COLUMN

フライング・ロータスが愛する日本カルチャーを徹底解説!

ドラゴンボール、FF、渡辺信一郎……『Flamagra』の背景にあるもの

フライング・ロータスが愛する日本カルチャーを徹底解説!

多数の音楽家たちが参加し、曼荼羅のごとき音楽が展開されるフライング・ロータスのニュー・アルバム『Flamagra』。本作から浮かび上がるのは、日本のカルチャーとの関係性だ。ブレインフィーダーと日本の繋がりを伝えた記事を参照するまでもなく、彼の日本好きは周知の事実。しかし、彼の創造性との関係は? いまだしっかりと検証されていないポイントを、新作を機にライター・imdkmが紐解いた。

奇しくも6月14日(金)から始まる監督映画「KUSO」の再上映、さらに2018年に続く来日公演〈FLYING LOTUS in 3D〉が9月26日(木)に開催されることが決まったばかり。話題に事欠かないフライング・ロータスの音楽に、日本のカルチャーという側面から切り込んだ本稿をぜひお楽しみいただければと思う。 *Mikiki編集部

FLYING LOTUS Flamagra Warp/BEAT(2019)

 

日本のカルチャーを直接参照した新作『Flamagra』

5月24日に最新アルバム『Flamagra』をリリースしたスティーヴン・エリソンことフライング・ロータス。この2019年上半期きっての話題盤は、彼のコンポーザーとしての成長を反映しつつ元来の作家性を発揮した充実の一作だ。

彼がもともと日本のカルチャーをこよなく愛してきたことはよく知られている。とはいえ、1曲目の“Heroes”では「ドラゴンボール超」(2015~2018年)からのサンプリングが登場するし、チームラボの工藤岳に捧げられた“Takashi”があるかと思えば、同曲にはトーク・ボックス奏者のオノシュンスケが参加。アートワークには気鋭のデザイナー、GUCCIMAZEによるフォントがフィーチャー。さらに“More”のミュージック・ビデオにはかねてからフライング・ロータスがファンを公言し、既にコラボレーションの経験もあるアニメ監督の渡辺信一郎が起用され……という具合に、日本への直接的な参照が目立つ。この機会に、彼にとって日本のカルチャーがどういった意味を持つのか振り返ってみよう。

『Flamagra』収録曲“More”のMV。監督が渡辺信一郎であるほか、キャラクター・デザインは小原秀一で、平岡政展や久保雄太郎らが制作に携わっている

 

フライング・ロータスと日本の音楽

フライング・ロータスの初期の代表曲“1983”(2006年)は荘厳かつスペイシーなシンセサイザーで幕をあげる。冨田勲『月の光』(74年)より、「沈める寺院」をサンプリングしたものだ。冨田はフライング・ロータスの他の楽曲でも使用されている定番ネタとなっている。

冨田以外に特筆すべきは坂本龍一だろう。フライング・ロータスがプロデュースしたサンダーキャットの“A Message For Austin / Praise The Lord / Enter The Void”(2013年)は、冒頭から坂本の“El Mar Mediterrani”(96年)のモロ遣いだ。『Flamagra』日本盤の公式インタヴューでも、坂本からの影響の大きさと愛を語っている。

サンダーキャットの2013年作『Apocalypse』収録曲“A Message For Austin / Praise The Lord / Enter The Void”

ちなみにオノシュンスケのことはSpotifyで坂本慎太郎“ディスコって”のカヴァーをサジェストされて知ったとのこと。アルゴリズムによってこうした出会いが生まれる現代的な状況が、フライング・ロータスと日本との結びつきを更新していることがわかる。

オノシュンスケの2016年のシングル“ディスコって”。坂本慎太郎の同年作『できれば愛を』収録曲のカヴァー

 

フライング・ロータスと日本のゲーム

しかし、もっと重要なのはゲーム音楽だ。

フライング・ロータスは、ニック・デュワイヤーによるドキュメンタリー・シリーズ「Diggin' In The Carts(以下、DITC)」(2014年)にインタヴュー出演し、ゲームとゲーム音楽への愛を語っている。最近のインタヴューでは、「ずっと兄が欲しかった。手に入れたもののなかで一番近いものはニンテンドー(任天堂製コンソールの総称)だ」という印象深い発言もある(Huck Magazine)。

