2018.03.22

〈Soul Movement〉シリーズで名高いカナダの(スラッカー・ザ・)ビートチャイルドが久々のスラッカデリックス名義も併用して新作を発表。前作『The Other Side Of Tomorrow』の折衷モードをまったり深化させ、60年代への憧れをフォーク・ロックやサイケな意匠で包み込む。エッダ・マグナソンの歌唱が幻想的な“The Remedy”からアヴィーチーも起床しそうな“Bottom Of You”まで、全体の温かな統一感が心地良い。

関連アーティスト