COLUMN

サックス奏者マーカス・ストリックランド、ヒップホップ・オリエンテッドなンデゲオチェロ指揮の新作で切り拓く新たな地平

マーカス・ストリックランド 『Nihil Novi』

(C)Takehiko Tokiwa
 

多彩な音楽をブレンドし、新たな地平を切り拓く

 ストレート・アヘッド系のプレイヤーとして、キャリアの初期からロイ・ヘインズ(ds)らと共演して、その実力を広く知られたマーカス・ストリックランド(ts,as,ss,b- cl)が、ヒップホップ・オリエンテッドな作品を発表した。タイトルの “Nihil Novi”とは、ラテン語で“Nothing New”という意味で、何か新しい音楽を創造したとしても、それは必ず過去の作品からの影響から逃れられないという、ストリックランドの信念をタイトルに 冠した。数年前から、ニューヨーク・タイムス紙などでも、ストリックランドやルブーフ・ブラザースが、ファイル交換をしてビート・ミュージックを制作しているのが、ポスト・グラスパーのムーヴメントの萌芽であると指摘されていた。

MARCUS STRICKLAND'S TWI-LIFE Nihil Novi Revive/Blue Note(2016)

 ストリックランドは、ストレート・アヘッド系と並行して活動していたエレクトリック・ユニット、Twi Lifeでの活動も繰り広げていたが、遂にその全貌が本作品に結実した。ミッシェル・ンデゲオチェロ(el-b,vo)をプロデューサーに迎え、彼女のミニマリズムなプロデュースにより、シェイプを研ぎ澄ました音楽となった。特筆すべきは、その多彩なアイディアの源泉であろう。バルトークの東欧音楽とヒップホップの J・ディラのビートを融合させた《Talking Loud》、マリの民族楽器、21弦ハープ奏者バゾウアナ・シソッコにインスパイアされた《Sissoko's Voyage》、ミンガス・ビッグ・バンドでの演奏から亡きチャールス・ミンガス(b)をトリビュートした《Mingus》と、ジャズ、ヒップホップ、R&B、民族音楽をブレンドし、壮大な音楽ストーリーを描く。

 4月12日のニューヨーク、ル・ポアゾン・ルージュでのリリース・ギグには、Twi Life のレギュラー・メンバーに加えて、アルバムにもゲスト参加しているクリス・デイヴ(ds)が参戦。グルーヴの嵐の中、マーカス・ストリックランドのホーンが咆哮し、新たな地平を切り拓いた。

タグ