INTERVIEW

藤田恵名 『言えない事は歌の中』 〈脱げるシンガー・ソングライター〉が歌に込めた、ジャケット以上にネイキッドな気持ち

藤田恵名 『言えない事は歌の中』 〈脱げるシンガー・ソングライター〉が歌に込めた、ジャケット以上にネイキッドな気持ち

アーティスト活動を根幹としつつ、グラビアアイドルやタレントとしても活躍し、ビキニ姿でライヴを行うなど、〈今いちばん脱げるシンガー・ソングライター〉として注目を集める藤田恵名。メジャー進出作となる2016年のミニ・アルバム『EVIL IDOL SONG』でヌードジャケットに挑戦し、同じくジャケでセクシーな姿態を披露した昨年のフル・アルバム『強めの心臓』は、2017年のMikikiでもっともレヴュー記事が読まれた作品に。それら〈脱げる〉という話題が一人歩きして、イロモノのように見られがちな部分もあるが、もちろん彼女の本当に言いたいことは歌の中にある。

ということで、このたびリリースされる藤田恵名のニュー・シングルのタイトルは、ズバリ“言えない事は歌の中”。作詞/作曲は藤田本人、編曲は彼女の活動をインディー時代から支える田渕ガー子という体制で、エッジの効いたギター・ロックに乗せてキレイごとを一刀両断する言葉をぶつける、攻撃的なナンバーとなっている(先日公開されたMVの〈未検閲ver.〉も、藤田の胸元から血しぶきが上がる攻めの内容だ)。ひとつひとつの物事や感情に真正面から向き合い、誰のものでもない自分の言葉のみを積み上げて作られた彼女の歌には、ジャケット写真以上にネイキッドな気持ちが込められてるようにも思う。その音楽の源泉から新作への想いまで、赤裸々に語ってもらった。

藤田恵名 言えない事は歌の中 キングレコード(2018)

なぜ水着で歌うのか

――そもそも歌を志すようになったきっかけは?

「3歳か4歳の頃に親の前で『(美少女戦士)セーラームーン』の曲を歌ったらすごくほめられたんです。そのときに〈もっとほめてほしいなあ〉と思ったんですけど、小学校にあがる頃に新聞でボーカル&ダンススクールの生徒募集が載ってるのを見て、お母さんに〈ここに通ってみたい〉とお願いして。その後、10歳のときに初めて人前で歌ってからは、地元の福岡でいろんなコンテストに出たり、ショッピングセンターで歌ってました。なので、下積みは17年ぐらいあります(笑)」

――人前で歌うのが好きだったのでしょうか。

「最初は緊張してたんですけど、もともと親戚の集まりで歌ったりはしていたので、(緊張で)歌えなくなるようなことはなくて。今の私を見てもわかると思うんですけど、当時からすごく目立ちたがりで(笑)、学芸会で主役をやったり、人前に立つことはすごく好きでしたね」

――その頃はどんな音楽を聴いたり歌ってたのですか?

「宇多田ヒカルさんがデビューされたときは〈すごい!〉と思いましたし、あとはMr. Childrenとか、親の影響でサザンオールスターズとかを聴いてました。その頃は、親が毎週水曜日にレンタルショップでオリコンの20位までに入った曲を借りてきて、それをMDに編集したものを毎朝聴くのが日課だったんですよ。なので、逆に言うと流行ってる曲しか聴いてなかったんです。それとSPEEDがすごく好きだったので、SPEEDの曲をダンスしながら歌ってました」

――そこからなぜ自分で曲を作って歌うように?

「福岡の事務所に所属していたときに、MISIAさんやSMAPに楽曲提供されてるプロデューサーさんが曲を書いてくださってたんですけど、事務所の人に〈これウン十万する曲なんだからな〉と言われて驚いちゃって(笑)。私は当時、宇多田ヒカルさんとかMISIAさんみたいに歌い上げるタイプの曲が歌いたかったんですけど、その頃歌ってたのはアイドルっぽいキラキラした曲で、〈こういう歌を歌いたいわけじゃないんだけどなあ〉と思ってたんです。それなら〈自分で曲を作ったほうがコスパがいい!〉と思って、高校1年生のときにピアノを弾きながら作り始めたのがきっかけです。自分で作ったほうが思ってる言葉を歌詞にできるし」

