Keith's Counterpoint

ビートルズ、ボウイ、ジミー・ペイジ…音楽に溺れたチャールズ・マンソン、血みどろの事実

Page 2 / 2

デヴィッド・ボウイ

マンソンがボウイのファンだった為、ボウイは彼に間接的に影響を与えたとされている。ボウイのアルバムで最も有名な『Ziggy Stardust』(72年)はロバート・A・ハインラインのSF小説「異星の客」(61年)に着想を得ているといわれている。この本では、火星から来た男、ヴァレンタイン・マイケル・スミスが地球に連れてこられると、人々が宗教、性、死や富などの制度について再評価せざるを得ないような影響を周囲に与える。スミスは新たな宗教の教祖となり、その信徒は〈ホモ・スペリオール〉と称されるが、彼は最後、反対派の群衆によって殺されるというのが筋書きだ。

ボウイの〈ジギー〉には、マンソンに影響を与えたと見られるこのヴァレンタイン・マイケル・スミスと共通点があるのだ。「異星の客」には共同体としての生活や、フリー・ラヴについても触れられている箇所もある。

また、マンソンは何人かの子供を残しているが、彼のカルトの最初のメンバー、メアリー・ブルンナーとの子供はヴァレンタイン・マイケル・マンソンと名付けられた。この子供は、乳幼児の時にキャンプファイアーの脇に裸で放置されていたところを見つかり、ブルンナーから離され、彼女の両親がマイケルと改名して育てた。同じくマンソンの息子、チャールズ・マンソン・ジュニアは自殺。事件後、12人ほどの女性がチャールズ・マンソンの子供を産んだと主張しているが、DNAテストなどで関連性が分かったものはいない。

『Ziggy Stardust』タイトル・トラック

 

ニール・ヤング

74年に『On The Beach』というアルバムを発表。このアルバムは暗い雰囲気の、ミニマルなもので、曲の中では名声や批評家、政治、化石燃料業界やヒッピーに対する失望を歌っている。マンソン・ファミリーに直接言及している曲もある。“Revolution Blues”の歌詞の中にある〈一万台の砂上バギー〉はマンソンが主張した砂漠での人種間戦争計画のことだ。実際、ニール・ヤングはロサンジェルスでマンソンや彼の信者達に出会っていて、音楽エグゼクティヴのモー・オースティンにマンソンに会うべきだと進言している。ヤングはマンソンをおもしろい作曲家と捉え、特に即興で曲が次々出てくる所を評価していたようだが、同時に〈彼は少し制御が利かない〉とも言っていた。

ニール・ヤングの74年作『On The Beach』“Revolution Blues”

 

ジミー・ペイジ

チャールズ・マンソンとの関わりは、ケネス・アンガーの映画「ルシファー・ライジング」(72年)を通した間接的なものだ。アンガーはこの映画にボビー・ボーソレイユ(後にマンソンのカルトに参加し、殺人で起訴される)という若いミュージシャンをルシファー役で抜擢。後にアンガーとボーソレイユの関係は悪化、喧嘩別れとなる。アンガーはボーソレイユが機材を盗み、映画を乗っ取ろうとしたと主張。映画は暗礁に乗り上げ、アンガーは主役とサウンドトラックを求めて、ミック・ジャガーなどさまざまな人に声をかける。72年、アンガーはジミー・ペイジとオカルトのオークションで出会い、ペイジにサウンドトラックを作ってくれるよう依頼。しかし、アンガーとペイジもうまくいかず、ペイジがこの映画のために作った曲も2012年まで正式に公表されることがなかった。アンガーは後にボーソレイユと刑務所で面会し、ボーソレイユが作ったサウンドトラックが81年以降一部に限定配付されている。

ペイジは他にもマンソン信者のリネット”スクイーキー”フロムにもストーキングされた。フロムはテート・ラビアンカ殺人事件には関わっていないものの、75年にジェラルド・フォード大統領の暗殺計画を立て、彼に向かって銃の引き金を引いている(この時、銃がつまるトラブルで発砲に至らなかった)。また、彼女は刑務所内を本拠地とする白人至上主義者の団体、アーリアン・ブラザーフッドのメンバーと親しく、彼女がブラザーフッドと同居したカリフォルニア州ストックトンの家の地下にはその家の所有者が埋められていたという。マンソンの裁判時、裁判にかけられていたカルトのメンバー達と同じくスクイーキーはカミソリで額にXを描き、連帯を表した。スクイーキーがペイジのストーキングをした際の〈悪いエネルギーについて忠告したい〉との要求に、レッド・ツェッペリンのレーベル副社長は〈紙に書いてくれたら本人に渡す〉と言い、ペイジはこの紙をすぐに焼き捨てたらしい。スクイーキー・フロムは2009年に仮出所になり、現在はニューヨーク州北部に住んでいると考えられている。

2012年に正式リリースされたペイジ版の「ルシファー・ライジング」サウンドトラック。ボーソレイユ版はこちら

 

マリリン・マンソン、カサビアン

両者ともマンソン・カルトの信者からバンド名をとっている。マリリン・マンソン(本名ブライアン・ワーナー)は89年にこの劇場型バンドを結成。メンバーは皆グラマラスなスターと、有名な殺人鬼の名前を組み合わせて芸名としている。すなわち、スコット・パテスキーはデイジー・バーコウィッツ※1(デイジー・デュークと〈サムの息子〉として知られる連続殺人魔デヴィッド・バーコウィッツ)、ジョーディ・ホワイトはツイッギー・ラミレス※2(60年代のファッションモデルのツイッギーと、13人の殺人と11件の強姦で収監された連続殺人犯リチャード・ラミレス)、スティーヴン・グレゴリー・ビアはマドンナ・ウェイン・ゲイシー※3(ポップの女王と、パーティなどでピエロとして働き、少なくとも33人の男の子に性的暴行を行い殺したウェイン・ゲイシー)となった。

※1 初代ギター
※2 ベース/ギター
※3 キーボード

カサビアンは、カルトのメンバー、リンダ・カサビアンをバンド名とした。彼女はテート・ラビアンカ殺人事件で運転手件見張りをするため、自分の子供をスパーン牧場に残して現場に行っている。彼女は、殺人を犯したメンバーで唯一深い反省を示し(他のメンバーは殺人について笑っていたものもいる)、訴追免除と引き換えにカルトに対する証言も行った。彼女が法廷で証言していた際、マンソンは何度か首に指を走らせ(アメリカでは殺すという意味のジェスチャーで使われる)、カルト信者はさまざまな方法で彼女を脅して黙らせようとした。

マンソンのカルトについては曲も書かれていて、オジー・オズボーンの“Bloodbath In Paradise”やソニック・ユースの“Spahn Ranch Dance”が有名。

マリリン・マンソンの2017年作『Heaven Upside Down』収録曲“Tattooed In Reverse”
 
カサビアンの2017年作『For Crying Out Loud』収録曲“You're In Love With A Psycho”

 

ガンズ・アンド・ローゼス

ガンズがマンソンの書いた“Look At Your Game, Girl”を93年のアルバム『The Spaghetti Incident?』に収録した際は、メンバーの狙い通り、大きな物議を醸した。このトラックの収録は秘密裏に行われ、事前発行コピーには含まれず、実際のアルバムではシークレット・ボーナス・トラックとして録音された。このレコーディングを主導していたアクセル・ローズは“Estranged”のミュージック・ビデオでもマンソンのTシャツを着ている。また、このアルバムの印税は、シャロン・テートの母が運営する犯罪被害者の為の会に寄付された。この印税収益については裁判も発生、犯罪被害者の子供達の一部も印税から支払いを受けた。マンソンの曲に加えて、彼の肖像は数々のTシャツに使用されたが、〈殺人の記念品〉には根強いコレクターがいる為、マンソン関連のグッズ(洋服や手紙など)は常に高値で取引されている。

“Estranged”のMV

 

エド・サンダースとレッグス・マクニール

2人はロック関連のライターで、マンソンのカルトに関する著作がある。

エド・サンダースは詩人兼社会運動家で、コミック・バンドのファッグスの共同創立者でもある。ファッグスは60年代後半、メジャー・レーベルからアルバムを発表するなどよく知られていた。71年にサンダースはマンソン・ファミリーについて書いた「ファミリー」を上梓する。サンダースはみずからも反体制文化の一員だったことから、裁判も傍聴し、非常に詳しいリサーチの末に、この題材についてはもっとも確かな本を完成させたと思われる。

マンソン裁判の検察官だったヴィンセント・バグリオシもマンソンに関する書籍「へルター・スケルター:マンソン事件の真実」(74年)を書いているが、こちらはバグリオシ自身をヒーローに見立てた犯罪小説という形で書かれ、700万部以上を売り上げた。

パンク誌の創設者で「プリーズ・キル・ミー」(2007年)の著者であるレッグス・マクニールは現在マンソンについての本を執筆中だ。レッグスと共著者のジリアン・マッケインはカルト信者やカルトの関係者に対して詳細なインタヴューを行った。今回彼らのインタヴューを受けた中には、今までインタビューを受けてこなかった人物等も含まれるという。マクニールは、この本は今まであまり語られてこなかった、マンソンを追いかけた女性たちにより焦点を絞っているとしている。マンソン自身はすでに多くのインタヴューに答えているし、彼の話には矛盾や、新聞の見出しを飾るべく作られた物も多いからだ。マクニールは、あるインタヴューで〈私達が話を聞いた女性たちは全員、一度はチャーリー(・マンソン)に殴られている〉と話している。

 

ソニー・ピクチャーズは、今回クエンティン・タランティーノ監督によるマンソン映画「Once Upon A Time In Hollywood(旧仮題「69」)」の世界配給権を獲得した。レオナルド・ディカプリオが、シャロン・テートの隣人だった落ち目のTVスター、リック・ダルトンを、またブラッド・ピットがダルトンの友人のスタントマン、クリフ・ブースを演じる他、トム・クルーズなど大物の関与が噂されている。この映画の封切りはテート・ラビアンカ殺人事件の50周年にあたる2019年の8月9日を予定。現在、このテーマで他にも「The Haunting of Sharon Tate」「Charlie Says」という2本の映画が、著名な俳優や監督により制作されている。

 

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop