COLUMN

カニエやドレイクが見出した逸材、サンファが聖なる歌声とUKならではの折衷的ビートを刻み込んだ初作『Process』を紐解く

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.02.07
カニエやドレイクが見出した逸材、サンファが聖なる歌声とUKならではの折衷的ビートを刻み込んだ初作『Process』を紐解く

〈ネクスト・サム・スミス〉とも称された聖なる歌声と、UKの坩堝で育まれた折衷的なビート。感情の揺らぎと進化の過程を刻み込んだ『Process』が、ついにその美しき全貌を露にする……

 

自分の声をもっと使おう

 クロスオーヴァー(交配)というよりエクレクティック(折衷)と言うべきか。英国のサウス・ロンドンはモーデン出身のサンファは、現行アーバン・ミュージックにおける越境性を象徴するようなシンガー/ソングライターだ。ドレイクの『Nothing Was The Same』にて“Too Much”で声を交え、同曲を共作したエミール・ヘイニーの“A Kiss Goodbye”にデヴ・ハインズと共に参加。また、チャンス・ザ・ラッパーリック・ルービンを経由して知り合ったというカニエ・ウェストの近作『The Life Of Pablo』(のアップデート版)で披露された“Saint Pablo”に客演すれば、仲間のプロジェクトに参加して録音済みだった歌がフランク・オーシャン『Endless』収録の“Alabama”で使われ、ガーナやニューオーリンズで一緒に録音したというソランジュの『A Seat At The Table』では制作に加えて“Don't Touch My Hair”で共演も果たすなど、昨年の顔となったアーティストにことごとく関わっている。以前に比べてソングライターやプロデューサーといった裏方に対する関心が薄まりつつある昨今だが、流石にこれだけの話題作に関与してきた男となれば注目が集まらないわけがない。

 シエラレオネ共和国からの移民である両親のもと5人兄弟の末っ子として生を受けたサンファは現在27歳。独学でピアノを習得する一方で、13歳から趣味でプロデュースを始めてグライムのビートを作るようになったというが、10代初めまで学校の聖歌隊やジャズ・バンドで歌っていたもののシンガーとして活動していこうとは思っていなかったようだ。実際、2010年に発表したデビューEP『Sundanza』も、ワイリーと同時にフライング・ロータスを好むという彼らしいセンスで仕上げたインスト主体のビート・ミュージック。「プロデュースが続けられればそれでよかった」(以下、発言はオフィシャル・インタヴューから抜粋・要約)と語る彼は、しかし、「SBTRKTジェシー・ウェアとのコラボで自分の声をもっと使うようになっていったんだ」と、徐々に歌うことに積極的になっていく。他にもケイティBリル・シルヴァらの作品に招かれ、コアレスとのショート・ストーリーズとしても楽曲を発表。自国のアーティストとのコラボを行うなかでシンガーとしての活動を増やしていくわけだが、スモーキーなのに透明感があり、どこか眠たげでありながらエッジの立った歌声は余技として片付けられないほど説得力があり、ヴォーカリストとして活躍するのも必然だったと言ってしまいたい。

 

感情の変化を描いたポートフォリオ

SAMPHA Process Young Turks/BEAT(2017)

 かくしてクウェスの紹介で結びつくべくして結びついたUKの名門ヤング・タークスから放つ初のフル・アルバム『Process』は全編ヴォーカル作品。共同制作者として選んだのは、XXアデルの仕事でもお馴染みのロディ・マクドナルド。彼との作業もまた成り行きだった。

 「(自宅ではなく)スタジオでの作業は慣れた環境ではなかったから助けが必要で、最初はプロデューサーではなくてエンジニアを探していたんだ。ロディはトライアルでの採用だったんだけど、すごく気が合って、そのまま作業を続けることにした。彼のことはXLレコーディングスの仕事ですでに知ってもいたしね。アーティストが持っているものを活かし、汚さずにベターにしてくれるんだ」。

 昨年9月の〈Apple Music Festival〉におけるアリシア・キーズのステージで披露して話題を集めた先行曲“Blood On Me”でもグライムをベースとするサンファのビート・センスが活かされており、彼自身の音楽性に揺らぎはない。また、ウム・サンガレをはじめとするマリのワスル音楽に影響を受けているというサンファは、まさにコラ(西アフリカの弦楽器)が歌うような“Kora Sings”でアフリカンなビートを尖鋭化させて濃密な昂揚感を生み出し、両親から受け継いだ西アフリカのルーツを遡る。それらを除けばアルバムの大半はスロウやバラードで、「僕はいつもハーモニーと音階に感情が入っていることが重要だと思っている」と語るように、アルバムは繊細で情熱的な歌を前面に置いたヴォーカル・オリエンテッドな仕上がりだ。そうなったのは、最愛の母を癌で亡くし、死と向かい合った経験や感情を反映した内省的なリリックの曲を歌っているからでもあるのだろう。琴みたいな音のリフレインが印象的な冒頭の“Plastic 100℃”も喉にしこりが見つかって内視鏡検査をした(が心配は杞憂に終わった)自身の経験をもとにした歌のようで、囁くような声で慰撫するように本編を締め括る“What Shouldn't I Be?”まで、「感情の変化を描いたポートフォリオ」と言うに相応しい内容になっているのだ。

 なかでも、そんな心情をエモーショナルに伝えるのが“(No One Knows Me)Like The Piano”。3歳から弾き続けているピアノ(両親が英国に移住する際に実家から持ってきた思い出の楽器)に捧げた美しく静謐なバラードで、昨年12月に東京・渋谷でピアノ弾き語りのソロ公演を行った際の光景も思い出される名曲だ。

 「母親のことを歌ったメタファーなんだ。大切なものがもう永遠に存在しないということに気付いた、っていう。自分が育った家に永遠に暮らせるわけでもない。そういった存在や場所がどんなに大切かということを歌っているんだ。サビに行くまでにも感情的なカオスがある、他とは違う曲だと思う」。

 この曲をハイライトとして、コズミックな感覚の“Take Me Inside”、ベースレスのトラックに裏声を交えて歌う“Reverse Faults”、スロウ・ジャム的な“Under”や“Incomplete Kisses”など、プリンスにも通じる簡素なサウンドが彼の繊細な歌唱をリアルに引き出す。シャイ・ライツ“The Coldest Days Of My Life”のフレーズがピアニカのような音で繰り返される“Timmy's Prayer”はアンビエントなR&Bとしても訴求力を持つ一曲だろう。 日本盤には、2013年のEP『Dual』およびソランジュ監修のコンピ『Saint Heron』に収録された“Beneath The Tree”、ドレイクに提供した“Too Much”のソロ・ヴァージョンなど既発音源の一部を追加。これらを含めて本作は、サンファというアーティストが完成するまでのプロセスを追った苦悶と出世の記録と呼べるもので、正念場はこれからと言えそうだ

サンファの初期曲が聴けるコンピを一部紹介。

 

サンファの参加作品を一部紹介。

 

次ページサンファが『Process』に至るまでのプロセスと影響
関連アーティスト