2017.01.20

SANABAGUN.のフロントマンから届いたファースト・ソロ・アルバム。生音も併用した雰囲気作りはバンド作品と直結するところもあるが、斜に構えることなく人間味を注ぎ込んで躍動する語り口の活きの良さは、素直にヘッズを魅了するはず。より個人の美意識や憧れが率直に伝わる温かい仕上がりで、とりわけ往年の日本語ラップ的な熱さとイナタさの溢れ出す“夢の最中”がいい。iriら最小限のゲスト陣も好演。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集