2018.03.01

90年代以降のエレクトロニック・ミュージックに多大な影響を与えてきたパイオニアから、2010年作『Answers Come In Dreams』以来のアルバムが登場。インダストリアルな残響音を響かせるエレクトロやブレイクビーツは期待通りだが、ブリーピーなダンス・トラック、奇妙なラウンジ曲、轟音ノイズなど、無軌道にぶち込まれる雑多で尖ったスタイルも相変わらず。ヴェテランとは思えない挑発的な姿勢を見せつける痛快な一枚だ。

関連アーティスト