2018.02.13

進行方向別通行区分の田中とくそネジ(真部脩一)による2人ユニット、田中のソロ・ユニットなどの変遷を経て、バンド体制となっての2作目。〈ミスをみすみす犯すのは どこのスミスなの〉といった脳汁が溶け出るようなフレーズを、田中がジャイアンのごとき歌唱法で聴かせてくれるのは相変わらず。しかし、あゆ巫女のあどけなさが残る歌声が加わり男女ツイン・ヴォーカルとなることで、これまでの形態よりもポップさは増加。さらに高野京介(SuiseiNoboAz/ゲスバンド)のソリッドなギター、さと子(日本マドンナ/水中、それは苦しいSP)の粗削りなドラムス、どし丸のどっしりとしたベースも加わり、乱雑なロックながらも決してカオスにはならず、謎の聴きやすさをキープしている(誰が統率をとっているのだろう?)。進行時代から知る人も、その変貌ぶりを一度チェックしてみては。