TOPICS

イギー・ポップが新作『Post Pop Depression』を完成、ジョシュ・ホーミらと不穏でクールなロック鳴らす“Gardenia”を公開!

 

イギー・ポップが3月18日に新作『Post Pop Depression』をリリースすることが決定。同作から“Gardenia”の音源が公開された。 

ソロ名義では、2012年の『Après』以来となる『Post Pop Depression』は、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジイーグルス・オブ・デス・メタルで活動するジョシュ・ホーミとの共同プロデュースで、ベースに同じくQOTSAのディーン・フェルティータ、ドラムスにアークティック・モンキーズマット・ヘルダースを迎えた4ピースで主に制作されたという。この“Gardenia”は、ジョシュのフリーキーなギター、グルーヴィーかつ重たいリズム・セクション、さらにイギーの唸る低音ヴォーカルがじわじわと迫ってくる、不穏でクールなロック・ナンバー。仄かに鳴らさせるシンセサイザーの音色や耳を引くハンドクラップなど、音響面でもジョシュのスタジオワークが効いている。洒脱なシャンソンジャズ・ヴォーカルに挑んだ前2作も良かったが、やはりこうした路線のイギーを聴けるのは嬉しいところ。新作に期待が高まる! 

IGGY POP Post Pop Depression Caroline/Hostess(2016)

LOCAL GREEN FES
pagetop