2018.03.16

復帰後初のアルバムは、〈好奇心〉の赴くままに多種多様な楽曲に挑戦した意欲作。バグベアや前山田健一、CMJKと初手合わせしたかと思えば、加藤哉子が中島にエールを送るかのような歌詞をあてた“Jewel”、重永亮介製の乙女な歌謡恋歌といった、彼女のデビュー期を支えた作家との再会曲も。ラスマス・フェイバーと新藤晴一のタッグによる春めきポップは、曲調に反したシニカルな歌詞に想像を掻き立てられます。

タワーアカデミー
pagetop