Keith's Counterpoint

The Songs of Bob Dylan―カヴァーで炙り出されるボブ・ディラン曲の魅力

ジョージ・ハリスン “If Not For You”

ジョージ・ハリスン。70年にフィル・スペクターがプロデュースしたチャート1位のアルバム『All Things Must Pass』に含まれている。シンプルだが魅力的なこの曲はロマンティックなラヴソングだ。ハリスンは、ディランがこの曲を『New Morning』アルバムの為にレコーディングする場に居合わせ、その後カヴァーすることを決めたという。ただし、これは一番売れたヴァージョンではない。オリヴィア・ニュートン・ジョンが71年にレコーディングしたこの曲は、ハリスンと同じようなアレンジだったが、彼女にとっては初めての世界的な大ヒットとなった。

 

マリア・マルダー “I’ll Be Your Baby Tonight”

マリア・マルダーはこの曲をゆったりとした、滴るように魅惑的な歌い方で録音した。マルダーはボブ・ディランの大ファンで、以前にもディランのカヴァーだけのアルバム『Heart of Mine: Marida Muldaur Sings Love Songs of Bob Dylan』も上梓している。

この曲は多くのアーティストにカヴァーされているが、90年にロバート・パーマーがUB40とレコーディングしたレゲエ風ヴァージョンはイギリス、オーストラリア他各地でヒットしている。

 

ゼムIt’s All Over Now, Baby Blue”

ゼム。ヴォーカルにヴァン・モリソンを据えたアイルランドのバンド、ゼムは66年という、ディランがリリースして一年と経たないうちにこの曲のカヴァーを発表している。

この歌は長い間ミステリアスだと評されてきた。別離の曲だが、相手については若い頃から付き合ったり別れたりを繰り返していたジョーン・バエズが相手との説が有力だ。ゼムのバージョンでは重々しいベースラインと、当時ゼムのキーボードを担当、後にプログレ・バンドのキャメルのリーダーとなったピーター・バーデンズによるブルージーなキーボードのソロが加えられている。

 

ガンズ・アンド・ローゼズ “Knockin’ On Heaven’s Door”

ガンズ・アンド・ローゼズ。73年にディランが作曲した西部劇のサウンドトラック『Pat Garrett and Billy The Kid(ビリー・ザ・キッド/21才の生涯)』からの曲。この映画はサム・ペキンパー監督、クリス・クリストファーソン主演他、錚々たるメンバーが出演者に名を連ねているにも関わらず、興行的には失敗だった。ペキンパーは酒浸りの日々を過ごすようになり、MGMのプロデューサーと映画について、予算について激しく争うようになった。彼は、映画の封切り前のヴァージョンを観て、怒りのあまり折りたたみ椅子に立ち上がるとスクリーンに向けて放尿したという伝説がある。88年、ペキンパーはこの映画を再編集する機会を与えられ、この新ヴァージョンは旧バージョンよりも高い評価を受けた。エリック・クラプトンはこの曲のポップ風レゲエ・ヴァージョンを75年に発表し、UKチャートでトップ40につけている。しかし、この曲を気骨のあるブルージーなヴァージョンで世界的に有名にしたのはロサンゼルスのストリートから這い上がったガンズ・アンド・ローゼズだった。

 

バーズ “Mr. Tambourine Man”

バーズ。65年4月にシングル・カットされたこの曲でデビューしたバーズは、一気にUKとUSチャートで1位を獲得している。一月もかからずにコピーされたディランの原曲は、違うキーで、曲調もフォーク寄りで、長さも長かった。バーズのヴァージョンはアレンジされ、ロック寄りのサウンド、マッギンのよく響く12弦ギターとバーズのヴォイス・ハーモニーが彼らの楽曲をダイナミックな印象にしている。ディラン本人はこのバージョンをリリース前に聴き、感銘を受けて〈これなら合わせて踊れるな〉と言ったという。バーズはその後もディランの曲を多くカヴァーし、そのうち20曲が『Byrds Play Dylan』というアルバムにまとめられた。

 

ブライアン・フェリーPositively Fourth Street”

ブライアン・フェリー。この曲はディランの曲の中でも特に怒りに満ち溢れた、道を違えた友人のことを歌った曲だ。曲の構造はシンプルで、コーラスやリフレインもなく、ニルヴァーナが曲名も歌詞の中には出さないスタイルを流行らせる以前から、同じことをしている。ディランのヴァージョンではアル・クーパーが渦巻いて踊っているようなオルガンを歌詞との対比で聴かせているが、ブライアン・フェリーは深く沈むような歌声と、前半部分のソロピアノが荒涼として不吉な印象を与えている。フェリーはディランの曲のカヴァーのみのアルバム『Dylannesque』を上梓している。

 

マデリン・ペルーYou’re Gonna Make Me Lonesome When You Go

マデリン・ペルー。これはアルバム『Blood On the Tracks 』に収録されている、一時代を築いたラヴソングだ。親密で、会話をしているかのような歌詞をアメリカ生まれ、フランス育ちのジャズシンガー、マデリン・ペルーが美しく歌い上げる。ペルーは15歳でストリート・シンガーとして歌手のキャリアをスタートしたが、2004年、30歳の時にほぼカヴァー曲で構成されたアルバム『Careless Love』で成功の足がかりを掴む。このアルバムは北米とヨーロッパでゴールドアルバム(売上100万枚以上)となった。この曲自体は女性シンガーに人気で、マイリー・サイラス、ジョーン・オズボーン、ショーン・コルヴィン、マリア・マルダーなどに録音されている。また、エルヴィス・コステロの『Kojak Variety』にもボーナス・トラックとして収録されている。

 

プリテンダーズForever Young

プリテンダーズ。74年のアルバム『Planet Waves』は、プリテンダーズとディランが一緒に録音した、アサイラム・レコードからは最初で最後のアルバムになる。このアルバムはチャート1位になるが、ほとんどの曲はあまり演奏されず、この曲は飛び抜けて知名度が高い。78年にディランが東京でライヴをレコーディングしたものがシングル・カットされ、ヨーロッパでリリースされている。この曲はディランが息子のジェスの子守唄として書いたものが元になっている。ボクシングのファンは、モハメッド・アリが36歳でヘヴィー級タイトルを3度目に獲得した時、アナウンサーのハワード・コセルがこの歌詞を暗唱したのを覚えているだろうか。ダイアナ・ロス、ジョニー・キャッシュ、ザ・バンドやジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッドでもソロでも多くのディランの曲をカヴァーしている)など、多くのシンガーがこの曲をカヴァー録音している。また、スティーブ・ジョブスの葬式でノラ・ジョーンズがこの曲を歌ったのが有名だ。

 

ここにはとても書ききれないほど、ボブ・ディランには多くの素晴らしい曲があり、明日またリストを作れと言われたら別のものをピックアップするかもしれないくらいだが、今日ここに挙げた曲は全て卓越したものばかりだ。また、これ以降も新たなミュージシャンが、また多くの新たなヴァージョンのボブ・ディラン・ソングを生み出してくれるだろう。

ボブ・ディランは、フジロック2018に出演するため、今年日本に戻ってくる。

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.

関連アーティスト