2018.06.08

ゴンドウトモヒコをプロデューサーに迎えた2年ぶりのフル作。当人の朴訥とした歌とギターを基調としながらも、多彩なプレイヤー陣によるホーンやエレクトロニクスまでを動員したアンサンブルが全編を豊かに彩り、ファンタジックで叙情的な物語を紡いでいる。エレポップ調の“オトナノコイ”などで見られる意外なアプローチが楽しいし、「NHK みんなのうた」で親しまれた“毛布の日”のアーシーなグルーヴが新鮮に響く。