2014.04.07

コラボ自体をテーマにAKLOKLOOZらとの合体を果たした『FLOATIN' LAB』(2012年)からおよそ2年。この正式なオリジナル・アルバムまではやや空いたものの、その間のAAAでの活躍はもちろん、KEITACherry Browntofubeatsらとの闊達な手合わせを前置きに据えたことで、彼のラップに備わる機能性と自由度の高さはいっそう明白になった。昨年の先行カット“愛ブルーム”ですぐディスコに取り組んでいた嗅覚はそのままに、SONPUBと再会した“TOKYO SPOTLIGHT”や“Tyrant Island”でトラップ以降の流儀へ揚々と踏み出す一方、UTA主導のシンセ使いでメロウなモダンさも表出。DJ WATARAIらしい劇的なフィナーレ感が滲む“またね”まで、フロウの変化も意識しながらワンマイクを貫いた快作!

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop