COLUMN

JESSEもラップで援護! Crystal Lake、構築美とスケール感に日本人らしさも備えた最高の出来映え誇る新作『True North』

JESSEもラップで援護! Crystal Lake、構築美とスケール感に日本人らしさも備えた最高の出来映え誇る新作『True North』

どんな規模の会場も巻き込む構築美とスケール感を備えた進化と深化の一枚!

Crystal Lake True North CUBE(2016)

 間違いなく過去最高の出来映えを誇る4枚目のフル・アルバム『True North』。しかも、今回からグッド・シャーロットのマッデン兄弟が立ち上げたMDDNに、日本人アーティストとして初めての所属が決定した。ということで、本作は海外でもリリースされるため、注目度大の一枚と言えるだろう。前作『THE SIGN』はフィジカルに訴える機能性に優れたメタルコアを掲げていたが、今作はそこからさらに進化と深化を遂げた仕上がりになっている。ジェント系のブリブリのギター・リフを継承しながら、クリーン・トーンのギターや壮大なコーラスも積極的に採り入れ、構築美とスケール感を備えた曲調のナンバーが並んでいる。アグレッシヴな勢いはそのままに、日本人らしい繊細な音作りがオリジナリティーを高めることに奏功。先行公開された“Omega”はすでにライヴでも披露され、劇的な曲展開で多くのリスナーを虜にしていた。

 また、怒濤の疾走感と宇宙的な壮大感を封じ込めた表題曲は文句ナシの素晴らしさ。ほかにRyoが語るようなヴォーカルで新境地を開拓したバラード風味の“Breathe Deep”に加え、JESSERIZEThe BONEZ)が巧みなラップで参加した“Black And Blue”、オールド・スクールのハードコアデス・メタルをねじ込んだ“Six Feet Under”は彼らにしか表現できない極悪ぶりが炸裂している。小さなライヴハウスからスタジアム規模の巨大な会場まで巻き込める表現力を総動員した楽曲群に、震えが止まらない。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop