INTERVIEW

CRCK/LCKS 小田朋美&小西遼インタヴュー―ポップスは簡単だと思っていた

CRCK/LCKS『Double Rift』

CRCK/LCKS 小田朋美&小西遼インタヴュー―ポップスは簡単だと思っていた

CRCK/LCKSが新EP『Double Rift』をリリースした。

昨夏リリースの前EP『Lighter』以降も〈SUMMER SONIC 2017〉への出演やNegiccoのバックバンドを務めるなど、快進撃を続けるCRCK/LCKS。また、ヴォーカル/キーボードの小田朋美はceroのサポートやSPANK HAPPYの新・歌姫としても注目を集め、ドラムスの石若駿はKID FRESINOや(かねてより大ファンを公言していた)くるりに参加、リーダーの小西遼はあっこゴリラ・バンドや韻シストをサポートするなど、ポップス界のキーパーソン的な存在感を放つメンバーも多数。ジャズやクラシックを出自とする実力派が集結した〈スーパー・ミュージシャンによるスーパー・バンド〉……と言うよりは、〈ポップ・バンド〉として大きく飛躍した一年だったと言えそうだ。

そんな中リリースされた『Double Rift』は、〈スーパー・バンド〉たり得るテクニカルな演奏と表現力を増した小田の歌声を最大限生かしながらも、より軽やかな聴き心地となったクラクラ流ポップスを7曲収録。一部の楽曲で俳人の佐藤文香、詩人の文月悠光による詩を歌詞として使用するなど新たな試みもあるなかで、常にチャレンジングな姿勢で進化してきたCRCK/LCKSサウンドを更新しており、リリース直後7月15日に行われたレコ発ライヴも満員御礼で終了したばかりだ(レポートも後日掲載予定)。

Mikikiでは活動初期から彼らの動向をレポートしてきたが、今回もリリースを控えたある日に取材の機会を得、小田と小西へのインタヴューを実施。インタヴュアーはWEBメディア・BuzzFeed Japan所属のライターである嘉島唯が担当した。とあるイヴェントのためだけに結成されたはずだったバンドは彼らにとって〈遅れてきた青春〉であり、この後のインタヴューで小西が〈ホームである〉と言うまでに、今や各メンバーがそれぞれの活動のなかで重きを置く場所となった。そんなCRCK/LCKSならではのバンドのあり方とポップスへの想いを、音楽を含むカルチャーや社会について考え執筆してきた嘉島ならではの視点で迫った。 *Mikiki編集部

CRCK/LCKS Double Rift APOLLO SOUNDS(2018)

 

〈バンド〉と聞くと、どんなイメージを持つだろうか? 一蓮托生のような強固な繋がりで音楽を作る様が描かれたマンガが流行ったのも久しいが、CRCK/LCKSはそんな一般的なバンドのイメージを覆す成り立ちをしている。

全員が各々別の活動もしているのだ。みずからリーダーを務めるバンドを率いる者もいれば、ソロ活動したり、バックバンドを務めたりもする。それぞれがバラバラな活動をしていると、バンドとしての活動はどうなるのだろうか? 音楽性の違いも見えてきそうだ。

「バラバラだからよかった」。

ヴォーカルを務める小田朋美と、リーダーの小西遼は言う。取材現場で顔を合わせると、小西は開口一番「最近、クラクラ以外の仕事はどう?」と訊く。小田は「最近はceroのツアーで忙しくて」と答える。CRCK/LCKSという同じ屋根の下にいながら、2人の雑談には、他のバンドの名前が自然と出てくる。

そんな、一見バラバラに見える彼らは、7月11日にニューEP『Double Rift』をリリースしたばかりだ。結成から3年、3枚目の作品になる。小西曰く、「今までで一番制作時間がかかった」。互いに別でも仕事を持つ彼らは、一体どうやって〈バンド〉であり続けるのだろう?

(左から)小田朋美、小西遼
取材協力:浅草橋天才算数塾
 

深夜のLINEではじまる曲作り

――単刀直入に、それぞれに忙しい状況でどうやって曲を作るのでしょうか?