――そのときから自分の中に歌いたい歌があったんですね。

「ありましたけど、聴いてた曲が、どポップだったので、凝ったコード進行とかも全然わからなければ……まあ、それはいまだになんですけど(笑)。思うようには作れないと思いながらも、歌詞は書き溜めてたものを使ったりして。やっぱり自分の言葉を歌いたいという気持ちはずっとあったので。でも、年を重ねるにつれて、言いたいことが時々で変化するので、曲はそのときに言いたかったことを書いてます」

――〈なぜ水着姿で歌うようになったのか?〉という疑問もあるのですが。

「それは上京して初めて入った事務所が理由です(笑)。私は音楽もやってる事務所だと勘違いして入ったんですけど、〈うちは水着になんなきゃ仕事ないよ〉って言われて(笑)。私はそれまでプライベートでも水着を着たことなくて、どちらかと言うと隠してたんです。でも〈そうなんだ〉と思って、初めての水着のお仕事が撮影会だったんです。そうこうしてるうちに〈ミス東スポ2014〉のグランプリをいただいて。〈あれ? これは水着を着なくなるのはもったいないかも〉と思うようになって、じゃあ水着でライヴをしたら、他の人よりも頭ひとつ目立てるし、水着と音楽を合体させたほうが私を知ってもらうには早いと思ったんです。受賞歴があるというのも免罪符で、〈他の人が見よう見まねでやっても私はグランプリだし〉っていう思いの強さもあってできました(笑)」

――思い切りがいいですね。

「行動力はあるとよく言われるので。でも、普段は生きててもこだわりがないというか、〈そのほうがいいのかな?〉と思ったらそっちのほうに行っちゃうんですよね。別に意志がないわけじゃないんですけど。嫌いな食べ物もなくて、マズいとかよりも〈私にとってはマズくても、この子はこういう食べ物なんだ〉と思ったら食べられちゃうし。たぶんそれが思い切りのよさにつながってて、〈これはこういうものなんだ〉と思い込んでやってるんです」

――ギターはいつ頃から始めたのですか?

「ギターは水着を着て歌うようになってから独学で習得したんです。アー写でギターを持ってるのに弾けないのはクソダサいなと思って(笑)。私はもともとは鼻歌とかDTMで曲を作ってたんですけど、やっぱりギターを持ってると見た目がシンガー・ソングライターっぽくなるじゃないですか」

 

心のどこかで〈お前らにわかってたまるか!〉と思って歌ってる

――そういう思い切りのよさもあって、藤田さんは今シンガー・ソングライターとしても注目を集めてますけど、〈水着〉というキャッチーな入り口がありつつ、歌は意外と重いものが多いですよね。歌詞もけっこう明け透けな内容で。

「そうですね。活動していくうちにどんどん〈みんな幸せ、ハッピー!〉みたいな曲が歌えなくなってしまって(笑)。スレていってるのか何なのかよくわからないんですけど、言いたいことがもっと奥の奥のほうまで……SNSとかで書けないようなこととか、〈これ言ったら勘違いされるかな?〉っていうようなことも、歌でなら書ける、歌なら許される、と思ってるところがあるんです。明け透けと言われたら本当にその通りなんですけど、でも、心のどこかで〈お前たちなんかにわかってたまるか!〉と思って歌ってるので(笑)」

――そんなお気持ちで歌ってるんですね(笑)。

「例えば、女の子の気持ちを代弁した曲を歌っても、私のライヴのお客さんはほぼ男性なので、〈お前らにわかってたまるか!〉ってなるじゃないですか(笑)。本来なら〈大好きだよ、ありがとう〉みたいな歌を歌ったほうがファンはうれしいとは思うんですけど、〈私はそういうことを歌いたいんじゃない〉という気持ちがあって。それこそ入り口はキャッチーなんですけど、すごく攻撃的というか。でも私自身がみんなに理解してほしいと思って曲を作ってるわけではないので、そこは全然いいかなって」

