2018.07.03

新ギタリストにQomolangma Tomatoの小倉直也を迎えての活動再開から3年を経て、実に8年ぶりとなるニュー・アルバムが完成。重量感のあるオルタナ風の演奏はもちろん、復活曲“スローモーションリプレイ”や“New Order”など、どこか吹っ切れたようにポップなメロディーを歌い上げる宮本菜津子の存在感が何より魅力的だ。小倉がリード・ヴォーカルを務める曲もあったりと、今後はより自由な展開を見せていきそう。

 


洗練とはこういうことを言うのか。前作が出たのが2010年、8年ぶりなのだから洗練されてて当たり前と言えばそれまでなのだが、その間にバンドを巡るさまざまな事柄があったわけで、この洗練ぶりは素直に喜ばしい。変態的な“だったらいいのにな”や、1分に満たない瞬間沸騰ソング“YAH YAH YAH”、小倉直也がメイン・ヴォーカルを取る“HuHuHu”といった変化球も混ぜ込みつつも、いずれも愚直なまでに真っ直ぐなロック。そこには当然マスドレらしい爆発力もあるけれど、汚らしい爆発ではなく、美しい爆発。とにかくマスドレの新譜が聴けるだけで嬉しい。それだけで十分。

関連アーティスト