽章でしょう。弦楽器三丁という編成から豊かな響きを引き出しているのに加え、魅力的な展開を持った音楽になっています。R・シュトラウスのような高揚感と優しい民族的な歌の入り混じった第一部と、チャーミングな威嚇と諧謔の表情の無窮動的な中間部を経て、実はその二つの部分が一つの源から生まれていることを、第三部が明かしていく。そんなスケルツォの構成には、やはりブラームスを通って生まれた音楽であることを強く感じさせます。

 ドヴォルザークの弦楽五重奏曲 第3番 変ホ長調》は、全編、大地から湧き出したような薫り高いメロディがこの作曲家ならではの美しさを放っていますが、楽章間の主題に関連性を持たせているあたりは、やはりブラームスを感じさせます。さらに、第三楽章のドラマティックな性格をもった変奏曲の作り方にも、ブラームスの《弦楽六重奏曲》に通ずるアイデアがあります。また、第一楽章冒頭のホルンを思わせる音形など、弦楽五重奏のサウンドを管弦楽へ接近させようという意図を感じさせます。

 ブラームスの《弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調》は、全曲が、若きブラームスのクララ・シューマンへのむせ返るような思慕の思いに彩られていますが、彼の音楽の劇的性格も顕著に顔を出します。第一楽章の展開部など、主題同士の絡み合いには生々しいドラマがあるし、再現部も型どおりの繰り返しなどには背を向けて、展開部の劇の続きを繰り広げていきます。第二楽章の変奏曲は、もはやR・シュトラウスやワーグナーを思わせる音の劇として書かれていると言ってもいいくらいです。有名な主題は、第一、第二変奏で音を細分化することでどんどん緊迫感を増しつつ(三連音の効果!)、第三変奏でクライマックスを築いた後、第四変奏以降は、激しいパッションはもはや想い出として懐古されるものとなっている。ソノリティも、オーケストラ的な厚みと陰影が、ブラームスのある時期の創造の頂点を物語っています。

 


LIVE INFORMATION

珠玉のリサイタル&室内楽
ホーカン・ハーデンベルガー トランペット・リサイタル

○4月13日(金) 開場18:30 開演19:00
出演:ホーカン・ハーデンベルガー(トランペット)、イム・スヨン(ピアノ)

珠玉のリサイタル&室内楽
伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ ~弦と弓が紡ぐ馥郁たる響き~

○6月08日(金) 開場18:30 開演19:00
出演: 伊藤亮太郎/横溝耕一(バイオリン)
柳瀬省太/大島 亮(ビオラ)
横坂 源/辻本 玲(チェロ)

ヤマハホールのその他の公演情報はこちらをチェック

関連アーティスト