2018.04.17

このサード・アルバムを聴き、前作『THE END』の意味を深く噛み締めた。今作はまさに〈終わり〉を経ての新たな始まりじゃないか。彼ららしいエモーショナルな疾走曲も用意してファンの期待に応えつつ、中盤以降は自由奔放に振り切った曲調が並ぶ。クラブ・ミュージックを我流に消化した“...FEEL?”を筆頭に、音楽的な冒険と刺激を求めて自己の可能性を更新した楽曲群に興奮するばかり。驚きの振れ幅で聴かせる傑作だ。

関連アーティスト
pagetop