2018.07.09

前作から約1年ぶりとなるミニ・アルバムは、これまでも楽曲やライヴ・サポートを手掛けてきたmabanuaがトータル・プロデュースを担当。アコースティックを基調としながら、どこかザラッとした仕上がりとなっており、よりグッと大人っぽくなった藤原さくらを感じられる内容だ。一つ一つ物語を紡いでいくように優しく響く、スモーキーな歌声もグッと胸に刺さる。のんびりとした昼下がりが似合う一枚。

関連アーティスト