SERIES

【SATANIC CARNIVAL '14短期集中ガイド】Vol.1 ヘッドライナーを猛々しく飾る3組

日本のラウド・ロック・シーンの象徴になるであろうフェスが6月に初開催。このイヴェントに出演するバンドを5週に渡って紹介するよ!

【SATANIC CARNIVAL '14短期集中ガイド】Vol.1 ヘッドライナーを猛々しく飾る3組

 6月7日、幕張メッセでまた新たなフェス……ならぬ〈カーニヴァル〉が開催される――その名も〈SATANIC CARNIVAL ‘14〉。これはKen Yokoyama率いるレーベル=PIZZA OF DEATHが主催する、パンクハードコア・バンドを中心に集めたイヴェントだ。初開催となる今回は、Ken Yokoyamaとマキシマム ザ ホルモン10-FEETの3組がトリプル・ヘッドライナーとして出演。ほかにも若手からヴェテランまでをラインナップした総勢19組が登場する。またライヴ・ステージのみならず、グラフィックや写真の展示、スケート体験スクールやTシャツ・プリントの実演販売、タトゥーのブースもあり!とのことで、日本のパンク~ハードコア・シーンを取り巻くカルチャーを見て聴いて感じることのできる催しになりそうだ。

 そしてMikikiでは、5週に渡ってこの〈SATANIC CARNIVAL ‘14〉に出演するアーティストを紹介。すでに今回のチケットは完売しているためゲットできなかった人は残念だが、日本にはこんな格好良いバンドもいるのか!という発見もあるガイドになると思うので、参戦する人も、そうでない人もチェックしてもらえると嬉しい。

 

Vol.1 三つ巴ヘッドライナー


 

 

Ken Yokoyama

 日本のパンク界のまとめ役と言っても過言ではないKen Yokoyama。Hi-Standardとして主催する〈AIR JAM〉がシーンの歴史における金字塔的な存在なのは間違いないが、今後ジャパニーズ・ラウド・ロックを代表するイヴェントになるであろう〈SATANIC CARNIVAL〉の初回ヘッドライナーの枠に、Ken Bandを置かないわけにはいかない! 燻し銀……なんて言葉は相応しくないかもしれないが、〈心で聴くパンク〉とはこれいかに、オーディエンスを奮い立たせるようなパフォーマンス、思わず頷かずにはいられない言葉の数々が飛び出し、瞬く間にフロアがユナイトしてしまうステージからは、そんな言葉を当てはめたくなる。とはいえ、〈THE重鎮〉な重苦しさは皆無! 老いも若きも〈永遠のパンク・キッズ〉でいさせてくれるそのライヴは、難しいこと考えずにひたすら楽しめばいいんです。

【参考動画】Ken Yokoyamaの2012年作『Best Wishes』収録曲“Save Us”

 

 

 

マキシマム ザ ホルモン

 並み居る酸欠注意!な出演バンドにあって、その最高峰と言えばマキシマム ザ ホルモンだろう。ナヲダイスケはんの掛け合いが見ものな抱腹絶倒MCも目玉と言えるが、揃いも揃ってヘドバンしまくり、ダイヴしまくり、モッシュしまくりの地獄絵図をフロアに浮かび上がらせるハードコア~メタル・サウンドは、ヒットした昨年の最新作『予襲復讐』にもエグさ大盛りで詰め込まれていた。ストーナーからメタルコアヒップホップ80sヴァン・ヘイレンを彷彿とさせる大味感たっぷりのポップ・チューンとますます音楽的なレンジを広げたこのアルバムで見事〈腹ペコ〉の仲間入りをしたリスナーも多いのでは? マキシマムザ亮君の耳をつんざくギターや上ちゃんの圧巻なベース・プレイも聴き流せないエクストリームっぷりだし、何から何まで振り切ったスタイルは衝撃的としか言えない。ヘヴィーな轟音とちょっぴりキュートなパフォーマンスに、仲良くフルボッコにされよう!

【参考動画】マキシマム ザ ホルモンの2013年作『予襲復讐』収録曲“予襲復讐”

 

 

 

10-FEET

 地元・京都で毎年開催している〈京都大作戦〉もすっかりお馴染みとなった彼ら。このバンドの魅力はスカレゲエにヒップホップも取り込んだミクスチャー・テイストのメロコア・サウンドのみならず、胸熱な言葉が連発されるTAKUMAのMCと言える。まるで金八……いや地元の人情味溢れる兄ちゃん風情で投げかけられる人生訓を胸に刻み、演奏が始まればそれを燃料に暴れ回ることこそ10-FEETのライヴの真骨頂だ。また、最近はコラボ・ワークが続いている彼らだが、昨年末のTOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA“閃光”への参加に続き、6月18日にリリースされる自身の企画盤『6-feat 2』では6組のゲストを招いて過去のナンバーをセルフ・リメイク。なかには同じく〈SATANIC CARNIVAL '14〉に出演するROTTENGRAFFTYの名前も。すでに先日行われたライヴで名曲“その向こうへ”を共演済みのようだが、今回もそんなスペシャルがあったらいいね!

【参考動画】10-FEETの2012年作『thread』収録曲“その向こうへ”

 

※【SATANIC CARNIVAL '14短期集中ガイド】Vol.2はこちら
※【SATANIC CARNIVAL '14短期集中ガイド】Vol.3はこちら
※【SATANIC CARNIVAL '14短期集中ガイド】Vol.4はこちら
※【SATANIC CARNIVAL '14短期集中ガイド】Vol.5はこちら

40周年プレイリスト
pagetop