小西遼(サックスなど)「昔だったらビールを持ってオダトモの家に行ったり、2人でスタジオに入って暗くなってから終電までの間に曲を作っていました。でも、最近はお互い仕事をしてるからそれが終わった後、深夜帯になってから曲を作りはじめます。今作からは曲の作り方も変わりました」

小田朋美(ヴォーカル/キーボード)「コンピューターの導入によってね(笑)」

小西「俺がPCを新調して、DAWを導入したんですよ。それで、コーライティングするようになりました。会わなくても遠隔で一緒に作業する、みたいな」

小田「いつも小西がCRCK/LCKS(以下、クラクラ)のグループLINEでアイデアを送ってくるんですよ。焦っているのか、10個くらいの案を一気に」

小西「〈作らないとやばい……! みんなで考えようぜ!〉っていうテンションでLINEを送るんですけど、ほとんど既読無視されますね(笑)」

小田「誰も返さないから……送ってもスタンプくらい? かわいそうだなと思って、私が返すんです(笑)」

小西「とにかく案をいっぱい送って、そのうちの1〜2個が採用される。俺がベーシックを作ったらオダトモがメロディーを作って打ち返してくれるんですよ」

小田「寝る前にグループLINEを見直して、小西が送ってくれていた曲を全部聴くんですけど、その中でいくつか〈これはいけるかもしれない〉と思うものがあったりするんです。正直、すっごく眠たいし、寝たい。でも、今しかできないと思って、そのまま一人でスタジオに入って歌を入れて送ってみるんです。そうすると、小西からすぐ〈めっちゃいい〉って返事が来るんですよ」

小西「それで、その場で俺がハモをつけたのを送るんです」

小田「送った時点で〈流石にもう寝よう!〉って思うんですけど、すぐに返事が来るから、次に歌詞を送って……」

小西「夜中の1時くらいから作りはじめて、朝の7時に完成、みたいな。それで出来たのが今作の“No Goodbye”という曲なんです」

――そういえば、ファーストEP『CRCK/LCKS』(2016年)でも、クラクラの代表曲とも言える“Goodbye Girl”という曲がありますよね。“No Goodbye”はそのアンサー・ソングというか、対になっているのですか?

小田「いえ、そうではないです。ただ、思えばいつも私〈Goodbye〉って言ってるんですよね。“Goodbye Girl”から始まって、2枚目の『Lighter』に入っている“Get Lighter”の歌詞でも〈Goodbye〉と言ってて。自分のソロ・アルバムも『グッバイブルー』(2017年)だし。〈私、『Goodbye』って言うことに対して執着があるのかしら?〉って思ってます」

小西「“No Goodbye”に〈さよならなんていらない〉という歌詞があるんですよ。だから俺としては〈(小田は)グッバイはもういいっていうことなんじゃないかな〉と思って、タイトル案で〈No Goodbye〉と提案したんです。次を作ってみないとわからないけど、この〈Goodbye〉の流れは一旦打ち止めかなと俺は思っていますね。“Goodbye Girl”のアンサー・ソングではないけど、“No Goodbye”はライヴの序盤戦でやるようなクラクラっぽい曲になったと思う」

――Goodbye期終了。

小西「そうそう。Goodbye三部作かもしれない。結成から3年経つし、初期Goodbye三部作(笑)。今後中期Goodbye三部作ができるかもしれないけど(笑)」

離婚されちゃう!

――ソロ・ワークや他のバンドを掛け持ちする活動スタイルは、クラクラにとっては普通のことなのでしょうか? 先ほどのお話のように深夜に作業するのは大変そうですが。

小田実は、深夜作業は通常営業なので余裕なんですが(笑)、色々な活動をしているということについては、少し罪悪感があるような……罪悪感まではいかないか、ひとつの価値観だし。でも、例えば近いところでいうと、ceroのようにひとつのバンドでがっつり一蓮托生という感じでやっていくことへの憧れはあります。結局気質としてそうはなれないんですけどね(笑)」

小西「ceroのメンバーは学生の時からの付き合いだからかな。俺たちはみんな大人になってから出会ったから、結成当初から、みんな何足わらじも履くものだと思ってましたね。〈お前らの人生、俺にくれ!〉なんて絶対言えないですよ(笑)」

小田「ソロや他のバンドで活動ができるメリットはありますね」

小西「そう。個別で活動しているからこそ、結果的にクラクラに還元されてることって、すごく大きい。クラクラというバンドだけやって内側に向かっていくよりもオープンだし、広がっていく感じがあるんです」

