INTERVIEW

クマリデパート『ココデパ!』 4人の歩みと成長が刻まれた千客万来のファースト・アルバムを語る!

【ZOKKON -candy floss pop suite-】 第89回 Pt.1

クマリデパート『ココデパ!』 4人の歩みと成長が刻まれた千客万来のファースト・アルバムを語る!

待望のフル・アルバム、ついに開店したよ!!!!

 クマリデパートがファースト・アルバム『ココデパ!』をリリースする。“あれ?ロマンチック”“シャダーイクン”といったグループ躍進のきっかけとなったシングル群はもちろん、定番曲“愛Phone渋谷”をはじめとする初期の楽曲を再録した本作は、グループのほぼすべてが詰まった決定盤となった。グループの歩みといくつもの成長が刻まれた『ココデパ!』について、メンバー4名にじっくりと話を訊いた。

クマリデパート ココデパ! MUSIC@NOTE(2019)

 

——初期の曲が再録されていますよね。初期メンバーのナコさんとニコさんは特に変化を感じるのではないでしょうか。

早桜ニコ「歌割も新しくなったものが、やっとライヴ以外でも聴いてもらえるのは本当に嬉しいです」

優雨ナコ「いままでは〈あの曲の音源ないの?〉って訊かれても、3人時代の音源しかないからちょっと薦めづらいところもあったんです。それが堂々とお薦めできるのも嬉しい。昔のと比べると結構違うよね?」

早桜「全然違う。前よりはうまくなった……なっててほしい(笑)。ライヴでたくさん歌ってきたので、気持ちはちゃんと込められてると思います。最初のレコーディングの時は何もかも初めてで、ただ歌うことしかできなかったんですけど、例えば“シャダーイクン”の時はでんぱ組.incさんが好きなので、声のトーンをイメージして歌えるようになったかなと思います」

優雨「私は下手すぎて、初期のレコーディングは早く帰りたいっていうくらいこわかったです。自分の声が人に聞こえてるのもこわいし、どうせみんな私のこと下手だと思ってるだろうって。自信がなさすぎました。でも今回録り直したときは〈もうちょっと歌えないかな?〉って自分でも思うようになったんです」

早桜「わかる! ちょっと言えるようになったよね」

優雨「〈ここ大丈夫でしたかね?〉とか言えるようにね。あと、歌ってて楽しいと思えるようになりました」

——3年やってきてやっとそう思えた(笑)。加入組の2人は初期曲の再録についてはいかがですか?

小田アヤネ「小田的には“いくじなし”が好きなんですけど、4人で歌えたのがめっちゃ嬉しかったです」

楓フウカ「入った当初は歌に感情がなかったので(笑)、自分がいま出せる全力の歌が4人ヴァージョンになって聴けるのはよかったなって思います。でも、もともと聴いていたのが可愛らしい声の人たちの歌だったので、そこにフウカの低い声が入るのはちょっと違和感がありました。大丈夫かなって」

早桜「大丈夫だよ!」

優雨「あと、今回のアルバム収録に向けて“あいろにー!”とか“二十四時間四六時中”とか、編曲し直していただいている部分もあって。そこも聴いてほしいです」

——新曲についても聴かせてください。まずは“ウダガワ・ヨッキュー”。

優雨「小田の〈渋谷いこ~〉って台詞で始まる……」

「渋谷に憧れる女の子の歌で。クマリデパートは渋谷行こうってタイプの集まりではないので、憧れるっていうのはぴったりですよね」

小田「小田なんていちばん言わなそうなタイプなのに、台詞を任されました」

——オフの日は何してるんですか?

