2018.02.13

美術館の清涼な空間を想像させるジャケットが印象的な上に、実際にお話を伺うと一層この作品に納得がいってくる。安カ川大樹の骨太のビートと大坂昌彦のバーサタイルなリズムが融合し清々しい作品に仕上がった。スタンダードナンバーの仕上がりを見てその〈手練れぶり〉を見極め、さらにオリジナル楽曲のメロディラインで感性を評価する、そんな生粋のピアノファンにとって逆にその耳を試される一枚だ。無駄を省いたメロディラインと大坂の紡ぎだす不思議なグルーヴ感が彼女の曲の持つ、何とも素敵な響きを見事に引きだしてくれる。裏庭に花咲く旧家の離れから聴こえそうな③に耳を奪われた。

関連アーティスト
GR'18