Keith's Counterpoint

追悼:デイル“バフィン”グリフィン―ボウイも関与したバンド、モット・ザ・フープルを支えたドラマーの足跡

Scroll down to read original article in English

1月17日、モット・ザ・フープル(以下、モット)のドラマー、デイル“バフィン”グリフィン(“バフィン”は愛称)が早期アルツハイマー病により他界した。享年67歳だった。

テレンス・デイル・グリフィンス(本名)は、イングランド西部のヘリフォードシャーに生まれ、10代からバンド活動を開始。彼が初期に所属していたバンドであるソウレンツには、のちにモットのベーシストとなるピート“オーヴァレンド”ワッツがギターで参加していた。時を同じくして活動していたのがバディーズというバンド。そちらにも、やはりその後モットのギターを担うことになるミック・ラルフスと、ヴォーカルのスタン・ティピンズを擁していた。

66年、ワッツとラルフス、ティピンズはドク・トーマス・グループを結成。特にイタリアで活発に活動し、現地でアルバムもリリースしている。一方、彼らがUKでプレイするときは、サイレンスというバンド名を用いた。バフィンは、(過去にラルフスと共にジミー・クリフのバック・バンドで演奏した経験のある)キーボードのバーデン・アレンと68年に同バンドへ加入。自分たちでデモを作成し、レーベルに持ち込むもことごとく断られるが、そんな彼らに興味を示したのがDJでありA&Rもこなす(そしてのちにクラッシュの『London Calling』をプロデュースすることになる)プロデューサーのガイ・スティーヴンスだった。ただし、スティーヴンスがヴォーカリストを交代させることにこだわったため、新たにイアン・ハンターを迎えることに。そしてティピンズは地方公演のマネージャーをこなしながら、時折バック・ヴォーカルで参加する立場になった。さらにスティーヴンスは、自分が獄中で読んだ小説に登場するキャラクターにちなんだ、〈モット・ザ・フープル〉というバンド名に変更することを強く主張する――〈ローリング・ストーンズのパワーとボブ・ディランの知性を併せ持ったバンド〉、それがスティーヴンスが描いていたバンドのヴィジョンだった。

スティーヴンスの手により、モットは69年にアイランドと契約を交わしてデビュー作『Mott The Hoople』を放つ。評判は上々だったものの、売り上げはまずまずに留まった。ライヴ・バンドとしては評判を呼びながらも、リリースしたアルバムは4枚ともそこそこしか売れない。〈(モットの)最高傑作〉と謳われることもある、71年の『Brain Capers』もそうだった。こうして、あわや解散というところまで追い込まれていた彼らに手を差し伸べたのが、かのデヴィッド・ボウイだ。72年、ボウイは楽曲を提供し、アルバムをプロデュースし、さらには彼のマネジメント会社に迎え入れることを申し入れた。当初、ボウイから提供された曲は“Suffragette City”だったが、モットはこれを断る。その代わりにボウイの別の曲“Drive-In Saturday”を使いたいと希望するも、今度はボウイがこれを断る――自分のためにキープしておきたい曲だったからだ(実際、その後ボウイはこの曲を発表して大ヒットする)。最終的に落ち着いたのが、“All The Young Dudes”(邦題〈すべての若き野郎ども〉)だった。ボウイの音楽出版社のオフィスで、ボウイみずからアコギで弾いて聴かせたのだという。この曲は全英3位まで上り詰め、アメリカで初のトップ40入りを果たした。

72年作『All The Young Dudes』収録曲“All The Young Dudes”
 
デヴィッド・ボウイの73年作『Aladdine Sane』収録曲“Drive-In Saturday”

 

自作曲がほとんど使われないことを憂うキーボードのアレンはここでバンドを去り、のちのプリテンダースのメンバーとなるジェイムズ・ハニーマン・スコットマーティン・チェンバースと共に、チークスというバンドを結成した。そして彼の後任としてモットに加入したのが、モーガン・フィッシャー(彼は日本に移住しており、東京都民になって久しい)だ。彼が加入後にリリースされたモット・ザ・フープルのアルバムの『Mott』(邦題〈革命〉)は売り上げも上々で、アメリカにおいて大々的にヒットする。

73年作『Mott』収録曲“All The Way From Memphis”

 

73年、ギターのミック・ラルフスは、かの有名なロック・バンド、バッド・カンパニーを結成するために脱退。代わりにスプーキー・トゥースからアリエル・ベンダーを迎えた。バンドも絶好調の74年、モット・ザ・フープルは全米ツアーに出る。このときの前座を務めたのが、当時はまだほとんど無名だったクイーンだ(数年後、今度はフィッシャーがクイーンのサイドマンとして同行することになる)。

74年作『The Hoople』収録曲“The Golden Age Of Rock And Roll”


