INTERVIEW

武藤彩未 『永遠と瞬間』 (1)

時をかける新しいノスタルジー、あるいは生まれたての懐かしい未来——2014年、来るべき素敵はいま、このたったひとりの希望に彩られている

武藤彩未 『永遠と瞬間』 (1)

 おかえり!──。彼女が冒頭の3曲を歌い終えると、盛大な拍手と共に会場のあちこちから声が飛び交った。2013年7月19日、Shibuya O-EAST。武藤彩未は初めてのソロ・ライヴを開いた。約2年間在籍した成長期限定ユニット、さくら学院を卒業してから1年数か月ぶりの表舞台。会場では『DNA1980 Vol. 1』『DNA1980 Vol.2』と題された2枚のカヴァー曲集が販売され、ライヴはそこに収められている80年代アイドルの楽曲を中心にセットリストが組まれた。幼い頃から音楽を聴くのは主に車で出かける時だったという彼女が、両親の影響で親しんできた、自身が生まれるよりずっと前の時代の音楽──。

 「大好きなんです。大好きだから自然と入ってくる。やはり生演奏で、生の声で歌って届けるっていうところが魅力的だなって思っていて、それが心に響くというか……直接的な表現でなくても、歌詞がストレートに、強く伝わってくるんですよね」。


まずは〈本物〉を知ること

 8歳の頃からモデルを始めた武藤彩未は、TVアニメと連動したユニット・可憐Girl'sなどを経て、2010年よりさくら学院の第1期メンバーに。初代生徒会長として活躍した彼女は、2012年春にグループを卒業、ソロへの準備期間に入る。

 「ソロになるにあたって足りない部分を基礎からレッスンしていただきました。ボイトレとかダンス・レッスンはもちろんですけど、美しい女性の立ち居振る舞いを身に付けるということで日本舞踊をやったり、感受性を豊かにするために映画館に行ったり、美術館に行ったり……ギターも始めたんです! ギターは趣味になりつつあって、最近は松田聖子さんの曲を弾いたりしていて……楽しいですね」。

 そして、ソロ・プロジェクト始動が公式に発表されたのは、17歳のバースデイにあたる昨年の4月29日。そのひと月半後には先述した会場限定盤の詳細が発表されたのだが、そのクレジットにとにかく驚かされた。DTMが主流の現代アイドル・ポップとは異なる〈生〉のバンド・サウンドというだけでなく、そこに名を連ねるプレイヤーたちは、今剛松原秀樹三沢またろう島村英二中西康晴ら、80年代アイドルも含む多方面で名演を刻んできた凄腕ばかり。

 「本当に良い経験でした。ディレクターの松崎(澄夫)さんが、〈まずは本物を知ってほしい〉ということでやらせていただいたことなんですけど、音楽が出来上がる過程をイチから体験させていただいたことで、これだけたくさんの人が関わって、時間がかけられて作られているんだなって身をもって感じることができましたし、作っていただいた曲をもっともっと大切に歌おうっていう気持ちになりました。プレイヤーの皆さんの楽器に対する熱い想いも感じて、歌声を楽器としている自分が皆さんの足を引っぱらないように──そう思ったら、いつのまにか〈負けません!〉って言葉が出てたんです」。


どれだけ伝わるかが大事

 プロダクツの完成度ではない部分に〈応援し甲斐〉を感じるのが現代のアイドル・ファンの傾向とされているが、そういった点でいくと武藤彩未は、往年の〈アイドル〉がそうであったように時間と手間をかけ、ある程度の水準を身に付けたうえで送り出されたことになる。さらに言えば、彼女はそれだけの価値とポテンシャルを持ったソロ・アイドルなのだ。そして昨年の夏以降、精力的なライヴ活動をこなしてきた彼女が、いよいよファースト・アルバム『永遠と瞬間』を届けてくれた。 

武藤彩未 永遠と瞬間 SHINKAI(2014)

 「去年のライヴごとに披露させていただいた曲がほとんどなんですけど、反応を見てアレンジを変えたり、そういう意味ではファンの皆さんといっしょに作り上げてきた楽曲でもありますね。大好きな80年代のアイドルの曲をレコーディングやライヴでたくさん歌ったことで、自分らしさを出すためにはどうしたら良いのかとか、大事なことにもたくさん気付くことができましたし、その経験は自分の曲にも活かせたと思います」。

こちらは武藤彩未『永遠と瞬間』のDVD付き〈セブンティーン盤〉で、江崎グリコ〈セブンティーンアイス〉タイアップソング“Seventeen”を収録!

 

 収められた8曲には、かの時代のアイドル・ポップにも通じる煌びやかさとモダンさを織り交ぜたサウンド観と、時に朗らか、時にセンティメンタルに揺れるメロディーと染み込みやすい言葉を宿している。作家陣には、ポルノグラフィティなどで知られる本間昭光や、80年代アイドルも数多く手掛けてきた稀代の作詞家である三浦徳子森雪之丞といった名が並び、アレンジにおいては、nishi-kenら新進気鋭のクリエイターを起用。それらの新しさと懐かしさが混在した世界は、このプロジェクトにおいては〈NEWTRO-POP〉と謳われている。もちろん、その中心にあるのは、志の高い彼女のパフォーマンスだ。

こちらは武藤彩未『永遠と瞬間』の〈永遠盤〉と〈瞬間盤〉のジャケ。数量限定の後者はカード付き!

 

 「苦戦した曲もありました。“とうめいしょうじょ”という曲は初めてのバラードだったんですけど、バラードってごまかしが利かないじゃないですか。歌唱力や表現力が試されるので、レコーディングのときはブースを暗くしてみたり、気持ち作りから入って。ひとりで歌うということは、曲にどれだけ感情を込めることができるかっていうことが大事になってくるので、そういう意味で〈間〉もすごく意識しましたね。さらっと歌ってしまうと流れてしまうんですけど、間を作ることでそこがグッとくるポイントになったりしますから。上手さを求めるよりも、どれだけ伝わるかが大事だなって」。

 

 いかに抜きん出て、いかにして受け手とコミットするか──現場だけでなく作品を通じてその正解を導こうとするアイドルの作法は、王道ではあるものの決してイマドキとは言えないだろう。ただ、その〈王道〉が主流でないのは、周囲の尽力とそれに見合った逸材の醸成を要する、そのわずらわしさにあえて挑む送り手が少なくなっただけで、王道はいつだってエイジレス。

 「大きな夢としては、私が時代を作って、その時代を私自身で終わらせちゃいたいなって。私に敵うものはいないって、それぐらいの負けん気は必要だなって思います!」。
 

 

▼武藤彩未在籍時のさくら学院のアルバム

左から、2011年作『さくら学院 2010年度〜message〜』(トイズファクトリー)、2012年作『さくら学院 2011年度〜FRIENDS〜』(ユニバーサル)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