――たしかに、誰かに理解してもらうためというよりも、自分のために歌ってる感じはすごくあります。

「ホントですか? 結局は自分に返ってくることなので、例えば私の曲を聴いてくれてる人が、ふとしたときに歌のワンフレーズを思い出してくれたらうれしいなとは思ってて。人のために歌っても、その人の一生の宝物になるような曲は作れないと思うから、それなら自分の思いを曲にぶつけて、そのどこかに〈このフレーズ共感できる〉とか思ってもらえたほうが、自分の気が楽というか。そういう意味では、万人受けはとっくに諦めてて(笑)。自分の歌いたい曲を歌ってます、はい」

――その自分の気持ちに正直なところがすごくいいなと思って。〈ミスiD2017〉の自己紹介動画もそうですけど。

「私、あの動画、いまだに見てないんですよ(笑)。怖くて見れないんです。でも、福山(雅治)さんがあの動画をご覧になったみたいで、ファンクラブ向けの会報誌に〈シンガー・ソングラドルの藤田恵名さんの動画を見た〉って書いてくれたらしくて、あの動画の再生数がめっちゃ増えたんです。〈もうやめて~!〉と思ったんですけど、でも福山さんに届いたのは良かったです(笑)」

――ああいう複雑な嫉妬の感情を、公の場で自分から正直に告白してしまうなんて、なかなかできないことですよ。

「本当に明け透けですよね。なんか思ってることを言ったら、あんな感じに感情が高ぶっていった感じです、はい……。普段の生活でも、本来、人が言えないようなことを、良くも悪くも言ってしまう部分があるんですよね。仲の良い子に〈動物の○○に似てる〉とか平気で言ってしまったりして、〈いまのはちょっとなくない?〉とか〈あれは言わないほうがいいと思うよ〉とか言われるんですよ(笑)。普段から自分の感情をあまり隠すことがないのかな? だからSNSはすごく気を使っちゃって、やりづらいなあと思ってて」

 

常に何かと戦っている

――そういう性分だからこそ、歌の中で自分の気持ちをさらけ出してしまうんでしょうね。今回のシングルの表題曲も、タイトルが“言えない事は歌の中”となっています。

「最初にこの曲の歌詞を書いたときは、もっと言えないことだらけだったんですよ。でも、メジャーのシングルの表題曲ということで、削った部分もけっこうあって。〈早くあの子ふけないかなあ〉とか(笑)」

――ストレートに攻撃的ですね(笑)。

「私が抱いてなくても、〈こういう感情をあなたも思ったことあるよね?〉ということを書きたいなと思って。でも、やっぱりメジャーで出すときのさじ加減というのがあって、具体的と抽象的のバランスのとり方を考えながら書きました。前回のアルバム(『強めの心臓』)を出したときに、レコード会社さんが歌詞について倫理協会みたいなところと戦ってくださったんですよ。結局歌詞は変えずに済んだんですけど、そういう苦労話を聞くと、私も歩み寄らなくてはならないという気持ちがありまして(笑)。もっと突っ込んだことを書きたかったけど、歌詞は苦労しました」

――とはいえ、この曲の歌詞もぬるいところが全然ないですよね。〈色の足りない世界で 身代わりの歌ばかり歌ってる〉というラインからは、いろんなところに対しての反抗心が見えますし。

「そうですね。常に何かと戦ってて、常に何かに対して反抗してるので(笑)。その戦闘力みたいなものは、ずっと衰えたくないと思ってて。大人になって丸くなることも大事だとは思うんですけど、なんかつまらなくなったって思われるよりは、常に戦闘態勢でいたいと思うので。この歌を聴いてギクッとなる人がいればいいなあと思って書きました」

――その攻めの姿勢の原動力は、どこからきてるのでしょうか?