小田「今作に、ソロ・ワークの中で出会った繋がりで生まれた曲があって。俳人の佐藤文香さんに詩を書いていただいた“O.K.”と“たとえ・ばさ”です。

彼女とは、俳句朗読と音楽を合わせたライヴをやりたいと持ちかけてくださったことで初めてちゃんとお話しして。その時ほぼ初対面なのに、お互いの恋愛観の深いところまで話し込みまして(笑)。その後に彼女から“たとえ・ばさ”の詩が送られてきたんです。この曲はもともとクラクラのためじゃなくて、そのイヴェントのため、自分のための曲として作っていたんですけど、だんだんバンドでやりたいという気持ちが芽生えてきて、去年の12月のライヴで演奏したんです」

小西「すごくいいライヴになったよね」

小田「クラクラでは主に自分で詩を書いてきたんですけど、今回は違う言葉を入れてもいいじゃないか、という気持ちになって。違う景色が見れられるといいなって思ったんですね。実はこの2曲以外にも、佐藤さんからいただいた詞はまだまだあります」

小西「まじ? 他にもあったんだ」

小田「ある。今後また曲にしていきます。でも、こうやって自分が外で吸収してきたものを活かせるのがクラクラだなと思っていて。いろんなことをやるけど、クラクラのことはいつも大切に思っている。だからみんなもそうなんじゃないかという信頼がなぜかありますね」

――夫婦みたいですね。

小田「そうなんです。でも、メンバーそれぞれがいろんな所でレヴェル・アップしてるから、自分が立ち止まっていると置いていかれるかもっていう感覚はあって。離婚されちゃう、みたいな(笑)」

小西「すごくいい刺激になってるよね。みんなそれぞれの仕事を持ちつつ、ここが一つのホーム、みたいな感じがあります。5人で顔合わせて音出してライヴをやるとどんな場所でもすっげー温かい気持ちになれるし、めっちゃ楽しくて幸せになれる。他の現場でやるのと全然違う感じがあるんですよ。それがあるから、〈浮気してもバレなかったらいいよ〉みたいな感じかな(笑)」

小田「バレバレだけどね(笑)」

小西「〈このバンドしかないんです〉みたいなのがない。それがクラクラらしさかもしれないですね」

小田「さっき〈罪悪感がある〉って話をしましたけど、罪悪感っていうよりも、そういうものをどう捉えるのかってところに行き着きますね」

――〈そういうもの〉? 各々がクラクラ以外でも仕事をしていることですか?

小田「そう。そういうクラクラのバンドとしての繋がりを〈弱い〉と捉えることもできるし、逆にみんなで団結して生きていく、一つの船に乗っているようなバンドを〈強い〉とする価値観もわかる。でもいろんな音楽とか、いろんなやり方があってよくて、そうじゃないあり方も豊かさがあると最近思うようになりましたね」

小西「俺も思う。凝り固まりにくいというか、常に何処かの窓が解放されてる感じだよね」

小田「かといって一年に1、2回しかライヴができなくなったら寂しいんですけど。でも、今のこのやり方でずっと続けていきたいと思ってるんです」

ポップスって〈簡単なもの〉だと思っていた。でも、全然違った

――小西さんはじめ、クラクラはジャズ畑で育ってきた人が多いと思うのですが、『Double Rift』は過去作に比べても特に軽やか。ポップ・ミュージックですよね。

小西「意識してポップ・ミュージックに寄せて作っているわけではないのですが、やっぱりJ-Popが俺たちの血肉になってるんですよ」

――浜崎あゆみ、BONNIE PINK、小田和正……みなさんそれぞれJ-Popを聴いて育ってきたと公言されていますもんね。知ったときは少し意外でした。

小田「何かを作るときって自分の血肉から創出せざるを得ないから、結局幼い頃に聴いていたJ-Popの要素とかが出てくるんだと思います。直接的に〈この曲に影響されて〉というものはないんですが」

――ポップ・ミュージック、所謂ポピュラー・ミュージックは、誰の耳にも心地よいものと言うか。一般的なイメージとしてのジャズ的な音楽と相反するようにも思えるのですが。

小西「うーん……ジャズをやってきた身分として思うんですけど、ジャズはもともとポップ・ミュージックだから。大衆音楽だったものが時代の変遷に伴って、その場所を他の音楽に譲っただけの、〈元ポップス〉だと思ってるんですよ」

小田「元、ね。わかる」

小西「ジャズは100年というものすごく短い歴史ではあるけど、昔はポップスで、大衆音楽だった。その歴史の中で形式美が生まれていって。だから、俺はポップスとジャズは親族のようだと思っています。ただ、ジャズやクラシックと比べると、いわゆる現代のポップスは簡単なものだっていうイメージはずっとありましたね」

――いつぐらいまでそう思っていたんですか?