小田「寝てます。マジで家から出ない」

「基本、家にいます。引きこもってるタイプ」

優雨「早桜は買い物とか行かない?」

早桜「行く行く。優雨ちゃんも友達と遊んだりしてるよね」

早桜「でも、2人(小田・楓)はいっつも一緒にいない?」

優雨「新大久保でチーズの伸びるやつ食べに行ってなかった? カップルみたいなことしてると思った」

「本場の(チーズホットク)を食べに行こうって。どこも元祖って名乗ってたね……」

——休みの日は家で過ごすけど、2人で遊ぶこともあると。

小田「一緒に行けるアイドルの友達とかがいないんですよね」

優雨「親友ぴがいるらしいんですけど、私たちの間では〈本当にいるの?〉ってなって」

小田「架空だと思われてるんですよ! プリクラを見せても合成を疑われるし」

「親友ぴがいるってツイートを見たときに、〈そんな人いたの!〉ってざわつきました」

——というくらいの人が〈渋谷いこ~〉と誘っているわけですね。泣ける(笑)。

「それと、“ウダガワ・ヨッキュー”はハロー!プロジェクトさんを意識しているところもあって。ハロプロさんのMVを見て研究しました。自信ありげな表情とか」

早桜「ただ笑うだけじゃなくてフフンっていう感じ」

優雨「流し目とかね。前を見つつ後ろに行くみたいな」

「あと、フウカは初めてこぶしを効かせてガナリを入れたので聴いてほしいです。モーニング娘。'19さんの佐藤優樹さんの映像を観て、すごくかっこよかったので、〈こうやって歌っていいですか?〉って提案させてもらって」

——自分から伝えたんですね。

「スマホのボイスメモで録って、こう歌いたいですって送りました。いままでのクマリデパートっぽくないところが出ていると思います」

優雨「いままでと違うと言えば、私が〈ねー次どこいくー?〉っていう台詞を言っているんですけど、パパ活パートと呼ばれていて……(笑)。そのパートでお客さんの反応を見るのは楽しいです。振付けの時も、もっとセクシーにしようということで、顎はこのくらいの角度にするとか、スカートをこれくらいめくるとか、細かいところまで指示をいただきました。この曲は全員大人っぽいところを見せていると思います」

「クマリはいつもニコニコしているイメージだけど、“ウダガワ・ヨッキュー”では違う面を見せられるようにがんばってます」

——もうひとつの新曲が、サクライケンタさん作の“サマーニッポン夏サマー”。

優雨「超好きです。キーが高くてずっとハイテンションで」

小田「サビの息継ぎなしでどんどん進んでいくのが夏!って感じ」

「歌詞がサクライさんっぽくない。そもそも夏がサクライさんっぽくない(笑)。なのにタイトルに3個も夏が入ってる」

優雨「夏フェスとかで盛り上がれるタイプの曲だよね。(歌詞の〈スイカ割りでパカリ〉を見ながら)今年はスイカ割りみんなでやりたいね」

早桜「やりたい! サクライさんもやってくれるかな?」

一同「……」

——いい間ですね(笑)。みなさんの思い入れのある曲を聞いていいですか?

「私は曲じゃないんですけど、〈開店アナウンス〉と〈迷子のお知らせ〉と〈閉店アナウンス〉。アルバムがアナウンスで始まってアナウンスで終わるっていうのはデパート感があるなって思います」

——このイントロを聴いてデパートの設定を思い出しました。

優雨「やっぱ思いますよね! 3年温め続けました(笑)。衣装も学生服っぽかったり、“あれ?ロマンチック”の時はかっこいい系だったりしたんですけど、今回やっとデパートガール風の衣装になりました。初回盤(*完全生産限定盤)は組み立てるとデパートになるんですよ」

「4つ買ってみんなのお家に建ててほしいです」

早桜「私のお薦めは……全部大事な曲なんですけど、これがクマリデパートっていう曲はやっぱり“おいでよ! クマリデパート”だと思っていて。いつもはライヴのSEとして使っているんです」

「アルバム・タイトルの『ココデパ!』はこの歌詞にも出てくる〈こころのデパート〉のことなんだよね」

小田「うん。フル・ヴァージョンがやっと音源化されました」

早桜「なので自分も嬉しいし、お家でもいっぱい聴いてほしいです」

優雨「私は“あれ?ロマンチック”。新体制になって、MUSIC@NOTEさんから初めて出させてもらったシングルで。大森靖子さんが作詞してくれたり、ここから振付けの先生が変わったりして、クマリデパートがパワーアップしたぞっていうのを見せられた最初の曲なので思い入れがあります。衣装もここで急にお腹出しました(笑)」

——ターニングポイントとなった一曲ですよね。小田さんはいかがでしょう。

小田「自分の好きな曲だと、やっぱり新曲の“サマーニッポン夏サマー”。本当に早くみなさんに聴いてほしくて。小田も夏になる前からずっと聴いてます」

優雨「今年の夏はこの曲を聴いてクマリデパートと一緒に過ごしていただけたら!って感じだよね」

——アルバムは自信作ですよね。

早桜「はい! 皆さんに本当に素敵なアルバムを作っていただいたので、あとはひとりでも多くの方に届けられたら嬉しいです」

 

クマリデパートの作品。

 

サクライケンタが手掛けるekoms発の近作。

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop