COLUMN

川端康成の異色作をオペラ化―〈眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~〉が欧州で高評価得てついに日本上陸!

川端康成の異色作をオペラ化―〈眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~〉が欧州で高評価得てついに日本上陸!

川端康成の異色作 衝撃のオペラ化! 2009年にベルギー・モネ劇場で初演。
その後ヨーロッパ各地で上演され、高い評価を得たオペラがいよいよ日本上陸!

 先頃、東京ステーションギャラリーで開催された『川端康成コレクション 伝統とモダニズム』展は、タイトルそのままに、伝統的な日本美術からモダニズムやアヴァンギャルドに至るまで、文豪のアートに対する(幅広い分野に及ぶ)審美眼の確かさと造詣の深さを物語るものであった。尤も会場でひときわ注目を集めていたのは、若き川端とカフェの女給・伊藤初代との間で交わされた書簡を展示した「初恋コーナー」で、来場者たちは(2014年7月に発見された)初代からの手紙10通と川端本人の未投函の手紙1通から伝わる生々しい恋の息づかいに足を止めて見入っていた。折しもこの手酷い失恋事件の顛末を描いた水原園博(川端康成紀念会理事)による新刊エッセイ『川端康成と伊藤初代 初恋の真実を追って』(求龍堂)や、この時の体験を糧として書かれ、後の《伊豆の踊子》や《雪国》ら川端文学の母体となる短編《非常》などを収録した『川端康成 初恋小説集』(新潮文庫)も書店に並び、文芸愛好家の間では、ちょっとした「川端ブーム」が巻き起こっていた。そこに飛び込んできたのが、今回の東京文化会館開館55周年を記念する12月の公演、すなわち2009年にベルギー王立モネ劇場で世界初演された《眠れる美女》を原作とする現代オペラの日本初演のニュースである。

 小説《眠れる美女》は雑誌『新潮』に1960(昭和35)年1月から1961(昭和36)年11月まで断続的に連載された川端の後期(60~62歳)を代表する中編。先述の《非常》を始め、《篝火》や《彼女の盛装》《南方の火》などの20代初期短編で繰り返し書かれている(失った)永遠の少女の面影というテーマが、50代の異色長編《みづうみ》の魔界を経て、老人の前に横たわる「完璧な処女(ヴァージン)」というイメージで見事に昇華された傑作だ。作品の舞台は、すでに性的能力がないと見なされ(身元の確かな)安心できる客が、薬の力で深く眠らされた裸の娘たちと添い寝する趣向の、秘密クラブというべき海辺近くの館。友人の紹介でその場所を訪れる老人・江口が(それぞれ別の)もの言わぬ女たちと過ごす5夜(全5章)からなる物語が、オペラでは3夜(1幕3場)に再構築されて上演されるという。

 オペラ《眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~》は、ベルギーのゲント市を拠点に舞台作品を手掛ける団体LODとモネ劇場とToneelhuis(アントワープ)の共同制作。作曲をそのLODでレジデンスコンポーザーを務めるクリス・デフォートが、演出をベルリン国立歌劇場とミラノ・スカラ座の共同制作による《ニーベルングの指環》チクルス(2010~)で知られるギー・カシアスが担当し、台本もこの二人が共同で執筆している。

クリス・デフォート (C)Kurt Van der Elst
 
ギー・カシアス (C)Kurt Van der Elst
 

 では5月10日に東京文化会館で行われた記者発表(デフォートとカシアス両氏からの映像によるコメント)とオフィシャル資料を元に「ひとりの男の視点で描かれ、しかも主要な登場人物は沈黙の女たち…という小説を、音楽劇としてどのように具現化できるかチャレンジだった」(デフォート)という、本舞台のコンセプト及び出演者の概要、そして簡単な筋立てを以下にまとめてみよう。

[01]
歌手陣のメインとなるのはバリトンとソプラノ。江口老人役は初演と同じ、俳優としても定評のあるバリトン歌手のオマール・エイブライムが演じ、眠れる若い女たちを前にした印象や彼女たちが呼び起こす過去の女性遍歴などを語る。

オマール・エイブライム (C)Kurt Van der Elst
 

[02]
初演のバーバラ・ハニンガンに変わって主役のソプラノを務めるのはベルギーの新星、カトリン・バルツ。彼女の役どころはかなり難解で、江口の行動や思考を個人的に解釈しながら、彼の記憶の中から現れる過去の女性としても語り(対話し)、舞台の「自然」描写などの表現も担う。

カトリン・バルツ (C)Claudia Hansen
 

[03]
眠れる女たちは初演と同じく日本人ダンサーの伊藤郁女による身体表現によって演じられるが、同時に4名の女声コーラスの声を通しても描写される。コーラスはソプラノ:2名にメゾ・ソプラノ:2名からなり、昨年オーディションで選ばれた日本人の若手実力派歌手で構成。

伊藤郁女 (C)Kurt Van der Elst
 

[04]
訪れた江口が寝室に入る前に館の女主人と交わす会話もこの作品では大きな意味を持ち、舞台では男女の俳優による台詞で演じられる。今回の日本初演では長塚京三原田美枝子がこの重要な役を担い、日本語の台詞が用意される。