小西「大学生の時とか。それこそ、クラクラをやって意識が変わったぐらいですね」

小田「確かに、私も簡単なものだと思っていたところはあるかもしれない。でも、全然違った(笑)。例えば、ファーストEPのときに痛感したんですけど――ジャズでもそうですが、自分が経験してきたレコーディングは2日くらいで録り終わるんです。なのでそのテンションでレコーディング日を2日で押さえていたら、時間が足りなくて全然いいものが録れなくて。それで2枚目からはもっと時間をかけて作ることにしたんです」

CRCK/LCKSの2枚目のEP『Lighter』(2017年)収録曲“Get Lighter”
 

小西「2枚目は1枚目の倍の時間をかけたんですけど、今回はさらにその倍くらい時間がかかってますね。要素的にはポップで軽やかなサウンドになったけど、制作にかけている時間や内容は、今までより複雑になりました。結論、〈ポップスは全然簡単じゃなかった〉。すげー難しい!」

小田「ポップで軽い聴き心地にすることが、こんなに難しいとは思いませんでした」

小西「ポップな音楽を作るのって、かなり難しいです。CM音楽はその最たる例ですけど、何かを作っているときもCM音楽を聴いちゃうと、ずっと頭の中に残っちゃうんですよね。15秒の中に必要な情報が全部入っているし、キャッチーだし。『ロート製薬』とか、エグいです(笑)。すごくシンプルに聴こえるけど、耳に残りやすくするために実はすごく緻密に計算されて作られていますよね」

小田「CM音楽はすごいよね。最近、企業や商品のサウンドロゴを作る仕事もやっていて、大体2〜3秒の音楽になるんですけど、その間にインパクトを残さなくてはいけない。『スパ王』とかヤバいと思う。ちゃんと聴くと細かい音が鳴っててかっこいいんですよ」

小西「やればやるほど難しさがわかってきましたね。とはいえ、ジャズが簡単という話でもなくて、ジャズはジャズで難しいんです」

小田「ポップスもジャズももちろん優劣はなくて、向いている方角が違うだけですね」

小西「あの頃の自分を殴ってやりたいですね。高校生のときは、椎名林檎とかサンボマスターとかが自分にとっての教科書みたいなものだった。でも、ジャズよりは簡単に作られてるものだと思っているところはちょっとあって。ジャズがあり、クラシックがあり、ミュージカルがあり。その下にポップスという大衆的なものがあるんだなと思ってたんです。でも、全然違った。

今作を作って、歌を引き立たせるために、周りがシンプルにベースを作りつつ、細工をしていくのがポップスらしさなんだと思いました。音をシンプルにしていく作業というか」

小田「歌詞もそう。自分のメンタル面を強く押し出すと、アングラっぽい感じになるんですよね。特に1枚目に入ってる“スカル”という曲は少しそうで、当時角田くんに〈小田ちゃんはアングラだよね〉って言われたな(笑)。

本質的には、私はアングラっぽいものがすごく好きなんです。好きだけど、メンタルの重くて濃いものを、ポップに聴かせる方法をいつも探してるんですけど、今回作詞してくれた佐藤さんと話していたら、似たようなことをおっしゃっていて。俳句はまた違うとは思うんですが、佐藤さんは今回クラクラ用の歌詞で、メンヘラっぽさをスパイスみたいに、調味料的にうまく使ってるんですよね」

※ものんくるの角田隆太。クラクラの初代ベース

小西「アングラっぽいものもいいんだけど、どうしても一個狭いコミュニティーになってしまいがちだからね」

小田「それで言えば、日本語という時点である意味閉じられちゃうんだけどね」

日本語でもおもしろいって言われるバンドじゃないと意味がない

――ジャズも今日のポピュラー・ミュージックも元を辿るとアメリカが発祥でもあるわけですが、アメリカや海外の音楽をどう意識していますか?