「たぶん自分自身をすごくおもしろがってるんですよ。もっと平坦にも生きられたはずなんですけど、芸能を志す時点でギャンブラーだと思ってますし、脱いだりとか、やったことない仕事に飛び込んでみたりもして。そのなかで叩かれたり、嫌なコメントをされたりするのを見て〈なにくそー!〉と思うのが戦闘力になって、それが自分のなかでライヴをしたり歌を作る活力になってるんです。そもそも自分がつまんなかったらこの人たちは叩かないだろうし、叩き甲斐があるから叩いてるんだろうなと思って。私は私で自分を客観視できてるのかはわからないけど、おもしろがってはいます。明日何をしてるのかわからないし(笑)」

――この曲の歌詞で言うと〈ちょうどいいなんて一瞬だ〉といった、刹那的なフレーズと重なる部分がありますね。

「そうですね。ちなみに私、明日は大阪のパチスロ店で仕事なんですよ。今はこうやってマジメに曲のことを語りながら、明日はほぼ一日中スロットをやるんだと思うと、おもしろいなあと思って(笑)。出来合いのおもしろさというよりかは、なんか大丈夫かよっていう感じなんですけど、〈まあおもしろいからいいか〉という感じなんです(笑)。あとは体力がもつかの問題で」

――サビの〈瞬く夜に学んだ 運命に動じちゃいけない〉という部分を含め、全体的に〈絶対的な幸せ〉を信じない覚悟みたいなものも感じられます。

「私は普段から人にあまり期待してないというか、いまある状況も一生続くわけじゃないし、いつ崩壊するかわからないという思いがあって。もし運命を覆されるようなことがあっても、それに動じずに〈これはこういうものなんだ〉って思っていかなくてはいけないっていう。それは自分への戒めでもあって、何かあったときに落ち込んだりするんじゃなくて、それすらも活力にするべきだと思うんです。〈学んだ〉っていう単語を入れるかもすごく悩んで、そう書くと途端に受け身っぽく聞こえる気がしたんですよ。人から教えられるのではない〈学び〉について言いたかったんですけど、でも日々が学びだしなあとも思って。歌ってみてしっくりきたので、これでいいかなと思って」

――そのお話にも繋がるんですけど、藤田さんの歌詞はどれも誰かの借り物ではない言葉で書かれてる印象が強くて、ちゃんと自分の中から言葉を絞り出して書いてることが伝わってくるんですよね。

「うれしい~! 曲を作るときは絶対に他の曲をシャットアウトするんですよ。やっぱり世の中には歌が溢れてるじゃないですか。それが例えいい言葉でも〈めっちゃ聞き飽きたわ〉みたいなものはなるべく使いたくないというプライドがあって。だからそれを評価していただいたのはすごくうれしいです。歌詞は本当に絞り出して書いてて、歩いててもしょっちゅうメモとかを取って、それを後から繋ぎ合わせたりもしてるんです。いざ作ろうと思うと作れなくて、日々のストックでしか作れないんですよ」

――それと歌詞もそうですが、藤田さんは歌い方にも体当たりの剥き出し感がありますよね。

「私はもともとMISIAさんとか絢香さんみたいに歌い上げる系の歌手をめざしてたので、もっとキレイに歌うことも可能なんですけど、その歌い方だと私の言いたいことは伝わらないと思って、試行錯誤した結果、今の叫ぶというか声を枯らしながら歌う感じになって。そこはすごく苦戦しました。私、長渕剛さんが自分からお酒で喉を潰したエピソードがすごく好きで、自分の表現方法を得るために歌い方すら変えたことがすごくカッコイイと思うんですよ。私もその壁にぶち当たったんですけど、今は魂の叫びという意味で歌ってて、それで下手だと思われても全然平気なんです」

 

恋愛ソングよりも大事に書いたラヴ・ソング

――一方でカップリングの“永遠の音”はどんなイメージで作った曲なのでしょう?

「どちらかと言うとこっちのほうが〈言えない事は歌の中〉という感じなんですよ(笑)。こっぱずかしいんですけど、私は年を重ねるにつれて友達の作り方がわからなくなってきてまして、そんななか、去年に〈この子のことは信頼できる、自分が困ったときに駆け付けてくれる子だ!〉って思える女の子と出会うことができたんです。この曲はその子に向けて書いた曲で、もともとCDにするつもりもなかった、その子への思いをただ書いたラヴ・ソングなんです(笑)。恋愛対象として女性が好きなわけではないですけど、恋愛ソングよりも慎重かつ大事に書きました」

――めちゃくちゃパーソナルな曲じゃないですか(笑)。

「そうなんですよね。ただ、それを人前で歌うものとして書いたときに、例えば〈緑茶ハイ好きだよね〉とか書くと聴く人を限定してしまう気がしたので(笑)、それこそ具体的かつ抽象的なバランスを考えて歌詞を書いた曲で。カップリングは別の曲を作りかけてたんですけど、この曲はライヴでも評判が良かったので、ダメもとでレコード会社の担当者さんに提案してみたら収録が決まって。世に出ることになってすごくうれしいです」

――ちなみにその相手には聴かせたんですか?