また、〈ファイナルファンタジー(以下、FF)〉シリーズも重要作。〈DITC〉では「ファイナルファンタジーVII」(97年)を生涯ベストの一本とさえ語っているほど。ライヴで〈FF VII〉のサウンドトラックをリミックスして披露するのはお馴染みの光景だ。

「Diggin' In The Carts Episode 5:ロールプレイが叶えた夢」。フライング・ロータスが「ファイナルファンタジーVII」への愛を語っている

そして、フライング・ロータスが監督した映画「KUSO」(2017年)にも楽曲提供で参加したコンポーザーでゲーム・デザイナーの山岡晃を忘れてはいけない。山岡の代表作はコナミのホラーゲーム〈サイレント・ヒル〉シリーズの音楽。フライング・ロータスは同シリーズのサウンドトラックからサンプリングしたことがあり、クリアランスのためにコンタクトをとったことで両者に交流が生まれている。映画的なグラフィックで繰り広げられるグロテスクで不条理なホラー・ゲームは、いかにも彼の嗜好にマッチしそうで、思わず納得してしまう。

 

フライング・ロータスと日本の映画

フライング・ロータスはもともと映画を学んでおり、前述の通り念願の長編監督も果たした映画好き。ことあるごとに三池崇史や塚本晋也、北野武、大林宣彦、石井克人といった日本の映画監督へのリスペクトを公言してきた。

たとえば彼はお気に入りの5本のなかに塚本晋也「鉄男」(89年)を挙げ、ティム・バートンやデヴィッド・リンチに並ぶ手仕事あふれる傑作と評している(Rotten Tomatoes)。また、「『KUSO』に最も近いものは『ナイスの森 The First Contact』だ」という発言も(Vice)。他には、大林宣彦の「HOUSE ハウス」(77年)を「KUSO」と通じる作品として紹介したこともある(Paste)。このように、彼はデヴィッド・リンチやアレハンドロ・ホドロフスキーなどと並んで、日本のカルト的な映画作家を敬愛してきた。

※石井克人、三木俊一郎、ANIKIによるユニット〈ナイスの森〉が制作した2006年の映画

フライング・ロータスが監督した2017年の映画「KUSO」トレイラー

 

フライング・ロータスと日本のアニメ/漫画

フライング・ロータスは5作目の『You're Dead!』(2014年)でアートワークに漫画家の駕籠真太郎を起用、グロテスクでカラフルな作風を遺憾なく発揮した、強烈なインパクトのジャケットで驚かせた。という具合に、日本のアニメや漫画にも造詣が深い。

2014年作『You're Dead!』カヴァー・アート

彼が言及してきたアニメや漫画は、作品単位で言えば書ききれないほど。とはいえ真っ先に思い浮かぶのは〈ドラゴンボール〉シリーズだろう。なにしろ、2011年の来日では孫悟空の道着姿でステージに立った。『Flamagra』の構想を掴んだのはゲーム「ドラゴンボール ファイターズ」(2018年)をやりこんでいたときだったというエピソードも(GQ)。

「カウボーイビバップ」(98年)や「サムライチャンプルー」(2004年)を手がけたアニメ監督の渡辺信一郎も外せない。渡辺はそのハードボイルドかつ洒脱な作風から国内外で高い評価を得ているほか、「サムライチャンプルー」でNujabesなど腕利きのビートメイカーを起用するなど、音楽に深いこだわりを持つことが知られている。かねてからフライング・ロータスは渡辺の作品を愛好しており、渡辺のショート・フィルム「ブレードランナー ブラックアウト 2022」(2017年)に音楽を提供した際には喜びのコメントをツイートしていた(ただし、既に削除済)。以後も、前述の“More”MVやアニメシリーズ「キャロル&チューズデイ」への楽曲提供など度々コラボレーションしている。

2017年の短編アニメ「ブレードランナー ブラックアウト2022」

 

フライング・ロータスが創造性を育んだ〈深夜映画〉の世界

これらに通底する、フライング・ロータスの関心を惹き付けるものとはなんだろうか。エロ・グロを含む過激な描写への傾斜か、あるいは彼の偏愛する映画との関わりか。もっとも端的なのは、幼少期に身近に触れた、あらゆるエンターテインメントの原体験、ということなのかもしれない。〈兄のようなもの〉というTVゲームなど特にそうだろう。しかしもうひとつ注目したい点に、彼がこうしたカルチャーに触れた経路にある。〈深夜映画〉だ。

