TOPICS

森山未來、大植真太郎、平原慎太郎による談ス・シリーズ第三弾が表紙、タワレコのフリーマガジン〈intoxicate〉133号配布中

intoxicate vol.133 表紙画像
 

タワーレコードが偶数月に発行しているフリーマガジン〈intoxicate〉。今回は、現在配布中の133号(4月20日発行号)についてお知らせします。

今号の表紙を飾るのは、森山未來、大植真太郎、平原慎太郎の3人による談ス・シリーズ第3弾。巻頭特集でも森山未來を特集し、表現をするきっかけから最新作である同作まで、森山の半生を振り返ります。

巻頭特集ではこのほかに、ウェス・アンダーソン監督の映画「犬ヶ島」と製作にあたって参照にしたとする葛飾北斎作品について語った〈葛飾北斎とウェス・アンダーソン〉、温泉地で電子音楽のイヴェントを開催する星憲一朗による〈温泉をデザインする音楽〉も掲載。

また、THE BEATNIKSやパリ生まれのピアニスト、アレクサンドル・タロー、ゴーゴー・ペンギン、梶芽衣子、映画「シェイプ・オブ・ウォーター」の音楽を手がけたアレクサンドル・デスプラ、NOKKOらのインタヴューや、菊地成孔主宰レーベル〈TABOO〉のイヴェント〈TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY〉、韓国出身の女性作曲家・ウンスク・チンについてのコラムなど、多くのインタヴュー、コラム、レヴュー記事を掲載しています。

intoxicateはTOWERminiを含むタワーレコード全店にて無料で配布中。このほかTOWER RECORDS ONLINEでは数量限定での販売も行っています。なかなかお店まで足を運べないという方はこちらもご活用ください。intoxicateの記事はMikikiでも順次公開していきますので、引き続きチェックを!

※intoxicate 133号のコンテンツはこちら

GR'18