SERIES

【ハマ・オカモトの自由時間 ~2nd Season~】第3回 ALLEN TOUSSAINT 『Southern Nights』

ハマ・オカモト先生が聴き倒しているソウル~ファンクを自由に紹介する連載、第2章

【ハマ・オカモトの自由時間 ~2nd Season~】第3回 ALLEN TOUSSAINT 『Southern Nights』

今回の課題盤

ALLEN TOUSSAINT Southern Nights Reprise(1975)

 

――リリースされましたね、初のコラボ盤『VXV』!

「リリース日の会話的なことから始める感じですか

※取材日がリリース日でした

――せっかくなんでね。

「えー、リリースしました……」

――ハハハハハハ(笑)。初のコラボ・アルバムということで、奥田民生さんら先輩方から同世代の黒猫チェルシーまで、いろいろなアーティストが参加されていますが、制作の様子はいかがでしたか?

「自分たちだけだったら1週間合宿して録ろう、みたいになりますけど、どなたかと1~2日レコーディングしたら、1週間半空いてまた別の方と……といった感じで、先方の都合にスケジュールを合わせたりするのも初めてだったし、また各々で制作のテンポが違うので、そういった意味でもおもしろかったですね。大変だった、みたいなことはありませんでした」

――RIP SLYMEとの曲はただのコラボじゃないというか、本当の意味でがっちりコラボしてる感じの曲ですよね。

「あれはいちばんがっつりやってますね。逆に民生さんはギターとコーラスだけなど、人によって入ってもらい方が違います」

【参考動画】OKAMOTO'S『VXV』に収録されたRIP SLYMEとのコラボ曲“Wanna?”

 

――私、あれもぜひ観たいんですよ、初回盤に付いているSHIBUYA AX公演のライヴDVD。

【参考動画】OKAMOTO'S『VXV』の初回盤DVDダイジェスト映像

 

「評判いいですよ、普通のライヴ映像ですけど。カメラ12台入ってるんですよ。お客さんのなかにもハンディー・カメラが2人くらいいて。結構すごいです。なのでぜひクリックしてください」

OKAMOTO'S VXV ARIOLA JAPAN(2014)

「あと、今年はCDデビュー5周年でして、いまツアーの準備をしているんですよ。ちょうどセットリストを決めたりしていました」

――こんな早い段階で決めるんですね。

「今回はいろいろスペシャルな感じになる予定なので、がっつりやってるんですよ」

――なるほど、楽しみですね! ということで今回ですが……。

「夏だしもっと夏っぽいのにすれば良かったかな~と思ったんですけど……」

――いいですよ、もう9月ですし……(8月中に公開できませんでした……謹んでお詫び申し上げます)。

「あ、そうか。これ聴いたことあります?」

――アラン・トゥーサン『Southern Nights』。このアルバムは聴いて……ないかな……っていうかこの裏ジャケ(笑)。

「それヤバイですよね。なんで、赤バックで切り抜かれてしまったのか」

 

問題の裏ジャケ

 

――ハハハハハ(笑)。

「(笑)。iTunesで買ったらこの表ジャケしか見れませんよ。表は言ってもそんなおもしろくもない、パッとしないジャケじゃないですか(笑)」

――でも緻密に描かれてますよ(笑)。

「まあね、でもやっぱり特筆すべきはこの裏ですよ。シャツのボタンを全部開けてね、赤で抜かれてしまったアラン・トゥーサンのこの儚げな表情! これをタワーレコードで買って確かめてもらいたい。マネしようかな、今度のアー写で(笑)」

