TOPICS

今年の夏は玉置浩二と共に―ソロ・アルバム全13タイトルが紙ジャケで再発&全国ツアーも

今年の夏は玉置浩二と共に―ソロ・アルバム全13タイトルが紙ジャケで再発&全国ツアーも

山下達郎が〈もっとも過小評価されているミュージシャン〉と語り、ミスチルの桜井和寿やASKA、コブクロの黒田俊介らがリスペクトを公言、EXILE・ATSUSHIが自宅マンションに赴き歌唱指導を受ける――玉置浩二という男がいかに特別な音楽家であるかを示すエピソードは数多く存在する。

安全地帯としては昨年デビュー35周年を迎え、日本武道館2daysに香港公演も行った記念ツアーを成功させた玉置。愛妻・青田典子のアルバム・プロデュースなども行いながら、近年はライヴ活動を中心とし、2015年からは定期的にフル・オーケストラとのコンサートも開催するなど、ますますパワフルな動きを見せている。そんな彼がソロ名義で発表したオリジナル・アルバムが、今夏8月15日(水)に紙ジャケ仕様で一挙リイシューされることが発表された。

 

リイシューされるのは、オリコン初登場4位を記録した記念すべきソロ・デビュー作『All I Do』、玉置浩二といえばという人も多い90年代のヒット曲“田園”収録の『CAFE JAPAN』、ソロ最高傑作と評されることも多い『JUNK LAND』(昨年の暮れに気鋭のDJ/プロデューサーであるXTAL自身の2017年のレコード大賞として挙げ、絶賛していたりも)など、全13タイトル。これらは、SHM-CD(『All I Do』『あこがれ』の2作)とBlu-spec CD2(SHM-CDの2作以外の11タイトル)仕様となり、より原音に忠実な、高音質で楽しむことができるようだ。

また、リリース日の直後8月17日(金)から始まるツアー〈玉置浩二 CONCERT TOUR 2018~60’CARNATION〉の開催も決定玉置は会期中の9月13日に還暦を迎えるようで、本人にとってもファンにとっても、このツアーは特別なものとなりそうだ。

この機会に過去の名作で、生のパフォーマンスで、日本音楽界が誇る大音楽家の魅力にどっぷり浸かってみてはいかがだろう。

 


■リリース情報

玉置浩二 オリジナルアルバム13タイトル〈紙ジャケット・コレクション〉
2018年8月15日リリース
価格:2,593円(税別)
完全生産限定盤

『All I Do』1987年作品/UPCY-9820
『あこがれ』1993年作品UPCY-9821
『カリント工場の煙突の上に』1993年作品MHCL-30521
『LOVE SONG BLUE』1994年作品MHCL-30522
『CAFE JAPAN』1996年作品MHCL-30523
『JUNK LAND』1997年作品MHCL-30524
『GRAND LOVE』1998年作品MHCL-30525
『ニセモノ』2000年作品MHCL-30526
『♠(スペード)』2001年作品MHCL-30527
『今日というこの日を生きていこう』2005年作品MHCL-30528
『PRESENT』2006年作品MHCL-30529
『惑星』2007年作品MHCL-30530
『GOLD』2014年作品MHCL-30531

★〈紙ジャケット・コレクション〉特設サイトはこちら

■ライヴ情報

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018「THE GOLD RENAISSANCE」

5月23日(水) 名古屋 ・ 名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月31日(木) 東京 ・ 東京国際フォーラム・ホールA <特別公演>
6月2日(土) 西宮 ・ 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
6月4日(月) 大阪 ・ フェスティバルホール
6月29日(金) 東京 ・ 東京国際フォーラム・ホールA
7月1日(日) 西宮 ・ 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
7月4日(水) 横浜 ・ 神奈川県民ホール 大ホール
7月19日(木) 福岡 ・ 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
7月24日(火) 東京 ・ 東京国際フォーラム・ホールA <特別公演>
7月29日(日) 札幌 ・ ニトリ文化ホール

玉置浩二 CONCERT TOUR 2018 ~60'CARNATION~

8月17日(金)千葉 ・ 市川市文化会館 大ホール
8月23日(木)東京 ・ かつしかシンフォニーヒルズ
8月26日(日)愛知 ・ 常滑市民文化会館
8月28日(火)宮城 ・ 東京エレクトロンホール宮城
8月30日(木)群馬 ・ 伊勢崎市文化会館
9月2日(日)富山 ・ 富山オーバード・ホール
9月3日(月)長野 ・ 長野市芸術館 メインホール
9月9日(日)埼玉 ・ 川口総合文化センター リリアメインホール
9月13日(木) 大阪 ・ フェスティバルホール
9月14日(金)大阪 ・ フェスティバルホール
9月21日(金)兵庫 ・ 篠山市たんば田園交響ホール
9月23日(日)大阪 ・ 河内長野市立文化会館(ラブリーホール)
9月24日(月・祝)滋賀 ・ ひこね市文化プラザ グランドホール
9月30日(日)山口 ・ 周南市文化会館
10月1日(月)広島 ・ 上野学園ホール
10月5日(金)東京 ・ 昭和女子大学 人見記念講堂
10月6日(土) 東京 ・ 昭和女子大学 人見記念講堂
10月8日(月・祝)栃木 ・ 佐野市文化会館 大ホール
10月14日(日)北海道 ・ 苫小牧市民会館
10月16日(火)北海道 ・ 札幌文化芸術劇場hitaru
10月20日(土)大分 ・ エイトピアおおの(豊後大野市総合文化センター)
10月21日(日)福岡 ・ アルモニーサンク北九州ソレイユホール
10月27日(土)奈良 ・ 奈良県文化会館 国際ホール
10月28日(日)兵庫 ・ 赤穂市文化会館ハーモニーホール
10月31日(水)静岡 ・ 焼津文化会館 大ホール
11月2日(金)大阪 ・ 豊中市立文化芸術センター 大ホール
11月3日(土)京都 ・ 宇治市文化センター 大ホール
11月10日(土)福島 ・ とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)
11月11日(日)山形 ・ やまぎんホール(山形県県民会館)
11月13日(火)北海道 ・ 旭川市民文化会館 大ホール
11月18日(日)東京 ・ 東京国際フォーラム・ホールC

★ツアー情報の詳細はこちら

関連アーティスト
pagetop