COLUMN

コリーヌ・ベイリー・レイがBillboard Liveに登場! 第二の絶頂期を迎えた歌姫を観逃すな

コリーヌ・ベイリー・レイがBillboard Liveに登場! 第二の絶頂期を迎えた歌姫を観逃すな

コリーヌ・ベイリー・レイが、6月6日(水) にBillboard Live OSAKA、6月8日(金)、9日(土)、10日(日) にBillboard Live TOKYOで来日公演を行う。

彼女は、昨年の4月にも日本ツアーを開催したため、熱心なリスナーであればこそ〈もう来るの!?〉と思ってしまうかもしれない。だが、昨年はキャパの大きなライヴハウス~ホールでの公演。ゆえに今回のBillboard Liveキャパでのクラブ・パフォーマンスはプレミアムな体験となること間違いなし! 本稿では、コリーヌの足取りを振り返りつつ、彼女の魅力をあらためて紹介したい。

2016年のスタジオ・ライヴの映像
 

コリーヌ・ベイリー・レイは、西インド諸島の一国、セントクリストファー・ネイビス出身の父親とイギリス人の母親のもと79年に生まれた。幼少期から教会で歌ってきた彼女にとって、ルーツのひとつはゴスペルであるが、それと同様にロックにも傾倒していたという。たとえばレッド・ツェッペリンやジミ・ヘンドリックス。実際、両者のカヴァーは彼女のレパートリーでもあり、特にゼップの“Since I've Been Loving You”はライヴでも度々披露されているようだ。

オルタナ系のガールズ・バンドでデビュー寸前までいったという、いまとなっては意外なキャリアもあるコリーヌだが、ソロとして注目を集めたのは2006年。BBCがその年の注目新人を選ぶ〈Sound Of〉の1位に輝き、その後リリースした初作『Corinne Bailey Rae』で大ブレイク。収録楽曲の“Like A Star”や“Put Your Records On”は英国のみならずアメリカでもヒットを記録した。

生楽器による心地良いアンサンブルに、さりげなくプロトゥールス以降と言うべき端正なプロダクションを混ぜ合わせたフォーキーなソウル・サウンドはもちろん、なにより聴き手を優しくなだめるかのような歌声が最大のチャーム。だが、前途洋洋にソロ・キャリアをスタートさせた彼女を悲劇が襲う。それは、2008年の3月に起きた、彼女の夫であり音楽的な理解者でもあったジェイソン・レイの若すぎる急死。コリーヌは〈どんな音楽も聴けなくなってしまった〉というほどにショックを受け、数年間の休養を要した。2010年に届けられたセカンド・アルバム『The Sea』で、オーガニックな質感はそのままに通奏低音として深いメランコリーが覆っていたことには、そんな背景があったというわけだ。

そして2016年、『The Sea』から6年という短くないブランクを経て、最新作『The Heart Speaks In Whispers』を発表。キングのメンバーを共同プロデューサーに、ジェイムズ・ギャドソンやマーカス・ミラーからエスペランサ・スポルディング、モーゼス・サムニーまで、新旧世代の名手たちをバックに迎えた。音楽的な面でも、前2作のイメージを覆すほどの新境地へと到達。ダイナミックなリズム、きらびやかな音作りを敷いたフューチャリスティックなR&Bは、いわゆるグラスパー~新世代ジャズ以降の耳にもフレッシュに響いた。

以降は、タイラー・ザ・クリエイターの『Flower Boy』、ブロック・パーティのフロントマンであるケリー・オケレケのソロ作『Fatherland』(いずれも2017年)、今年に入ってもトレイシー・ソーンの『Record』に参加するなど、客演活動も精力的に。失意を乗り越え、鮮やかに完全復活をはたした彼女は、いま二度目の絶頂期を迎えていると言っても過言ではない。初期に顕著なフォーキー・グルーヴから最新作で示した先鋭的なビートまで、シルキーな歌唱で乗りこなすコリーヌ・ベイリー・レイのパフォーマンスは、いま体験しておくべきだ。

 


Live Information
コリーヌ・ベイリー・レイ

2018年6月6日(水) Billboard Live OSAKA
1stステージ 開場 17:30/開演 18:30
2ndステージ 開場 20:30/開演 21:30
サービスエリア 12,000円/カジュアルエリア 11,000円
★詳細はこちら

2018年6月8日(金)、9日(土)、10日(日) Billboard Live TOKYO
6月8日(金)公演
1stステージ 開場 17:30/開演 19:00
2ndステージ 開場 20:45/開演 21:30
6月9日(土)、10日(日)公演
1stステージ 開場 15:30/開演 16:30
2ndステージ 開場 18:30/開演 19:30
サービスエリア 12,000円/カジュアルエリア 11,000円
★詳細はこちら

●予定メンバー
コリーヌ・ベイリー・レイ(ヴォーカル/ギター)
ジョン・マッカラム(ヴォーカル/ギター)
ステファン・ブラウン(ヴォーカル/キーボード)

関連アーティスト