――ハハハハハ(爆笑)。してして。

「この毛髪の感じもイイんですよ。アフロ具合というか。デカすぎず、小さすぎずっていう」

――散髪したばかりなのか、小ざっぱりした感じがありますね。

「ですよねえ。しかもおもしろいのが、ブックレットを見ると、この写真の元画像まで見れてしまうという(笑)」

――ありがちです、そういうの(笑)。

「最近知り合いのエンジニアのスタジオに入り浸ってるんですけど、近頃その人がレコードを買いはじめたんですよ。何10年かぶりに」

――ほうほう。

「渋谷にHMVの中古レコード屋が出来たじゃないですか。そこでいろいろ買って、そのスタジオで聴こうってことになりまして。レコードは自宅でも聴きますけど、それはあくまで家のモニター・スピーカーで聴いてるだけだから、大きい音でちゃんとした機材で自分の好きなレコードを聴くことなんてそうないじゃないですか。久しぶりにそういう環境で聴いてみたんですけど、やっぱり音が全然違う、CDとは。で、僕この『Southern Nights』のオリジナル盤を持ってるので、それも持って行って聴いたら、とっても良かった」

――どんなふうに違います?

「上も下も(高い音も低い音も)全然出てない部分がCDにはあるんだなと実感しましたね。あと聴いてて疲れない、どんなに大きい音でも」

――なんででしょう?

「なんででしょうね~? やっぱりCDにすると音がコンプされますから」

――圧縮されると。

「この例えが核心を突いた言い方かはわからないですけど、たい焼きなんかといっしょで、たい焼きはあんこを挟んで焼くと具がグッてなるじゃないですか……(笑)」

――具がグッてね(笑)。

「このグーッが絶対に影響していて、CDになる過程で音を圧縮することによって、サウンドがこんなにも表情を変えるのかと。どっちがいいというわけではないと思うんですけど、やっぱりレコードだとより生々しい音が聴けますよね」

――そのままな感じが。

「うん、そのまま感があります。で、このアルバムは何を隠そう、ピアノはアラン・トゥーサンですが、バック・バンドのメンバーがミーターズなんですよ。俺はそれで知って買ったんですが、久々に聴いてみたら1~2曲目が渋すぎで(笑)。カッコイイんですけど、シブっ!て感じ。夏の夕方に聴いたら、すごくテンションが合いました」

※何を隠そう、bounce連載時代の記念すべき第1回はミーターズでした。記事はこちら

【参考音源】アラン・トゥーサン『Southern Nights』収録曲“Last Train”
 
【参考音源】アラン・トゥーサン『Southern Nights』収録曲“Worldwide”

 

「このアルバムを初めて聴いたのは高3くらいだったかな。その時もカッコイイなとは思ったんですけど、あのミーターズを期待して聴くと、ちょっと大人な感じがしてたんですよね。でもいま聴いてみると改めて、やっぱり良い仕上がりだなと思いました。大人の夏を演出できるんじゃないかなと(ニヤリ)」

【参考音源】ミーターズの69年作『The Meters』収録曲“Cissy Strut”

 

――ハハ(笑)

「9月と言ってもまだ暑いですからね(笑)」

――ニューオーリンズものって、ミーターズ以外に取り上げましたっけ……bounce連載時代。

「そういえばやってないですね。ドクター・ジョンもやってないですよね。でもまあ僕はそこまで深くニューオーリンズものを聴いてきてないので。あとはなんだろう……ワイルド・マグノリアスあたりかな。でもワイルド・マグノリアスまで行くと何ていうんですか、もう境地だから(笑)」

――どニューオーリンズ(笑)。

「そう、〈ど〉ですよね」

【参考音源】ワイルド・マグノリアスの74年作『The Wild Magnolias』収録曲“Handa Wanda”

 

――アラン・トゥーサンってもちろん知ってはいるものの、いろいろ膨大すぎてちゃんと遡って聴いたりできてないんですよね、個人的に。でもきっとこれは聴いとかなきゃいけない盤なんでしょう。聴かなきゃ。

「いわゆるニューオーリンズを代表するピアニストであり、プロデューサーでヒットメイカーですからね、押さえておくべきだと思います。でも僕もこのアルバムが彼のキャリアのなかでどういう位置付けなのかというところまでは把握できてないですが……『Southern Nights』は日本デビュー作だそうです。(ブックレットを読んで)え! そうなんだ全然知らなかった。クリス・ケナーの〈ダンス天国〉(原題“Land Of 1000 Dances”)って、ウィルソン・ピケットがカヴァーしてヒットしたやつの原曲、これはアラン・トゥーサンが書いたんですね。確かにもっとニューオーリンズっぽいんですよ、原曲は」