小西「例えばマイケル・ジャクソンはめちゃくちゃかっこいいし最高だし、ある意味敵わないなって思います。でも、〈洋楽か邦楽か〉という話になると、優劣はつけられないと思っている。俺たちがアメリカの音楽をかっこいいって思うんだから、向こうの人たちが俺たちの音楽を聴いてかっこいいって思わないのは悔しいですよね。

どの国で聴かれてもおもしろい音楽でありたいというか、〈日本のポップス〉という枠で聴かれるよりも、例えばルーマニアやアフリカの人たちに〈日本語だから言ってる意味はわからないけど、おもしろい音楽だね〉って言われたい」

――配信時代だからこそ、そういったことは日常的に起こり得ますよね。

小西「アメリカで有名になる必要があるとは思わないけど、同じ音楽として、同列のものとして聴かれるようなものを作りたいと思っているし、その土俵に立つために足りないものは吸収していきたいです。

今回、マスタリングをNYにある、ギターのレスポールの息子であるシーン・ポールという方が率いているスタジオにお願いしたんです。出来上がってきたものもすごく良かったんですけど、ちょうど昨日ぐらいに彼らのTwitterアカウントで、〈日本から出てくる才能は、僕たちをいつでも興奮させる。CRCK/LCKSにもそんな才能を感じるし、ダンスしたい人はニュー・アルバムを是非聴いて〉みたいなことを呟いてくれていて、すごく嬉しかったんです」

小田「私もすごく嬉しかった。でも一方で、やはり言語は限定的なもので、社会を限定するじゃないですか? ドメスティックになりがちというか。クラクラは今日本語詞でやっているけど、そういうバランスは考えていますね」

小西「オダトモは洋楽をあまり聴かないんだよね。俺は結構聴く方なんだけど、歌詞をほとんど意識してなくて。でも、洋楽に限らず日本語の邦楽ですらそうかもしれなくて、たぶんいつも音像を楽しんでいるんですね。確かに英語詞の曲を作れば〈わかる〉人は増えるかもしれないけど、日本語でもおもしろいって言われるバンドじゃないと意味がない」

――今、日本でK-Popが人気なのもそうですよね。

小西「そうですね。K-Popも歌詞の意味はわからないけど、かっこいいと思える」

小田「歌詞って不思議で、言葉は通じてなくても方向性は示せちゃう。自分の人間性が閉じたものになってしまったら、たぶん作る音楽も閉じると思うんです。自分という人間自体が開けていれば、それが日本語であっても響く人はいると思っています」

――〈開いている〉感じ。冒頭にお話いただいたクラクラ流のバンドのやり方みたいですね。このバンドしかない、みたいな感じではないというか。

小田「確かに。それぞれが別の活動もしているバンドは〈繋がりが弱い〉と見られなくもない。場合によっては〈本物じゃない〉ように見えるかもしれない。でも、本物とか繋がりの強さってよくわからないですよね。私たちは、開けているからうまくいっている。

〈続けていく〉っていうことだけが、価値基準として絶対的な指標になるかもしれない。作品も1枚出すだけじゃなくて、こうやってそれを続けていると、自分の中でもクラクラというバンドが〈本物〉になっていく気がするんですよね。生活の中に染み付いていくというか。聴いてくれる人もそうだったら嬉しい」

小西「俺もそうかもしれない。2年前にクラクラで初めてのツアーをやったときは〈このバンドを5年先まで続けるつもりはない〉と思っていたんです、正直(笑)。でも、最近はもっといろんなことをしてみたいって思うようになったかな。今回オダトモが佐藤さんの詩を持ってきてくれたり、そういう新しいアプローチに対して打ち返していくのもおもしろいし。メンバーみんなそれぞれ違うところで成長していて、それを曲作りで反映させているし、曲もみんなで作るようになった。各々が外でいろんな影響を受けてくるから、新鮮で飽きないんです。

もしかしたら、CRCK/LCKSが自分の物差しになり始めているのかも」

小田「LINEは既読スルーされがちだけどね(笑)」

 


Live Information

〈CRCK/LCKS 3rdEP『Double Rift』リリースツアー〉

9月24日(月・祝)京都UrBANGUILD
TEL:075-212-1125

9月26日(水)名古屋TOKUZO
TEL:052-733-3709

9月27日(木)大阪Zeela
TEL:06-6316-1199

9月30日(日)渋谷WWWX with ものんくる
開場17:00/開演18:00
前売3,500円/当日4,000円
TEL:03-5458-7688

★詳細はこちら

pagetop