TOPICS

Michael Kanekoがニュー・シングル“When We Were Young”をリリース。カリフォルニアと湘南で撮影したMVも公開

Michael Kanekoが新曲“When We Were Young”を各種ストリーミング・サーヴィス、ダウンロード・サイトでリリースした。

“When We Were Young”のリリースに際して、Michael Kanekoは以下のコメントを発表。

Time only makes us older
I've forgotten the lessons I've learned
When we were young

年を取れば成長して学んでいくことは沢山ありますが、
中には全く成長しない部分、同じ失敗を何回も繰り返してしまうこともあると思います。
若い頃の自分と全く変わってないな、、、と思ったときに書いた曲です。

〈いくつになっても懲りない自分〉を歌ったという歌詞、そしてイントロの抜けがいいドラム・サウンドに象徴される、さわやかでオーセンティックなアコースティック・アレンジが対照的な一曲となっている。

また、同曲のミュージック・ビデオも公開に。MVはKanekoが青春時代を過ごしたカリフォルニアと湘南で撮影。旧友の結婚式のために訪れたカリフォルニアでは、Kanekoみずからカメラを回したとのことだ。

東京生まれ、南カリフォルニアで育ったシンガー・ソングライター/ギタリストのMichael Kanekoは、SpotifyなどでヒットしたAmPmのデビュー・ソング“Best Part of Us”の歌い手として名を馳せ、瞬く間にその名を世界に知らしめることになった。同曲は2019年1月現在、2,000万回超の再生回数を誇っている。

ソロ・アーティストとしては2017年に“Lost In This City”をリリース(こちらも220万回再生されているヒット・ソングだ)。同曲を収録した『Westbound EP』を発表した後は、各地のフェスティヴァルやCM、TV、ラジオなどでひっぱりだことなっている。

Kanekoの才はソロ・アーティストとしてのものに留まらない。プロデューサー/ソングライターとしても才能を発揮し、昨年は20曲以上の楽曲に参加。あいみょん、さかいゆう、藤原さくら、KERENMI(蔦谷好位置)、AmPm、BENI、s**t kingz、Kenichiro Nishihara、majiko、SING LIKE TALKING、村上佳佑、Rude-α、Miyuu、柔和智也、Evanturetime、Ovall、Kan Sanoら多数のアーティストを手掛けた。その八面六臂の活躍は、以下のプレイリストでぜひチェックを。

2018年、その名前と歌声を聴かない日はなかったと言っても過言ではないMichael Kaneko。2019年の幕開けを飾る“When We Were Young”を聴きながら、否が応でもデビュー・アルバムを期待してしまう。充実の一年を経た彼の今年の活動に、ファンも大きな期待を寄せていることだろう。

関連アーティスト
pagetop