長塚京三
 
原田美枝子 (C)平岩享
 

[05]
音楽はバロックと現代音楽を融合させたような作風だが、ジャズ・ピアニストとしても活躍する作曲家の個性として即興的な手法も用いられている。演奏は若手音楽家の育成や地元・上野地区との連携を図る意味で、東京藝術大学の2~4年生で構成されるアンサンブル「東京藝大シンフォニエッタ」が担当。指揮を初演と同じパトリック・ダヴァンが務める。

パトリック・ダヴァン (C)Julien Pohl
 

【あらすじ】

[第1夜]
原作の有名な冒頭文「たちの悪いいたずらはなさらないで下さいませよ、眠っている女の子の口に指を入れようとなさったりすることもいけませんよ」の通り、江口に寝室の鍵を渡す前に、女主人は決して娘を起こしてはならないと強く念を押す。寝室に入った江口が裸で眠る娘の胸から思いがけず「乳臭い」匂いを嗅ぎとり、それをきっかけに過去に抱いた女の記憶を呼び覚ます流れをオペラでも踏襲。女主人の言葉に反して娘に執拗に話しかけたり、身体を強く揺さぶったりする江口の行動がオペラではどのように描かれているのか楽しみ。

[第2夜]
2回目の娘は妖艶な女。「この家に来て侮辱や屈辱を受けた老人どもの復讐を、江口は今、この眠らされている女奴隷の上に行うのだ。この家の禁制をやぶるのだ(中略)ところがしかし、たちまち江口は明らかなきむすめのしるしにさえぎられた」と書かれているように、オペラでも純潔を奪うことによって娘にもたらされる悲劇について思いをめぐらせる江口の葛藤が描かれる。原作の彼は、そこから「一人の若者におかされて、にわかに別の若者と婚約」した末の娘のことを思い出している。

[第3夜]
原作では「十六ぐらいの小さい子」(3回目)と「あたたかい子」(4回目)に続いて第5章で描かれる「二人の娘」が登場。一人は「大柄で黒光りするような肌」の娘で、江口は彼女の汗をハンカチで拭ううちに、昔ある女につけられた赤い口紅をハンカチで拭き取った記憶を甦らせる。一方は「やさしい色気」の娘で、江口は彼女が「自分の一生の最後の女だったら…」という妄想にとらわれ、そこから「最初の女」として自分の母親のイメージが沸き上がってくる悪夢にうなされる。目を覚ますと、大柄の娘の方は冷たくなり息をしていない。江口は激しく動揺するが、宿の女主人は「死んでいる?そんなことあろうはずがございません」と冷静にその身体を外に運び出す。

 以上、実際の舞台をまだ観ていないのでディテールは不明だが、晩年の川端が到達した「エロス」(若さ)と「死」(老い)が織りなす極限の物語を「娘が眠る部屋」(歌とダンス)と「部屋の外」(江口と女主人の会話劇)と二つの空間に世界を分けて描いているのが本オペラ作品の大きな観どころであり、聴き所。小説《眠れる美女》は海外での評価も高く、1969年のエドワード・サイデンステッカーの英訳版をはじめ世界各国で翻訳されているほか、これまでにフランス(クロード・ミレール監督《オディールの夏》1995年日本公開)、ドイツ(ヴァディム・グロウナ監督《眠れる美女》2006年)、オーストラリア(ジュリア・リー監督《スリーピング ビューティー/禁断の悦び》2011年)と外国語で3回映画化されているが、本作がその決定版になりそうな予感がする。

 なお記者会見で日本人キャスト3人はそれぞれ「舞台上で英語の歌と日本語の台詞がどのように交わされるのか楽しみ。冒険好きなので自分の役を楽しみたい」(長塚京三)、「川端文学が持つ日本語の美しさを活かし、不思議な世界の道案内役ができたら嬉しい」(原田美枝子)、「初演の時とは自分の身体や女性観も変化しているが、それぞれの娘たちのセンシュアルな魅力を私なりに表現したい」(伊藤郁女)と、意気込みを語っていた。奇しくも《眠れる美女》単行本初版刊行から55年にあたる今年、東京のクラシックの殿堂が55周年を記念して贈る特別公演を観逃すな!

 


LIVE INFORMATION

東京文化会館開館55周年・日本ベルギー友好150周年記念
オペラ『眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~』【日本初演】

12/10(土)・11(日)15:00開演
会場:東京文化会館 大ホール
原作:川端康成
作曲:クリス・デフォート
台本:ギー・カシアス/クリス・デフォート/マリアンヌ・フォン・ケルホーフェン
出演:老人:オマール・エイブライム(Br) 女:カトリン・バルツ(S) 老人(俳優):長塚京三 館の女主人(俳優):原田美枝子 眠れる美女(ダンサー):伊藤郁女 眠れる美女たち(コーラス):原千裕林よう子吉村恵塩崎めぐみ
演奏:パトリック・ダヴァン(指揮) 東京藝大シンフォニエッタ
演出:ギー・カシアス
振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
www.t-bunka.jp/

シディ・ラルビ・シェルカウイ (C)Kurt Van der Elst
40周年プレイリスト
pagetop