2016.05.24

ジャケットからアンビエンスやアトモスフェリックな雰囲気を感じると思ったら、中身もまさにそんな感じ。前作でも同様の傾向はあったが、ソウルフルという軸はブレずとも、メッド・スクール系のアンニュイな空気がいよいよ濃密になったロジスティクスの7作目。リリカルなピアノや変声ヴォーカル、フワフワと彷徨うシンセなど、時代を象徴するプロダクションとホスピタル・スタイルが巧妙に融合されたディープな一枚だ。

関連アーティスト