2018.05.07

しまった、こんなにシリーズが続くならシリーズ初作『進行』もレヴューしておくんだった……。と思わず唸ってしまうほど短いスパン(約3か月)でリリースされた、バンド編成になっての3作目。相変わらずの脳汁溶け出す歌詞は満載だが、ツイン・ヴォーカルのうち女性ヴォーカルあゆみこの存在感が増し、魚喃キリコ風に描かれたギター高野京介氏のジャケも相まってさらにポップになった印象。かと思えば、高野氏が鋭利なギターだけでなくヴォーカルまで披露している“マージャン”や、まんま某ゲームのことを歌った“ピカチューにまちがわれて”、オートチューンを駆使した楽曲“ビトンがふっとんだ”まで飛び出し、10年来の進行ファン、田中ファンをどこまでも困惑させる。