「相手は鎌田紘子ちゃんっていう芸能をやってる子なんですけど、その子と一緒にイヴェントをしたときに初披露で歌って……なんか自作のラヴ・ソングを彼女に歌って聴かせる彼氏みたいでヤバイ人ですよね(笑)。でも、最前で聴いてくれて、めちゃめちゃ泣いてて、この曲を作って良かったなと思って。その子のファンの人たちも泣いてて、異様な光景だったんですけど(笑)」

――さっき〈友達の作り方がわからなくなってきた〉とおっしゃってましたけど、昔は違ったんですか?

「昔は同じクラスの子はみんな友達みたいな感覚でいたんですけど、今は〈こんな難しかったかな〉という気持ちがあって。例えば、同じ仕事をしてても、どこか足の引っ張り合いがあるじゃないですか。そうなったときに、どこまで自分のことを明かすか、人を選んでものをしゃべらなくてはいけない考え方がすごく嫌だなと思って。それなら誰とも一緒にいることはできないと思ってたんです」

――だけど鎌田さんと出会うことができたと。個人的には〈集合写真が似合わない私を笑わなかった〉という歌詞が印象に残りました。

「私は群れることが得意じゃない側の人間で、例えば集合写真を撮っても、パッと見たときに自分だけが浮いてるように感じられたりするんです。どこの場にいても馴染めない感情があって、それを笑わないでいてくれて、群れることが正義じゃないということを教えてくれたのが、彼女だということを伝えたかったんです」

――タイトルの“永遠の音”というのは何を指してるのでしょうか?

「これが永遠だったらいいなあという気持ちと、そもそも永遠ではない、電子音じゃない限りいつか鳴り終わる〈音〉をくっつけてみたんです。タイトルは躊躇なくこれに決めました」

――絶対的な幸せを否定して毅然と歌う“言えない事は歌の中”と、永遠の絆を願う“永遠の音”。ある意味、相反する内容の楽曲をカップリングしたシングルになりましたね。

「なんか人間味があればいいかなあと思うんですよね。すがっているように聴こえるカップリングと、向かうところ敵なしみたいな感じの表題曲で、私自身にしてもどっちの面もあるとも思うので」

 

〈脱げるシンガー・ソングライター〉、なぜ歌う

――藤田さんは何のために歌っているのか、自分で考えることはありますか?

「自分の核、ブレない部分というのは、親がずっと応援してくれてたということですね。あまりお母さんのことを言うとお涙頂戴みたいになるので嫌なんですけど、死んでしまって、いつも見てもらえる場所に行っちゃったからこそ、常にがむしゃらでいなければ失礼だなという思いでいるので。なので親孝行したいという気持ちがありつつ、でも、目に見えない何かとはいつも戦ってますね(笑)」

――自分は今回のシングルや過去作を聴かせていただいて、〈藤田恵名という人は歌わないと生きていけないんじゃないか?〉ぐらいのインパクトを受けたんですよ。

「たしかにライヴのない期間はフラストレーションが溜まって、〈このぼんやりした気持ちをどうやって外に出せばいいんだろう?〉とは思いますね。あまりそこまでは考えてなかったんですけど、人に言われるとそうかもしれないと思ってしまいます(笑)」

――ノセられやすいですね(笑)。

「私、チョロいんです(笑)。だから本当は鎌田ちゃんだって私のことをそこまで友達とは思ってない可能性もありますよね(笑)」

――でも、藤田さんはこれからもずっと歌い続けていかれるんだろうなと思います。

「私もできる限り続けていきたいですし、ずっと音楽しかやってこなかったので、たぶんこれからも音楽という表現方法にすがっちゃうんだろうなという気持ちはありますね。つまんなくなったなあとは思われたくないので、ずっと攻めていきたいです!」

 
関連アーティスト