2018.05.29

オーイシマサヨシがELOばりの煌めきロックンロールを贈った“シンガロン進化論”で豪快に幕を開ける、声優シンガーの2作目。従来の元気いっぱいな路線も継続する一方で、フューチャー・ベース仕様のクールなダンス曲や、彼女には珍しい失恋ソングなどで表現の幅を広げ、年相応の大人っぽい魅力も打ち出している。fhanaの佐藤純一が作編曲、田淵智也が作詞を担当したラストのエモいミディアム“Sentimen-Truth”が名曲すぎ!