【参考音源】クリス・ケナー“Land Of 1000 Dances”(63年録音)
 
【参考音源】ウィルソン・ピケットの66年作『The Exciting Wilson Pickett』収録曲
“Land Of 1000 Dances”

 

――クリス・ケナーはニューオーリンズのシンガーですね。

「あとこれも知らなかったけど、リー・ドーシーの“Ride Your Pony”もトゥーサンなんですね。超有名じゃん」

【参考音源】リー・ドーシーの66年作『Ride Your Pony』収録曲“Ride Your Pony”

 

「『Southern Nights』でトゥーサンとミーターズがいっしょにやっていて、若干こじつけですけど、僕らが今回コラボ・アルバムをリリースしたりとか、“HAPPY BIRTHDAY”(OKAMOTO’S『Let It V』収録)でくるりの岸田さんを招いて作ったのに通じるなと。ニューオーリンズを代表する2組のコラボレートというところに注目してほしいですね。もっと言うと、スタックスにはブッカーT&ザ・MG'sモータウンにはファンク・ブラザーズというハウス・バンドがいましたけど、そういう感じで70年代のニューオーリンズにおけるミーターズの箱バンとしての活躍っぷりがよくわかる一枚という感じだと思います」

――わかりやすい!

「で、これ75年の作品じゃないですか。僕は最近やっと気がついたんですが、たいがい70年代中盤くらいの音がいちばん好き(笑)」

――最近気付いたんだ(笑)。

「全然知らないディスコの盤を掘ってても、80年代中盤より75~76年のディスコ/ブギーのほうがイイ!と思う傾向がある。だからまさしくこういう感じが好きなんですよ」

――へぇ~、そうなんですね。それにしても、このアルバムは音がおしゃれ。ニューオーリンズものでイメージするサウンドとはちょっと違う。

「そう、そう。シティーっぽいっていうか。色男感がすごくありますよね。3曲目もこれですから。めちゃめちゃ渋い!」

【参考音源】アラン・トゥーサン『Southern Nights』収録曲“Back In Baby’s Arms”

 

「ちょっとボブ・マーリーの“No Woman, No Cry”みたいなアンセム感もありますね」

【参考動画】ボブ・マーリーの74年作『Natty Dread』収録曲“No Woman, No Cry” ライヴ映像

 

――うんうん。

「ということで、今回はこんな感じで。そういえばベン・ロンクル・ソウルの新譜が出たんですね」

※bounce連載時代に取り上げて、その後たびたび話に登場していたモータウン・フランス発のソウル・シンガー

【参考動画】ベン・ロンクル・ソウルの2014年作『A Coup De Reves』収録曲“Hallelujah!!!”

 

――そうなんですよ、全然知らなかった!

「僕も全然知らなくて、びっくり。聴いてみたいな」

――ね。それについても追々話しましょう!

 

ハマ・オカモト


OKAMOTO'Sのヒゲメガネなベーシスト。最新作『Let It V』も大好評のなか、奥田民生やRIP SLYMEらを招いたコラボ・アルバム『VXV』(ARIOLA JAPAN)をリリースしたばかり! そして9月21日の札幌PENNY LANE24での公演を皮切りに、デビュー5周年記念全国ツアー〈OKAMOTO'S 5th Anniversary HAPPY! BIRTHDAY! PARTY! TOUR!〉がスタートします! また10月にリリースされるTHE PRIVATESのトリビュート盤『PRIVATE LESSON ~THE PRIVATES Tribute~』にバンドとして参加しているとのこと。そのほか最新情報は、OKAMOTO'SのオフィシャルサイトへGo!

【参考動画】OKAMOTO'S『VXV』トレイラー映像

 

LOCAL GREEN FES
pagetop