INTERVIEW

King Gnu『Sympa』 ブレイク必至のクリエイティヴ集団が刺激的なメジャー・デビュー作で誘う共鳴とは?

King Gnu『Sympa』 ブレイク必至のクリエイティヴ集団が刺激的なメジャー・デビュー作で誘う共鳴とは?

凄まじい勢いと刺激的なクリエイティヴで周囲を巻き込みながら猛進する、ポップでアーティスティックなサウンドの大群——新しい時代の感受性よ、いまこそ共鳴せよ!

どこを切っても筋が通ってる

 ヌー(哺乳綱ウシ目ウシ科ヌー属)はアフリカ大陸を移動しながら小さな群れを吸収し、時に数十万頭に及ぶ大群になるという。〈ヌーの如く人を巻き込む力を持つバンドであれ〉という意思を込め、バンドの首謀者である常田大希によって名付けられたKing Gnu(キング・ヌー)は、瞬く間に耳聡いリスナーの注目を浴びる存在になった。2017年10月のファースト・アルバム『Tokyo Rendez-Vous』から“Vinyl”“Tokyo Rendez-Vous”など斬新なMVがYouTubeヒットを記録し、同時期に米津玄師のアルバム『BOOTLEG』に常田が演奏&プロデュースで参加したことで、その名は一気にマス・レヴェルへと知れ渡り、現在に至る。

 「もともと〈こういう音楽をやりたい〉というものがあって、それに適した人を探していたんですね。例えばドラムだったら派手に叩ける奴、とか」(常田大希、ギター/ヴォーカル)。

 「俺と大希がセッションで出会って、俺がいちばん好きなベーシストを連れてきて、大希が幼馴染みのヴォーカリストを呼んで、4人が集まった感じです」(勢喜遊、ドラムス/サンプラー)。

 「話したいことがあるって、渋谷のカフェに呼び出された気がする。〈おまえを入れたいと思ってるんだけど〉と言われて、〈やりたい〉って即答しました」(井口理、ヴォーカル/キーボード)。

 「理はとてもマス向きな声をしていて、技術があっていろんな声が出せる」(常田)。

 「僕はブラックなノリのセッション・ミュージシャンをやってた時期があって。一度サポートをやった時にそういう要素がバチッとハマったみたいで、そのまま加入したという感じです」(新井和輝、ベース)。

 みずからの音楽スタイルを〈トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル〉と称するように、その音楽性は実にエクレクティックかつ多岐に渡る。新井はジャズやブラック・ミュージック、勢喜はダンス・ミュージック、常田と井口は東京藝術大学でアカデミックな教育を受けつつ、井口はJ-Pop、常田はオルタナティヴ・ロックを中心にオールマイティーに——そのような多様なルーツや嗜好を活かし、常田の描く設計図を元にキャッチーな現代的ミクスチャーに着地させるのがKing Gnuスタイルと言っていい。

 「俺はどこのシーンにいたというわけでもなくて、あらゆるところに足を突っ込んでた感じですね。そこで学んだこととして、例えばセッション界隈ではすごくプレイヤーシップが素晴らしい反面で歌詞やサウンド・プロデュースが弱いとか、逆にポップスの界隈は言葉の使い方がおもしろいけどサウンドの追求が弱いとか。そういうものを反面教師にして、King Gnuはより強い表現でいいとこ取りバンドになろうとしたんですよ。あらゆる面を切ってもちゃんと筋が通ってるものにする、その意識は他のグループよりも強いんじゃないかな」(常田)。

 

世代を超えて巻き込んでいきたい

 年明けにリリースされるセカンド・アルバム『Sympa』は、猛スピードで成長を続ける彼らの現在を正確に映し出した作品になった。配信ヒットの“Flash!!!”やMV公開済みの“It's a small world”、TVアニメ「BANANA FISH」のエンディング・テーマとなったシングル“Prayer X”という先行曲を含む13トラックを一聴して気付くのは、音像のヴァリエーション、メンバーのプレイヤビリティーが長足の進歩を遂げていることだ。

King Gnu Sympa ARIOLA JAPAN(2019)

 「“Flash!!!”ぐらいからガッチリ組み合った感覚があるんですよ。“Flash!!!”はストレートなロックのビートにブラックなベースラインをぶつけていて、“Prayer X”にもそういう要素があるし、どの角度から見てもぶつかり合って火花を散らす、それがこのバンドの魅力になってると思います」(新井)。

 「King Gnuは生バンドと打ち込みのビート・ミュージックとの間にいるバンドで、それが自然と馴染んできた感じがありますね。もともと小さい会場でセッションしてきたメンツだけど、よりデカい会場にチューンされてきて、細かい手数が減った代わりにもっと大きく気持ちいいものが増えてきた感じはあります」(常田)。

 アルバムは、〈所詮ロックンローラーは愛と人生しか歌えないんだ〉というパンチラインが光る攻撃的なオルタナ・サウンドの“Slumberland”で幕を開け、中盤にはゴスペル・ライクなミディアム・バラード、ストリングス・アレンジの美しいバロック・ポップ、ヘヴィーなヒップホップ・ビートなどを配し、ラストは壮大なバラードで天へと昇る。バンド・サウンド、打ち込み、コーラス、弦など、楽曲の魅力と才気溢れるアレンジの見事さも、前作から大きく飛躍したポイントだ。

 「アルバムの中でキーになってるのは“Slumberland”と最後の“The hole”で、そこに伝えたいことが凝縮されてると思ってます。このバンドにはビート・ミュージックの王道さがあって、それが“Slumberland”には強く出てるし、逆に“The hole”はこの一年、J-Popの名曲と言われるものをたくさん聴いてきたなかで自然と出てきた曲で、ここまで骨の太いバラードを作れたのは初めてかもしれない。King Gnuはこういう曲もできちゃうし、パンク的なアティテュードのものも孕んでいる。両面あるんですよ」(常田)。

 「“Hitman”はライヴでやっててすごく気持ちいい曲。音源のギター・ソロもヤバイことになってるし、全体の音像から色と景色が見えてくる。理の歌うメロディーがポップで、しかも重心が低いサウンドになっているという、イイ曲ができたなと思いますね」(新井)。

 「“Bedtown”みたいな、ファンキーな勢いのある曲が好きな人もいるだろうし」(勢喜)。

 「これだけ楽曲の幅があるから、いろんな世代の人が自分なりに好きなポイントを見つけられる、受け皿の広さがあるなと思いますね。世代を超えていきたいです」(常田)。

 『Sympa』=シンパとはその思想に共鳴する同志を指す言葉で、そこには年齢制限もジャンルの壁も何もない。King Gnuは音楽であり、思想であり、行動であるという斬新なアート・フォーマットを用意して、あなたの参加を待っている。

 「めざすのは、シンパを募ってどんどん広げていくこと。King Gnu自体がそういうコンセプトで作ったバンドなので、どんどん巻き込んでデカくしていきたいなと思います」(常田)。

 「これだけ歌ものとバンドの強みが同居しているアルバムは他にないと思うので。〈これはいままで聴いてきた音楽ではないぞ〉って潜在意識に訴えかけて、音楽の聴き方がちょっと変わったりするんじゃないかなと思います」(井口)。

King Gnuの作品。

 

次ページ共鳴して繋がったメンバーたちの参加作品を紹介!
関連アーティスト
プレイリスト
pagetop