2017.09.13

タイトルでオマージュを捧げたようなRCサクセションや、京都の先輩・ちぇるしぃといった往年のバンドへのリスペクトを感じさせる関西発の3ピースによる初のフル・アルバム。石塚淳(ヴォーカル/ギター)の変幻自在なプレイを軸とした、黒っぽさも含むロックンロールはどの曲も小気味良く、また少し気怠げに歌われるメロディーのセンスも抜群で、スカートの澤部渡が賛辞を贈るのも納得。これは間違いなく逸材でしょう。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集