バフィンが共同プロデュースした74年作『The Hoople』(邦題〈ロックンロール黄金時代〉もいい具合にチャート入り。その後、バフィンがプロデュースするライヴ・アルバムも制作されたが、悲しくも74年11月発表のその作品は、バンドの解散宣言と時を同じくすることになった。イアン・ハンターは、モットの終末期のわずかの間加入していた、ボウイのバンドでも活躍したギタリストであるミック・ロンソンを連れてソロ活動を開始。しばらくは、バフィンとワッツ、フィッシャーとで〈モット〉の名で活動を続け、その後、バンド名はブリティッシュ・ライオンズに変更された。バフィンはバンド活動の傍ら、外部のプロデュース業にも従事するようになり、ハノイ・ロックスニュー・モデル・アーミーカルトといったバンドを手掛けることになる。また、ジョン・ピール(英国営放送BBCラジオ1の名物DJ)の「BBCセッション」も多数プロデュースを手掛けたが、そのなかにはニルヴァーナスマッシング・パンプキンズパルプOMDといった大型アーティストも名を連ねた。

バフィンがプロデュースに関与したハノイ・ロックスの83年作『Back To Mystery City』収録曲“Back To Mystery City” ライヴ映像

 

そんな彼は、58歳の若さでアルツハイマー症との診断を受ける。その後、モット・ザ・フープルは2009年に全公演ソールドアウトの再結成公演を行ったが、地元ヘリフォードシャーの公演ですら、アンコールでの演奏を除いては、プリテンダースのマーティン・チェンバースにドラムスのパートを代役してもらわなければならないほど、バフィンの症状は悪化していた。

デイル“バフィン”グリフィンは長年に渡るパートナー、ジーン・スミスを遺し、このたび他界した。

 


 

Dale “Buffin” Griifin (RIP)

Mott the Hoople drummer Dale “Buffin” Griffin passed away January 17 at age 67 from early onset Alzheimer’s disease.

Buffin was born Terrence Dale Griffin in Herefordshire, and began playing in bands in his teens. Amongst his early bands was the Soulents, which also included future Mott bassist Pete “Overhand” Watts” on guitar. Another band of the area was the Buddies, which included future Mott members guitarist Mick Ralphs and singer Stan Tippens.

In 1966 Watts, Ralphs and Tippens formed The Doc Thomas Group, who played extensively in Italy and released an album there. When gigging in the UK however they used the name Silence. Buffin and keyboardist Verden Allen (who had played with Ralphs in Jimmy Cliff’s backing band) joined the band in 1968, They began making demos, and after being turned down by a number of labels, DJ/ A&R man producer Guy Stevens (who would later produce the Clash’s “London Calling”) became interested in the band. However Stevens wanted to change singers. They recruited singer Ian Hunter, and Tippens became the band’s road manager, and sometime backing singer. Stevens also insisted on renaming the band Mott the Hoople, after character in a novel he had read while in prison. Stevens vision for the band was the power of the Rolling Stones combined with the intellect of Bob Dylan.

Stevens got them signed to Island in 1969 and produced their debut, which was critically acclaimed but sold only so-so. The band built up a strong reputation as a live band, but all four of their albums sold only modestly, including 1971’s “Brain Capers”, which some consider their best work ever. In 1972 Mott the Hoople were on the verge of breaking up when fan David Bowie offered to write them a song, produce their album and bring them in under his management company. Bowie offered the band “Suffragette City”, but they turned it down, hoping instead to record another Bowie song “Drive-In Saturday”, but Bowie wanted to keep it for his own (and it became a big hit for him in the UK). Finally they set up on “All the Young Dudes” which Bowie played for them on acoustic guitar in his publisher’s office. It went to #3 in the UK, and gave them their first top 40 hit in America.

Allen left the group, unhappy that few of his songs were being used, and formed Cheeks, with future Pretenders James Honeyman-Scott and Martin Chambers. He was replaced by Morgan Fisher (now long a Tokyo resident). Mott the Hoople’s next album “Mott” did even better and was a major hit in the States.

However in 1973 guitarist Mick Ralphs left the band to form the super group Bad Company, and Ariel Bender from Spooky Tooth joined. Now in high gear, in 1974 Mott the Hoople toured America with a then little known band called Queen opening (years later Fisher would tour with them as a sideman).

The next album “The Hoople”, co-produced by Buffin, also charted well. A live album was recorded on which Buffin had solo production credits. It was released to coincide with the announcement that the band was breaking up in November 1974. Ian Hunter went solo and took along former Bowie guitarist Mick Ronson, who had briefly joined Mott the Hoople in their last days. For awhile Buffin, Watts and Fisher played under the name Mott, and later as British Lions. Buffin however also took to producing other bands and produced Hanoi Rocks, New Model Army and the Cult. He also produced number BBC sessions for John Peel, including sessions by Nirvana,Smashing Pumpkins, Pulp and OMD.

He was diagnosed with Alzheimer’s Disease at the young age of 58. Mott the Hoople reunited in 2009 for five sold out shows, but by that time Buffin’s condition was quite poor, and drum duties were performed by the Pretenders' Martin Chambers, also of Herefordshire, and Buffin only appeared for the encores.

Dale “Buffin” Griffin is survived by his long-time partner Jean Smith.

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.

募集