「深夜映画は君はひとりじゃないって教えてくれるものだと思う。(中略)社会的な経験なんだよ――深夜映画が根源的に示してくれるのはね。君も友人たちとのある種のあつまりで、たくさんの人と一緒に深夜映画を見るだろう。そこでは、グロいホラー映画ってものがある、なんてことも教えてくれるね(笑)」(Paste)。

ゴールデンタイムやお昼時には見られないようなエクストリームな世界を、深夜に友人たちと分かち合う。そのなかには、世界中のカルトな映画にまぎれて、日本からの作品も紛れていただろう。メインストリームからはやや外れつつ、しかしだからこそ強い作家性が存分に発揮された作品が、彼のインスピレーションを刺激したことは想像に難くない。

加えて〈深夜〉が日本のアニメに触れる時間帯でもあったことは注目に値する。

「アダルト・スイムは深夜以降の時間帯でたくさんの新しいアイデアを迎え入れるのを助けてくれた、だからこの地平線上には凄いアイデアがたくさんあると思う。安あがりにつくれて、でも美しく見えるような」(同上)。

アダルト・スイムとは、アメリカのアニメ専門チャンネル、カートゥーン ネットワークが深夜に放送しているプログラム。「カウボーイビバップ」も「サムライチャンプルー」もこのプログラムのなかで放送された。

彼は、大きなバジェットに頼ることなく自らのクリエイティヴィティーに従って邁進するクリエイターの姿を、〈深夜映画〉の世界から学んだ。とりわけ日本のアニメや映画はアメリカで暮らす彼の当たり前を相対化する異世界を見せてくれたのだろう。

日本のカルチャーは彼にとって、エンターテインメントやアートの原体験の象徴であり、あるいは〈深夜映画〉という親密かつ刺激的な〈場〉の象徴といえる。〈チームラボプラネッツ〉のインスタレーションによって〈人々に感動とインスピレーションを与えて、マジックを感じさせる〉というアーティストとしての使命を再確認した、という『Flamagra』の背景をなすエピソードは、彼にとってクリエイティヴな喜びの原点のひとつに日本のカルチャーがあることの、新たな一例になりそうだ。

東京・豊洲にある〈チームラボプラネッツ〉の映像。〈Body Immersive〉というコンセプトで巨大な4つの作品空間を中心とした計7つの作品空間からなる〈水に入るミュージアム〉

 


INFORMATION

FLYING LOTUS in 3D
2019年9月26日(木)東京・新木場 STUDIO COAST
開場/開演:18:30/19:00
前売り:7,500円(税込/ドリンク代別/スタンディング)
※未就学児童入場不可 
企画・制作:BEATINK
お問い合わせ(BEATINK):03-5768-1277

■先行発売
6月13日(木)19:00~:主催者ウェブサイト先行(Eチケットのみ)
BEATINK:http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10322

6月15日(土)12:00〜6月19日(水)18:00:イープラス最速先行
6月21日(金)12:00〜6月25日(火)11:00:ローチケ プレリクエスト
6月24日(月)12:00〜6月26日(水)18:00:イープラス 先着プレ

■一般発売
6月29日(土)〜
イープラス:https://eplus.jp/
ローソンチケット:https://l-tike.com/
チケットぴあ:http://t.pia.jp
BEATINK:http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10322
iFLYER:https://iflyer.tv/

 

KUSO
6月14日(金)〜20日(木)東京・渋谷 シネクイント 
料金:通常料金(R18指定)
http://www.cinequinto.com/shibuya/movie/detail.php
※チケットはシネクイントのホームページにて発売。残席のある場合は劇場窓口でも販売開始
※内容はすべて予定です。いかなる事情が生じましても、ご購入後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします

監督:スティーヴ
音楽:フライング・ロータス/ジョージ・クリントン/エイフェックス・ツイン/山岡晃
出演:ハンニバル・バーエス/ジョージ・クリントン/デヴィッド・ファース
2017年/94分/アメリカ/英語/カラー/DCP
原題:KUSO R18+
配給:パルコ
宣伝協力:BEATINK

40周年プレイリスト
pagetop